SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の注目レース「函館記念(GIII)」

<<   作成日時 : 2016/07/16 15:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

函館競馬場 2000m(芝) ハンデ 3歳以上オープン

今回は、日曜日から競馬の次に私の好きな「大相撲」が始まり夕方になると「大相撲」を見てしまい(今回は実に大相撲も中盤戦に突入して面白い展開になっており)「凾館記念」の予想が後手にとまわってしまいこれからの予想。

しかも、私の苦手なハンデ戦。ようやく「ハンデ戦」の攻略も見に付いて来たのであるが・・・それも「凾館記念は

「波乱の決着も多いハンデキャップ重賞」なのである。

ここ10年の間に3着以内に来た馬30頭のうち14頭が6番人気以下との事である。

そして、どうしても私にとっては馬柱が必要で無駄なようでもまとめてみよう。


出走馬

1枠 1番 マデイラ (4.3.2.29)  7911.6万 荒川 義之(栗東) 父:クロフネ 母:マチカネエンジイロ(サンデーサイレンス)
牡7/栗 52.0kg 古川 吉洋

近走のレース結果

16.07.03 函館 巴賞 OP 9着 11頭立て 7番 11番人気 486kg 古川吉洋 56.0 1800芝 稍重 タイム1:49.3
通過 5-4-4-6 上り37.2F 1着馬 レッドレイヴン 着差(1.6)

16.04.10 福島 福島民報杯 OP 13着 16頭立て 15番 16番人気 486kg 吉田隼人 56.0 2000芝 良 タイム2:00.0
通過 7-8-9-8 上り36.4F 1着馬シャイニープリ 着差(1.1)

16.01.30 東京 白富士S OP 5着 12頭立て 5番 10番人気 488kg 大野拓弥 56.0 2000芝 稍重 タイム2:01.6
通過 1-1-1 上り35.0F 1着馬 ケツァルテナン 着差(0.5)

15.12.20 中山 ディセンバ OP 4着 10頭立て 6番 8番人気 494kg 大野拓弥 56.0 2000芝 良 タイム1:59.5
通過 9-8-8-8 上り34.2F 1着馬 トーセンレーヴ着差 (0.4)

昨年の七夕賞の3着馬。4走前にトーセンブレーブに着差0.4秒差タイムも2分を切っの4着と言うのは好材料ではないだろうか?ただ今回の斤量52.0`と言うのは、函館のハンデ戦で軽すぎる気もする。


1枠 2番 トーセンレーヴ (8.0.4.15)  21491.3万 池江 泰寿(栗東) 父:ディープインパクト 母:ビワハイジ(Caerleon)
牡8/鹿 57.5kgD.ホワイト

近走のレース結果

16.05.01 京都 天皇賞(春 G1 18着 18頭立て 4番 14番人気 492kg 武幸四郎 58.0 3200芝 良 タイム3:19.4
通過 7-7-7-12 上り38.5F 1着馬キタサンブラッ 着差(4.1)

16.02.14 京都 京都記念 G2 9着 15頭立て 3番 8番人気 482kg S.フォ 56.0 2200芝 重 タイム2:19.5
通過 5-4-5-7 上り38.1F 1着馬サトノクラウン 着差(1.8)

15.12.27 中山 有馬記念 G1 6着 16頭立て 10番 14番人気 480kg H.ボウ 57.0 2500芝 良タイム 2:33.3
通過 14-14-15-13 上り34.4F 1着馬ゴールドアクタ 着差(0.3)

15.12.20 中山 ディセンバ OP 1着 10頭立て 3番 3番人気 478kg H.ボウ 59.0 2000芝 良 タイム1:59.1
通過 7-7-6-6 上り34.1F 1着馬スーパームーン 着差(0.0)

昨年は11月にアンドロメダS(京都)、12月ディセンバーS(中山)と芝2000mのOP特別を連勝。
有馬記念では6着に善戦。今年初戦となった前々走の京都記念は、優勝したサトノクラウンから1秒8離された9着と大敗。また約2か月半の休養を挟んで出走した前走の天皇賞(春)では18着と完全に距離が合わなかった。
トーセンブレーブがこれまで勝利を上げてきた距離は1800〜2000であり、斤量に関しては57.5`と言った所で、内枠を引いていると言う事でさほど問題にはならないと分析。


2枠 3番 マル外レッドレイヴン (6.3.2.11)  16988.7万 藤沢 和雄(美浦) 父:SmartStrike 母:WonderAgain(SilverHawk)
牡6/青鹿 57.0kg 池添 謙一

近走のレース結果

16.07.03 函館 巴賞 OP 1着 11頭立て 10番 1番人気 514kg 池添謙一 57.0 1800芝 稍重 タイム1:47.7
通過 7-7-7-3 上り35.4F 2着馬 マテンロウボス 着差(0.3)

16.04.03 阪神 産経大阪杯 G2 7着 11頭立て 1番 8番人気 510kg 柴田善臣 56.0 2000芝 良 タイム2:00.0
通過 9-9-8-9 上り33.5F 1着馬 アンビシャス 着差(0.7)

16.02.28 中山 中山記念 G2 5着 11頭立て 8番 8番人気 516kg 柴田善臣 56.0 1800芝 良 タイム1:46.3
通過 9-9-9-9 上り34.0F 1着馬 ドゥラメンテ 着差(0.4)

15.09.27 中山 オールカマ G2 14着 15頭立て 7番 6番人気 512kg 柴田善臣 56.0 2200芝 良 タイム2:13.7
通過 14-14-14-13 上り35.1F 1着馬 ショウナンパン 着差(1.8)

前走の巴賞では、昨年の巴賞2着に続き見事とに勝利を収め、昨年の「凾館記念」は、5着。
過去のレースでの勝ち鞍6勝は1800が5回と2014年のオープン特別・福島民報杯である。
どちらかと言うと、1800がベストと思われるが、充分に力は出せるであろう。
それに、「凾館競馬場」自体が新馬戦を含め1着2回、2着1回と連に絡む可能性は高いであろう。


2枠 4番 バイガエシ (4.2.1.3)  6837.4万 作田 誠二(栗東) 父:ジャングルポケット 母:ナイストップクイン(ダンスインザダーク)
牡4/黒鹿 54.0kg 藤岡 佑介

近走のレース結果

16.07.02 函館 洞爺湖特別 1000下 1着 12頭立て 3番 1番人気 514kg 藤岡佑介 57.0 2000芝 稍重 タイム2:02.7
通過 8-8-8-4 上り35.5F 2着馬 サーブルオール 着差(0.8)

16.06.04 阪神 三木特別 1000下 2着 12頭立て 11番 1番人気 514kg 藤岡佑介 57.5 1800芝 良 タイム1:45.3
通過 9-9 上り32.6F 1着馬 アスカビレン 着差(0.3)

16.04.16 阪神 蓬莱峡特別 1000下 1着 18頭立て 15番 2番人気 510kg 藤岡佑介 57.0 1800芝 良 タイム1:46.8
通過 11-7 上り33.9F 2着馬 サウンドバーニ 着差(0.2)

15.09.27 阪神 神戸新聞杯 G2 4着 15頭立て 11番 8番人気 504kg 古川吉洋 56.0 2400芝 良 タイム2:27.6
通過 3-6-6-3 上り34.8F 1着馬リアファル 着差(0.9)

まだ、1000万下を勝ったばかりの馬ではあるが前回は馬場が「稍重」であり斤量も57.0`での1着。
今回は、54.0`と斤量的にも恵まれており内枠であると言う事で楽しみな一頭である。


3枠 5番 マテンロウボス (5.5.2.9)  11052.3万 昆 貢(栗東) 父:キングカメハメハ 母:アンダンテ(サンデーサイレンス)
牡5/黒鹿 55.0kg 四位 洋文

近走のレース結果

16.07.03 函館 巴賞 OP 2着 11頭立て 6番 2番人気 468kg 岩田康誠 56.0 1800芝 稍重タイム 1:48.0
通過 10-10-10-6 上り35.4F 1着馬 レッドレイヴン 着差(0.3)

16.05.14 京都 都大路S OP 4着 11頭立て 10番 4番人気 466kg 四位洋文 56.0 1800芝 良 タイム1:46.4
通過 6-5 上り33.6F 1着馬 ナムラアン 着差(0.4)

16.04.10 福島 福島民報杯 OP 5着 16頭立て 4番 3番人気 460kg 岩田康誠 56.0 2000芝 良 タイム1:59.6
通過 7-8-9-8 着差35.9F 1着馬 シャイニープリ (0.7)

15.12.20 阪神 元町S 1600下 1着 13頭立て 11番 6番人気 464kg 池添謙一 57.0 1600芝 良 タイム1:34.1
通過 9-7 上り33.4F 2着馬 ケントオー 着差(0.1)



半姉グランプリエンゼル(父アグネスデジタル)は2009年函館スプリントSの優勝馬。
半姉は芝の短距離路線で活躍したが、本馬は芝1600〜2400mの幅広い距離でもこなせ勝利をも収めている。
前走のオープン特別・巴賞(函館・芝1800m)2着であり好勝負となる事であろう。
ちなみに、芝2000〜2400mでは5勝中4勝を上げていると言う事で距離的にもこの2000は、最高なのではないだろうか。


3枠 6番マイネルミラノ (6.4.3.20)  15017.9万 相沢 郁(美浦) 父:ステイゴールド 母:パールバーリー(PolishPrecedent)
牡6/栗 56.0kg 丹内 祐次

近走のレース結果

16.06.12 東京 エプソムC G3 3着 18頭立て 13番 6番人気 494kg 柴田大知 56.0 1800芝 良 タイム1:46.6
通過 1-1-1 上り34.3F 1着馬 ルージュバック 着差(0.4)

16.05.08 新潟 新潟大賞典 G3 5着 16頭立て 6番 9番人気 488kg 丹内祐次 56.0 2000芝 良 タイム1:58.5
通過 1-1 上り35.5F 1着馬 パッションダン 着差(0.7)

16.04.10 福島 福島民報杯 OP 6着 16頭立て 10番 5番人気 478kg 丹内祐次 58.0 2000芝 良 タイム1:59.6
通過 1-1-1-1 上り36.8F 1着馬 シャイニープリ 着差(0.7)

15.12.12 阪神 チャレンジ G3 8着 18頭立て 3番 6番人気 480kg 柴田大知 56.0 1800芝 良 タイム1:47.1
通過 3-2 上り36.0F 1着馬 フルーキー 着差(1.0)

昨年の「凾館記念」は8着と負けてしまったが、オープン特別・巴賞(函館・芝1800m、1着)から中1週での出走。今年はエプソムC(3着)から中4週と間隔がある。
今までの6勝のうち3勝は逃げ切りの3勝だったので、すんなりと逃げれれば勝つ見込みは充分にある。


4枠 7番 マイネルフロスト (4.1.1.15)  19868.5万 高木 登(美浦) 父:ブラックタイド 母:スリースノーグラス(グラスワンダー)
牡5/芦 57.0kg 松岡 正海

近走のレース結果

16.04.10 福島 福島民報杯 OP 9着 16頭立て 12番 1番人気 486kg 柴田大知 57.0 2000芝 良 タイム1:59.7
通過 10-11-4-4 上り36.3Fシャイニープリ 着差(0.8)

16.02.21 小倉 小倉大賞典 G3 10着 16頭立て 4番 1番人気 494kg 蛯名正義 57.0 1800芝 良 タイム1:47.4
通過 15-11-2-3 上り35.9F 1着馬 アルバートドッ 着差(0.7)

16.01.24 中山 AJCC G2 4着 16頭立て 1番 5番人気 488kg 松岡正海 56.0 2200芝 良 タイム2:12.3
通過 8-9-9-6 上り34.9F 1着馬 ディサイファ 着差(0.3)

16.01.05 中山 日刊中山金 G3 2着 13頭立て 7番 5番人気 488kg 松岡正海 57.0 2000芝 良 タイム2:01.3
通過 1-1-1-1 上り34.4F 1着馬 ヤマカツエース 着差(0.1)


今年の中山金杯の2着馬。この時は逃げ残りの2着であるが、今まで色々な位置からの競馬であったがどちらかと言えば、先行で走った時の方が結果を出している。
凾館では、東京の新馬戦の後いきなりコスモス賞(OP)でやはり先行で優勝している。
今回も、先行でしっかりと脚をためながら行けば良い結果も得られるのではないだろうか?


4枠 8番 ケイティープライド (5.4.3.17)  10074.1万 角田 晃一(栗東) 父:ディープインパクト 母:ケイティーズギフト(フレンチデピュティ)
牡6/鹿 52.0kg 浜中 俊

近走のレース結果

16.07.03 函館 巴賞 OP 6着 11頭立て 3番 7人 484kg 藤岡佑介 56.0 1800芝 稍重タイム 1:48.5
通過 4-4-4-3 上り36.4F 1着馬 レッドレイヴン 着差(0.8)

16.04.24 京都 マイラーズ G2 7着 15頭立て 5番 15番人気 488kg 秋山真一 56.0 1600芝 良 タイム1:33.0
通過 9-9 上り34.5F 1着馬 クルーガー 着差(0.4)

16.03.27 阪神 六甲S OP 9着 16頭立て 13番 6番人気 490kg 藤岡佑介 56.0 1600芝 良 タイム1:33.7
通過 5-7 上り34.4F 1着馬ダノンリバティ 着差(0.6)

16.02.21 小倉 小倉大賞典 G3 4着 16頭立て 8番 14番人気 492kg 鮫島克駿 52.0 1800芝 良 タイム1:46.8
通過 5-5-10-7 上り34.9F 1着馬 アルバートドッ 着差(0.1)

昨年は、7月に福島阿武隈ステークス芝右1800mで3着、8月に札幌でのTVh賞芝右1800mで1着とそれ以来勝ちは無い。また、2000と言う距離は経験が無い事から難しい事もあるが、斤量は52.0`と軽く「あれる函館記念」を考えるとどの馬が来てもおかしくないものだと信じよう。


5枠 9番 ホッコーブレーヴ (5.5.5.16)  16700.3万 松永 康利(美浦) 父:マーベラスサンデー 母:ホッコーメモリー(ダンシングブレーヴ)
牡8/鹿 56.0kg 丸田 恭介

近走のレース結果

16.03.26 中山 日経賞 G2 7着 9頭立て 8番 6番人気 478kg 田辺裕信 56.0 2500芝 良 タイム2:37.6
通過7-7-4-4 上り34.3F 1着馬 ゴールドアクタ (0.8)

16.02.20 東京 ダイヤモン G3 14着 16頭立て 2番 6番人気 476kg 田辺裕信 56.0 3400芝 稍重 タイム3:44.9
通過 14-14-13-12 上り43.0F 1着馬 トゥインクル 着差(7.1)

15.11.03 豪 メルボルン G1 17着 24頭 計不 C.ウィ 55.5 3200芝 稍重  1着馬 プリンスオブペ

15.10.17 豪 コーフィー G1 10着 18頭 計不 C.ウィ 55.5 2400芝 稍重  1着馬 モンゴリアンカ

昨年の日経賞3着馬。昨年後半は二回海外遠征して4か月ぶりの出走。
どちらかと言うと、やはり中距離ではなくステイヤータイプであるが久々にどの様な競馬を見せてくれるのであろうか。


5枠 10番 ツクバアズマオー (5.4.3.10)  8882.9万 尾形 充弘(美浦) 父:ステイゴールド 母:ニューグランジ(Giant'sCauseway)
牡5/鹿 55.0kg 吉田 豊

近走のレース結果

16.07.03 函館 巴賞 OP 3着 11頭立て 9番 4番人気 474kg 吉田豊 56.0 1800芝 稍重 タイム1:48.0
通過 9-9-7-6 上り35.6F 1着馬 レッドレイヴン 着差(0.3)

16.04.09 中山 湾岸S 1600下 1着 13頭立て 8番 1番人気 480kg 吉田豊 57.0 2200芝 良 タイム2:13.0
通過 6-6-6-5 上り34.5F 1着馬 マイネオーラム 着差(0.1)

16.03.12 中山 サンシャイ 1600下 3着 12頭立て 5番 1番人気 480kg 吉田豊 55.0 2500芝 良 2:34.3
通過 5-5-7-5 上り35.6F 1着馬 インナーアージ 着差(0.1)

16.02.21 東京 アメジスト 1600下 5着 13頭立て 7番 2番人気 480kg 吉田豊 55.0 2000芝 重 タイム2:04.0
通過 12-10-10 上り37.7F 1着馬 アングライフェ 着差(1.1)

これまで1着は5回中1800m2回、2000m2回、2200m1回。2着2000m、1800m共に2回ずつ。3着1800m2回、2000m1回と2000mは相性の良い距離と判断。また斤量も55.0`と丁度中枠ではあるが、穴馬の一頭として推奨。


6枠 11番 フェイマスエンド (5.3.1.12)  7947.2万 鮫島 一歩(栗東) 父:シルクフェイマス 母:シルキーウィズ(エンドスウィープ)
牡5/栗 54.0kg 三浦 皇成

近走のレース結果

16.07.03 函館 巴賞 OP 4着 11頭立て 2番 6番人気 480kg 三浦皇成 56.0 1800芝 稍重 タイム1:48.1
通過 7-8-7-6 上り35.7F 1着馬 レッドレイヴン (0.4)

16.03.20 阪神 但馬S 1600下 1着 11頭立て 5番 2番人気 480kg 川田将雅 55.0 2000芝 良 タイム2:02.4
通過 5-5-4-4 上り34.8F 2着馬 タイセイアプロ (0.1)

16.02.13 京都 飛鳥S 1600下 4着 14頭立て 7番 4番人気 484kg 川田将雅 57.0 1800芝 良 タイム1:47.3
通過 3-3 上り34.1F 1着馬 ナムラアン 着差(0.3)

16.01.05 京都 1000万下 1着 11頭立て 9番 2番人気 486kg 川田将雅 57.0 2000芝 良 タイム2:01.7
通過 2-3-3-3 上り34.1F 2着馬 トーセンデュー (0.2)


前走の「巴賞」においては中団からの4着。また、過去2走においても1600万下、1000万下ではあるがいずれも2000mの距離を勝っている事から、注意しなければならない一頭となる事であろう。
また、斤量においても54.0`と言うのは有利になるのではないだろうか?


6枠 12番 ネオリアリズム (5.1.1.5)  7311.5万 堀 宣行(美浦) 父:ネオユニヴァース 母:トキオリアリティー(Meadowlake)
牡5/栗 55.0kg K.ティータン

近走のレース結果

16.02.21 小倉 小倉大賞典 G3 3着 16頭立て 11番 5番人気 516kg 岩田康誠 55.0 1800芝 良 タイム1:46.8
13-13-7-5 35.0F
アルバートドッ (0.1)

16.01.05 中山 日刊中山金 G3 7着 13頭立て 4番 4番人気 496kg 戸崎圭太 55.0 2000芝 良 タイム2:01.7
通過」4-4-4-5 上り33.5F 1着馬 ヤマカツエース 着差(0.5)

15.11.29 東京 ウェルカム 1600下 1着 13頭 伊達13番 4番人気 500kg R.ムー 57.0 1800芝 良 タイム1:46.4
通過 13-13-12 上り33.3F 1着馬 イサベル 着差(0.2)


15.10.25 東京 甲斐路S 1600下 6着 11頭立て 2番 1番人気 506kg C.デム 57.0 1800芝 良 タイム1:47.7
通過 9-8-8 上り33.5F 1着馬 シュンドルボン 着差(0.4)

半兄に国内外でGI・G1 2勝のリアルインパクト(父ディープインパクト)や、オーシャンS勝ち馬アイルラヴァゲイン(父エルコンドルパサー)といった活躍馬がいる。
前走の小倉大賞典はスタートで1馬身出遅れのレースとなってしまったがしっかりと後方で脚をためての3着。
しかも、上位馬とは0.1秒の着差。
ここは、しっかりと重賞制覇を念頭に頑張ってもらいたい馬の一頭である。、


7枠 13番オツウ (5.6.4.19)  12341.9万 須貝 尚介(栗東) 父:ハーツクライ 母:デライトポイント(トウカイテイオー)
牝6/鹿 52.0kg 北村 友一

近走のレース結果

16.07.03 函館 巴賞 OP 11着 11頭立て 4番 8番人気 492kg 加藤祥太 54.0 1800芝 稍重 タイム1:49.6
通過 2-2-2-3 上り37.7F 1着馬 レッドレイヴン (1.9)

16.04.23 福島 福島牝馬S G3 3着 16頭立て 13人番人気 498kg 加藤祥太 54.0 1800芝 良 タイム1:47.7
通過 1-1-1-1 上り34.8F 1着馬 マコトブリジャ 着差(0.2)

16.03.27 阪神 六甲S OP 12着 16頭立て 10番 7番人気 504kg 川田将雅 54.0 1600芝 良 タイム1:33.8
通過 3-3 上り34.7F 1着馬 ダノンリバティ 着差(0.7)

16.01.16 中京 愛知杯 G3 15着 18頭立て 18番 11番人気 496kg 松山弘平 53.0 2000芝 良 タイム2:00.4
通過 1-1-1-1 上り37.5F 1着馬 バウンスシャッ 着差(1.6)

私の大好きな馬の一頭なのであるが、4歳までなかなか条件戦を勝ち切れずに2着を繰り返したり、1着になり昇級しても、次のレースまで2着だったりと・・・しかし、今年は4月の福島牝馬Sで3着となった。
しかしながら、牡馬相手とのGVは難しい気もする。



7枠 14番 トゥインクル (5.5.4.15)  12832.8万 牧田 和弥(栗東) 父:ステイゴールド 母:ロングスターダム(ノーザンテースト)
牡5/栗 56.0kg 勝浦 正樹

近走のレース結果

16.05.01 京都 天皇賞(春 G1 13着 18頭立て 2番 9番人気 466kg 勝浦正樹 58.0 3200芝 良 タイム3:17.1
通過 15-14-7-9 上り36.2F 1着馬キタサンブラッ 着差(1.8)

16.02.20 東京 ダイヤモン G3 1着 16頭立て 10番 4人番人気 468kg 勝浦正樹 54.0 3400芝 稍重 タイム3:37.8
通過 9-9-3-1 上り37.1F 2着馬 フェイムゲーム (0.7
)

16.01.05 京都 万葉S OP 5着 11頭立て 7番 1番人気 482kg 浜中俊 55.0 3000芝 良 タイム3:06.3
通過 9-9-8-8 上り34.5F 1着馬 マドリードカフ 着差(0.4)

15.12.05 中山 ステイヤー G2 3着 16頭立て 1番 4番人気 472kg 三浦皇成 56.0 3600芝 良 タイム3:46.8
通過 12-13-13-12 上り35.6F 1着馬アルバート (0.9)


初めての重賞を制覇した前々走の「ダイヤモンドS」を始め、今までほとんどが勝利を収めたレース及び連に絡んだレースは、2500以上のレースであった。
ここは、2000と言う距離をどの様に婚略するかが勝利との分かれ目になるであろう。



8枠 15番 ダービーフィズ (5.4.3.20)  15909.1万 小島 太(美浦) 父:ジャングルポケット 母:マンハッタンフィズ(サンデーサイレンス)
牡6/栗 57.0kg 岩田 康誠

近走のレース結果

16.06.12 東京 エプソムC G3 15着 18頭立て 17番 10番人気 460kg 岩田康誠 56.0 1800芝 良タイム 1:47.4
通過 11-12-11 上り33.9F 1着馬 ルージュバック 着差(1.2)

16.05.08 新潟 新潟大賞典 G3 8着 16頭立て 16番 12番人気 460kg 石橋脩 57.0 2000芝 良 タイム1:58.6
通過 6-6 上り34.7F 1着馬 パッションダン 着差(0.8)

16.01.17 京都 日経新春杯 G2 12着 12頭立て 5番 7番人気 458kg 浜中俊 57.0 2400芝 良 タイム2:26.8
通過 4-4-4-4 上り34.7F 1着馬 レーヴミストラ 着差(0.9)

15.12.27 中山 有馬記念 G1 14着 16頭立て 14番 16番人気 462kg 大野拓弥 57.0 2500芝 良 タイム2:33.9
通過 12-12-12-10 上り35.2Fゴールドアクタ 着差(0.9)


昨年の「凾館記念」で初重賞制覇。札幌記念でも3着に好走して『サマー2000シリーズ』のチャンピオンに輝いた。
良血馬であり、ずっと応援し続けて必ず出走する時は馬券を絡ませている一頭であるが、その後良い結果は出ていない。
しかし、また懲りずに今回も期待して馬券を絡ませて応援したい。




8枠 16番 ファントムライト (5.5.6.7)  12728万 藤原 英昭(栗東) 父:オペラハウス 母:マリーシャンタル(サンデーサイレンス)
牡7/黒鹿 55.0kg 内田 博幸

近走のレース結果

16.05.01 京都 天皇賞(春 G1 14着 18頭立て 16番 15番人気 494kg 三浦皇成 58.0 3200芝 良 タイム3:17.7
通過 17-16-14-16 上り36.4F 1着馬 キタサンブラッ 着差(2.4)

16.03.12 中京 中日新聞杯 G3 2着 18頭 15番 9人 494kg 戸崎圭太 55.0 2000芝 良 タイム2:01.4
通過 2-3-3-3 上り34.7F 1着馬 サトノノブレス 上り(0.1)

16.01.30 東京 白富士S OP 2着 12頭立て 1番 1番人気 496kg 戸崎圭太 56.0 2000芝 稍重 タイム2:01.1
通過 5-5-5 上り34.0F 1着馬 ケツァルテナン 着差(0.0)


15.11.15 福島 福島記念 G3 3着 16頭立て 13番 4番人気 488kg 吉田隼人 55.0 2000芝 重 タイム2:03.0
通過 13-13-13-11 上り37.4F 1着馬 ヤマカツエース (0.5)



昨年の新潟記念(3着)以降は5戦続けて芝2000mの重賞とオープン特別に出走。2着2回、3着3回と、勝ち切れないながらも常に上位争いを演じてきた。
それも含め芝2000mの距離で〔1・4・4・0〕と安定感ある走りを見せている。
これは、大きな材料となるであろう



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「今週の注目レース「函館記念(GIII)」」について
「今週の注目レース「函館記念(GIII)」」について やはり、荒れた今年の「凾館記念」これだけ検討していて、荒れる事も予想していて・・・何故同時に買わなかった? 完全に、競馬の神様から見放された感じです。 10番はしっかり買っていたのだが、、他馬とのワイドで最初に買っていたのだが・・・オッと忘れていた、8番と6番。買い足そうとした時には既に時間切れ(涙) ...続きを見る
SNOW FARM
2016/07/17 15:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の注目レース「函館記念(GIII)」 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる