SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 全く、困ったもんだ〜私の家族って・・・

<<   作成日時 : 2016/11/19 21:46   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

先月の、末に膝の手術をした85歳の私の母。

流石に、手術する母の事も今度一人で家に残され毎日かなり離れた病院に通わなくてはならない父の事もずっと気になり、手術の日は朝一で行うために手術の前日に私は自分の通院を終えて、その足で実家に行った。

ここの所、ずっと両脚が悪くまた血圧も安定していない中・・・2本の杖を使って、病院の先生からは私が実家に帰ると必ず「血圧」がかなり上がってしまうので「血圧だけには気を付けてね、一番の要因だから」とまで言われ・・・(そう、何か母とは余りにもこの歳になって気づいたけど性格が本当に似ているんだな〜、ある確執があり過ぎるのです)

そんな中、もう8年以上前に「股関節の手術」を受けた私は、色々とリスクや今まで私が受けていたリハビリに関しては、「膝」と「股関節」とでは「股関節」の方が相当リスクが大きい中それでも、年を取ってからその時「膝」の手術をした人たちを見ていたもので・・・

母が、手術中に病室で待たされていたのだが病室にあった「車いす」を見つけ懐かしいのなんのって・・・

車いすに乗って、遊んでいた(いい年をしているのに、久々に楽しかったな〜自由自在に操れる車いすが・・・杖を突いて痛い脚かばいながら歩いているよりずっと楽しいし、何せいつかは、車いすでまたテニスをやりたいなんて思っていたもんで)

そして、3時間半後に無事に手術を終えて戻って来た母・・・顔を見てほっとしたのだが。

それからが、父の事が心配でならなかった。

父も母と同様、同じ年でもういつどうなるかわからない。

私が、実家に帰れば良い事なのだが・・・たったの3日間、一緒にいたのだが、全く生活習慣が違った。

「こっちの生活に合わせろ」と言われても、私ももう10年以上一人暮らし・・・

すぐに合わせられるはずがない。

いつだったか・・・そう、サッカーの試合があった日。

たまたま、わたしが携帯を家に置いたままコンビニに行っている間に電話があった。

サッカーを見ていた時にふと振り向いて着信に気づいて「電話」をしたら「今度の土曜日に退院する」との事・・・

余りにも、私から言わせれば早すぎる。

「リハビリは?散歩だけがリハビリじゃないよ、小さめのバランスボール使って・・・」と言ったら、

「バランスボールより、今パパは、サッカーボールの方が気になるんだよ。今、コーナーキックするところなんだよ」と・・・電話を切られてしまった。

私だってサッカー観ていてわかっているよ、今が一番大事な所だと・・・

でも私は、きっといつもテレビは母が独占しているしいつも父がテレビを観ていると横から「あーでもない、こーでもない」といつの間にか全然違う方向に話が飛んでしまう母。

「独身」を満喫しているんだろうな・・・と思っていたのだが。

今日は、本来なら私は直接実家に行って妹夫婦が朝父を迎えに行って病院に行き母を連れて退院してくるはずだったが・・・雨が降れば、私が来れないのがわかっていたから、雨だったら来なくていいよ。

と言われていた。

その代り帰ったらすぐに電話ちょうだいね、と約束していたのに・・・

競馬が終わり(見事に、またヨシトミに裏切られた。買えば来なくて、買わないと来る)そして、今度は相撲を観始めたら「045」から電話がかかって来た。

「誰だろう?」と思い出たら、母が入院していた病院からであった。

「○○病院ですが、今日退院なさった○○さんを迎えに来た娘さんですか?」
「いえ、私は姉で迎えに行ったのは妹なのですが」と言ったら、「では、妹さんに電話します」「電話番号わかりますか?」「はい、此方で聞いているので」・・・

まぁ・・・いいか、妹に電話が行くんだから、何か忘れ物でもしたのかな?ぐらいに思っていた。

そうしたら、昨日誕生日だった次男からメールが届いた。

昨日「お誕生日おめでとう、明日おばあちゃん無事に痰飲するよ」とメールを送ったのでその返事かと思ったら・・・「ちょっと前に横浜病院からの着信があったんだけど、何かあったの」のメールだった。

「何?何で次男に電話が入るの

私は、すぐに実家に電話すると父が出た。余り携帯の仕組みがわかっていない父と母。

「今、病院から電話があったんだけど、アキ(妹)は?」と聞くと「もう帰ったよ」「どこの病院から電話があったのかい?」「履歴見るから、一回切るよ」「何で切るんだい?」「切らないと履歴が見れないの」「履歴って何だい?」「だから、どこからかかって来たかの電話番号!」

困ったもんだ。電話番号を調べてから、また電話するとやはり母が入院していた病院だった。

また、電話しなおして「病院で何て言っていたんだ、知らないよアキにかけるからって言っていたけど○○(次男)からメールがあったんだよ」「メールって・・・何?」

「とにかく、○○の方に電話が病院からかかって来たんだよ、おばあちゃんが間違えてアキの電話番号と○○の電話番号間違えて、病院に教えていたんじゃないの?」

「おばあちゃんに変わるから」と母に変わったのだが・・・「私はユキと、アキの電話しか知らないよ。○○の電話番号は知らないよ」と言いはる。
「だって、今までもよく○○に電話してたでしょ」
「してないわよ」(そんな事無い、次男は以前いつも言っていた。留守電設定にしてないからわからないけどちょくちょくかかって来ると)

話が繋がらない・・・「だったら、病院に電話してみてよ」「でも、土曜日だから繋がらないんじゃない?今でなくても」と言いだし「もういいよ」と言い電話を切った。

仕方ない、妹に電話をして見たら「かかってきてないよ」の一言・・・「じゃあ・・・もう一度○○にメールしてみる多分留守電残っていると思うから」

でも、私から電話しても次男はよほどの事が無い限り出ないんだな〜・・・

まして、今日は競馬の日だし・・・メールしても中々戻ってこないので、仕方なく「病院」とやらに電話してみた。

そうしたら「杖が一本病室に置いてあって、病院の物か本人の物か確かめるため」の電話だったようだ・・・

「また、実家に確認して電話します」と言って実家に電話をした。

「わかった・・・じゃあ私からかけておくから、すみませんね〜相撲楽しんでる最中に」と言ったら「えっ、そうか相撲か?いやいや今日はバタバタしていてテレビかけてなかった・・・これからかけるから」「電話かけてくれるの、いやいやテレビかけるから」・・・「はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そっちかよ」

何てこったい、せっかく今日は母も退院して、皆ホッとできる日じゃなかったの?
私だって言いたかったよ、「お帰りなさい、手術の時にしか行けなくてごめんね」と・・・

それより、一番の被害者は次男だ。
せっかく、(恐らく)競馬場にいて楽しんでいたのに急に病院からの着信があって・・・きっと、私の事とおばあちゃんの事凄く心配だったろうな〜まさか、妹の電話番号と自分の電話番号を間違えて病院に知らせてあったなんて、思いもよらなかった事だろう。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
まるで、漫画の様な家族ですね(すみません)
でもどこか、YUKIさんの優しさが伝わります。
ヨシ
2016/11/20 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
全く、困ったもんだ〜私の家族って・・・ SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる