SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 相撲をもっと楽しもう。

<<   作成日時 : 2016/11/22 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の課題は本来はこの事を書こうと思い、「十両戦」から観ていたのであるが・・・
「横綱白鵬」VS「大関稀勢の里」で稀勢の里が見事な相撲を取ったので、その後になってしまいました。

まず、主役のお相撲さんでは無く行司さんに目をやると・・・実に皆それぞれ個性豊かで面白いのである。
今日は、丁度農大出身小柳関(まだ、超スピード出世で髷も結えずに散切り頭)見事に解説者が「この体制でも小柳関は勝てるんですよね」と言った途端に土俵際まで追い詰められたが「外掛け」での勝利で7勝3敗。後勝ち越しまで1勝。それにしても、土俵に相手の「剣翔」まともに頭の後頭部をぶつけて「ゴーン」と凄い音がした。

そして、その後の「阿武咲」VS「「山口」の取り組みの時の「行司さん」の声が実に低く、中々立ち合いが合わない中「まだ〜」「まだ〜」「まだ〜」の3連発。「こわ〜)と思ったんですが・・・ただ、声が低かったのかな?

また、幕内で「オレンジ色の着物を着た行司さん」中々最後の仕切りの時に手を付かない時に「手を付いて」「手を付いて」と何度も声をかける方もいます。

また、今日は十両では何場所前だったかな?幕内だった元々足が悪かった「横綱日馬富士」と同部屋の「「十両八枚目の安美錦」確かあれは「「栃ノ心」との取り組みでアキレスけんを切ってしまいずっと休場していたのですが、先場所から幕内から「十両」に落ちでしまった。(休場している最中は、「宝富士」がインタビュールームに行くたびにリハビリ中の「安美錦」の様子を伝えてくれていた。

そして、今日はその十両戦で「安美錦」VS「佐藤 」実はこの取り組みは「最年長の安美錦」と「最年少の佐藤」との取り組みだったのである。

そう言うのが、わかると別の角度から「相撲」を楽しむことが出来ます。

それから、土俵から目を離して客席に目を向けると・・・一昨日は「北の富士さん」がパーカー姿で向正面、で観戦していたり、毎日、毎日元「相撲中継」をしていた「アナウンサーの姿も見る事ができます。

そして、昨日は「向正面の升席」にずらっと8人の「芸子さん」(九州場所は博多が近くなので結構綺麗な方が多いです。)

とお客様の事は、ここまでにしておいて今日は番組では昭和61年の場所を振り返っていました。
「千代の富士の優勝から始まり、春場所は同じ北の富士部屋の今の八角理事長・その後もずっと千代の富士が優勝して」北の富士部屋のオンパレード。

正に昭和61年は「バブル期」の始まりであり、「北の富士さん」の一番の「モテ期でもあったようで・・・

以前、「北の富士さん」は部屋では「門限」を決め破った人は「罰金性」にしたそうですが、弟子にだけ押し付けるのも一方的だと判断自分も毎日印を付けてさぁ・・・その結果は一番「門限」を守っていなかったのは本人の「北の富士さん」だったとか・・・

色々と、過去の事や今の事を比較してみると本当に面白い事がたくさんあります。

今場所は、初入幕の最軽量、そして一番背が低い「石浦」が1敗を未だに守っています。
昨日もやはり小兵力士だった「舞の海さん」が「今日は、飛ぶかもしれませんよ」と言ったら「ハッソウ飛び」をしたり、今日は、一回待ったの後の「蒼国来」に対し、もしかしたらかち上げがをあるかも・・・と思い変化をして「蒼国来」も「ばれてましたね」と一言。

勝ち越しがかかっている、「正代」VS「宝富士」は「正代」の控え目が出てしまったのか?「宝富士」のベテランの技が効いたのか、勝ち越しはまた明日以降になってしまいました。

さぁ・・・これから後半。色々な意味で相撲を楽しみましょう。

と言うより・・・今度の日曜日は大切な「ジャパンカップ」です。「ゴールドアクター」が出てきます。「キタサンブラック」も出てきます。

私にしてみれば「ゴールドアクター」に勝ってもらいたいのですが・・・また、この様子だとギリギリまで決まらないです。
でも、競馬が終わった後には大相撲も千穐楽を迎えるのですね。

「大関稀勢の里」には、まだ「今年度最多勝」と言う大きな勝が残っています。今、「横綱日馬富士」と並んでいるのですが。
考えない事にしましょう。考えると・・・私の場合悪い方に行ってしまうので。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相撲をもっと楽しもう。 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる