SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり、千秋楽は何とも言えない重みがある。

<<   作成日時 : 2016/11/27 19:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日、既に今場所の優勝は「横綱鶴竜」に決まっていたが・・・

やはり「千秋楽」には、何とも言えない重みがある。

まして、今年最後の九州場所。一年の締めくくりの「千秋楽」なのである。

「優勝」が誰かに決まっていても、まだまだ・・・他の力士にとっては来場所に続く場所なのである。

昨日、今日の取り組みが決まり「大関琴奨菊」と取り組むことになった「前頭五枚目 松鳳山 」はもうすでに勝ち越しが決まっているのに「何で、俺が・・・」と言う事を言った様だ。

そして「前頭五枚目 宝富士 」は昨日で既に9勝であった。後1勝すれば帰り「小結」もあったかもしれない。

「前頭五枚目 宝富士」が千秋楽で「大関稀勢の里」との取り組み・・・とわかった時に「これってドッキリ」と言った様だ。

今場所、3大関・1横綱を倒している「前頭三枚目遠藤」も今日勝つか、負けるかで3賞を取って上に行けるか、全くその業績が消えてしまうか・・・の瀬戸際だったのである。

しかし、「前頭三枚目遠藤」は「小結玉鷲 」に敗れ負け越し、「技能賞」を手にすることが出来なかったのである。

「前頭五枚目 松鳳山」も「大関琴奨菊」に敗れた。

そして、これより「三役」その中に、「大関稀勢の里」と取り組みが決まっている「前頭五枚目 宝富士」が入っていた。
本来ならば、「横綱、大関」が残りの三つの取り組みをすることが多いので「平幕の力士」が「三役揃い組」に出て来ることは少ないのであるが・・・。

それにしても、やはり「これより三役」が私は好きだ。

その場所の締めくくり。

西は、一人前に立ち後ろに二人正面から見れば「開き扇子」東はその反対前に二人、後ろに一人・・・

それぞれ、西と、東で交代にしこを踏むのである。

「宝富士」と「稀勢の里」の取り組みが時間いっぱいになる寸前に「向正面」の「舞の海さん」が「今年は、稀勢の里が再勝利力士にも関わらず、優勝に繋がらないのでしょうね」と言う事を言った」

「舞の海さんが、分析するのですか?「いえ、北の富士山に聞きたくて」「では、この相撲が終わってから言う事にしましょう」と・・・

この取り組みは「稀勢の里」に軍配が上がり、「宝富士」は9敗で終わり来場所三役が微妙になってしまった。
そして、またこの時の懸賞金を最初に受け取る力士は「矢」に懸賞金が差してありそれを受け取るのである。

北の富士さんは「やはり、ここと言う時に何かあるのでしょうね。わからないものが」だったかな?しかし、舞の海さんは「以前、輪島さんが(同門なのでよく稀勢の里の部屋に練習を見に行くようだ)とにかくしこを何度も踏むようにしないといけない、と言っていましたよ。稀勢の里の場合は3回踏むと休んでまた3回踏むと休んでしまう」と・・・。
「輪島さんが、そう言っていたんですか・・・そうだね、しこを何回も踏むのが基本だからね〜」と言っていた。

また、今回大関を狙っていた「高安」も体を大きくし過ぎた、ようだ。

その力士、力士に一番取りやすい体系があるはず、大きければいいとは言えない。

今回優勝した「鶴竜」も常に毎日体重を計り、同じ体重を維持していてお酒も「焼酎のお湯割り」を飲んでいた様だ。

自分の体形を考えて、その上で自分の一番の形を生み出しそして一番、一番に臨む。

それが、一番なのかもしれない。

最後の横綱同士の一番「横綱鶴竜」と「横綱日馬富士」、最初は鶴竜が土俵際まで追い詰められたがそれをまた鶴竜は日馬富士を土俵際まで追い詰めて1敗を守っての優勝であった。

「横綱鶴竜」の今場所の星が流れた。11目に稀勢の里に負けてしまった黒星。

私は、忘れていたが2年前の「鶴竜」の全勝を止めた時も11日目だったようだ。

そして、その時はこの負けから相撲が崩れて「優勝」を手にすることが出来なかった。

「優勝は無くても、大関稀勢の里単独69勝で今年の最多勝力士」(おいおい、優勝無くてもは余計だよ)

しかし、この年間最多勝は相撲協会から送られるものではなく「新聞社」から表彰されるもので賞金も無し。

でもね・・・何故今まで、「今年の最多勝」が今場所になって急に出て来たか?

実は、去年まで「横綱白鵬」が9年連続だったからだ。10回連続を阻止したのは「稀勢の里」だったのである。

そう言えば、以前「横綱白鵬」の五十・・・(何連勝だったかな)それを阻止したのも「稀勢の里」だったのである。

さぁ・・・今場所も終わった事だし、来週からは残り少ない競馬に集中できるかな

今日のジャパンカップ

「4頭ボックス」の三連複を勝っていたのだが・・・その中の1頭は4着。

また、慌てて継ぎ足した馬も来なかった。「悩んでいた馬を切って、外国馬がそろそろ来てもいいのでは・・・」と切った馬が、2着に来た。

「2頭はその中に入っていたのに」後の祭りです。
また、後から継ぎ足した馬は決して今まで着た事無いのに・・・無駄な馬を選んでしまった。

と言う事で、東京競馬場も今日で終わりです。

これから・・・中山か・・・。

今年も、後一か月ちょっとで終わりです。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
二週間、お疲れ様でした。
今場所は、色々と面白い(と言ったらYUKIさんが気を悪くするでしょうか)と言うか、見ごたえがある場所でした。
「稀勢の里関」は、まだまだ大丈夫だと思います。
来場所、一緒に応援しましょう。
ヨシ
2016/11/28 20:28
ヨシさん、再びコメントありがとうございました。
はい、疲れました。
これで、一息・・・これから有馬記念のジンクスを考えます。
相撲が、終わってももうお分かりでしょうが。
何せ、本業は競馬なので。
やはり、今年起きた事は「大統領」に関係する事でしょうか?「アメリカ」「韓国」と・・・何だかな〜
YUKI
2016/11/29 16:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり、千秋楽は何とも言えない重みがある。 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる