SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日の注目レース「京王杯2歳ステークス(GII) 」

<<   作成日時 : 2016/11/04 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

東京競馬場 1400m(芝) 馬齢 2歳オープ

今年も伏兵の台頭に要注意

東京・芝1400m

バックストレッチ半ばからのスタートで、3コーナーまでの距離は約350m。スタート直後に上り坂があり、そこを越えると3コーナーまで下っていくが、前半は比較的ゆったりと流れることが多い。直線は525.9m。直線に向いてすぐに約160mの急な上り坂(高低差2.0m)があり、その後300mはほぼ平坦となる。前半が遅く流れる分、上がりが速くなるケースが多い。芝1400mは、スプリンター(芝1200m巧者)にもマイラー(芝1600m巧者)にとってもベストな距離ではなく、また、重賞ではGI の前哨戦として行われることが多い距離。先行してスピードを持続できる能力を持つ馬が好走することが多い。(JRAより)

出走馬

1枠 1番 タイセイブレーク (1.0.1.0)  1103.1万 浜田 多実雄(栗東)
父:ダイワメジャー 母:インプレスゴールド(ブライアンズタイム)
牡2/栗 55.0kg 柴山 雄一

近走のレース結果

2016/10/16 4京都5 晴 9 もみじS(OP) 9頭立て 7枠 7番 オッズ6.7 4番人気 3着 ルメール 55 芝1400 良
タイム 1:22.3 着差0.3 通過 6-7 ペース35.3-34.4 上り33.8 500(+10) 1着馬 レッドアンシェル 403.1

2016/06/25 3阪神7 曇 5 2歳新馬 13頭立て 4枠 5番 オッズ2.2 1番人気 1着 ルメール 54 芝1200 重
タイム 1:11.8 着差0.0 通過 5-5 ペース35.2-36.6 上り35.5 490(0) 2着馬 (グランドロワ) 700.0

新馬戦に関しては、重馬場にもかかわらず中団の先手に付き向こう正面においては先行馬と、かなりの距離が空いていたが、その後最後のスタートを回り馬群の中から抜け出して前に走る馬をクビ差でしょうりしている。
また前走のオープン特別・もみじS(京都・芝1400)では、馬体重が10`増えた中スローペースの中直線を向いてから新馬戦同様の追い込みを見せ上り33.8秒で3着と敗れてしまったが、直線が長い東京競馬場では、この上末脚が十分生かせるのではないだろうか?人気的には、恐らく低いであろうが怖い一頭になる可能性を持ち合わせている。


2枠 2番 ダノンハイパワー (1.1.0.0)  1348.8万 菊沢 隆徳(美浦)
父:ダノンシャンティ 母:ダノンボンジュール(Shamardal)
牡2/黒鹿 55.0kg 横山 典弘

近走のレース結果

2016/10/01 4中山7 曇 9 カンナS(OP) 13頭立て 4枠 5番 オッズ22.7 9番人気 2着 横山典弘 55 芝1200 良
タイム 1:09.3 着差0.2 通過 12-12 ペース33.5-35.6 上り35.0 494(-8) 1着馬 タイムトリップ 648.8

2016/08/28 2新潟10 晴 5 2歳新馬 18頭立て 8枠 18番 オッズ4.0 1番人気 1着 横山典弘 54 芝1200 良
タイム 1:11.4 着差0.0 通過 3-2 ペース35.7-35.7 上り35.6 502(0) 2着馬 (イパネマビーチ) 700.0

新馬戦においては、スタート後3番手から、その後はわずかに並ぶような形で3コーナーを回り最後のコーナーでは、2番手でそのまま直線に向かう。ゴール直前わずか前にいたイパネマビーチを首差でかわし勝利。と言うレース運びになったが、前走のカンナS(OP)(中山・芝1200)では、後位で向こう正面はかなり前の馬群から離れていたが、直線を向いてからの追い込みが見事であった、前の馬達が先頭争いをしている間に外に持ち出し1ちゃくばとは、1 1/4馬身差での2着。ただ、今までのレースは1200しか走っていないのでこの末脚をどの様に生かすかが課題になるであろう。、         


3枠 3番 ジョーストリクトリ (1.0.0.0)  700万 清水 久詞(栗東)
父:ジョーカプチーノ 母:ジョーアラマート(キングヘイロー)
牡2/鹿 55.0kg 松岡 正海

近走のレース結果

2016/10/23 4東京7 晴 4 2歳新馬 15頭立て 5枠 8番 オッズ3.9 2番人気 1着 松岡正海 55 芝1400 良
タイム 1:24.1 着差-0.3 通過 3-3 ペース36.3-34.6 上り34.4 502(0) 2着馬 (ブライティアサイト) 700.0

新馬戦は、同じ東京コースで「スタート後は、一番手に付け先団集団の塊の3番手に着く。そのまま固まったままレースを進め最終コーナーを回り、最後は坂を上り200を切った所で外から1番手に付き後ろの馬を付き離し1 3/4での見事な差し切り勝ち。」と見事なパフォーマンスで勝利をした。まだ1戦しか経験が無い中、同じコース、同じ距離と言うのは大きな期待となるに違いない。



4枠 4番 ドウディ (1.1.2.0)  1010万 佐藤 吉勝(美浦)
父:コンデュイット 母:ストームイメージ(ダンスインザダーク)
牡2/鹿 55.0kg 蛯名 正義

近走のレース結果

2016/10/09 4東京2 小雨 3 2歳未勝利 18頭立て 8枠 18番 オッズ2.1 1番人気 1着 戸崎圭太 55 芝1400 重
タイム 1:23.0 着差-0.3 通過 7-7 ペース35.2-35.6 上り35.2 476(-2) 2着馬 (ミステリーモリオン) 500.0

2016/09/17 4中山3 晴 2 2歳未勝利 16頭立て 2枠 3番 オッズ1.8 1番人気 3着 戸崎圭太 54 芝1600 良
タイム 1:35.1 着差0.1 通過 10-9-8 ペース35.4-35.6 上り34.9 478(+8) 1着馬 パフォーム 130.0

2016/08/21 2新潟8 晴 1 2歳未勝利 17頭立て 2枠 4番 オッズ4.1 2番人気 2着 戸崎圭太 54 芝1400 良
タイム 1:21.6 着差0.1 通過 3-4 ペース33.9-35.8 上り35.7 470(-10) 1着馬 ディバインコード 200.0

2016/07/31 2新潟2 晴 5 2歳新馬 17頭立て 1枠 1番 オッズ17.9 7番人気 3着 柴田善臣 54 芝1600 良
タイム 1:37.1 着差0.2 通過 9-7 ペース36.7-34.3 上り34.0 480(0) 1着馬 グリトニル

4戦目にして、ようやく未勝利戦を勝ちあがった馬である。前走は重馬場の中で中団手から、最後の直線外に持ち出し最後の200を切って、前の馬に追いつき、そのまま大きく付き離し、2馬身差で勝利をしている。
同じ、東京・芝1400で重馬場の中見事に未勝利戦を勝ちあがった事から、見事なパワフルな脚を持つ馬とも、考えられる。また、それまでの結果を見てみると全て連に絡んでおり今回3着までに入る確率も多いのではないだろうか。



4枠 5番 マル外マテラスカイ (1.1.0.0)  780万 森 秀行(栗東)
父:Speightstown 母:Mostaqeleh(Rahy)
牡2/栗 55.0kg 山本 聡哉

近走のレース結果

2016/10/16 3新潟2 晴 1 2歳未勝利 15頭立て 8枠 15番 オッズ1.8 1番人気 1着 ヴェロン 55 ダ1200 良
タイム 1:13.1 着差-0.1 通過 6-5 ペース34.9-38.2 上り37.5 500(+2) 2着馬 (キャプテンルフィ) 500.0

2016/09/24 4阪神5 曇 6 2歳新馬 11頭立て 3枠 3番 オッズ6.2 4番人気 2着 M.デム 54 ダ1400 稍
タイム 1:26.1 着差0.7 通過 4-3 ペース34.9-38.4 上り38.6 498(0) 1着馬 コーカス 280.0

新馬戦を含め、2戦ともまだダートしか走っていない事から、芝適性がどのくらいあるかがわからないが、このレースで初めて芝での適性が、わかるのではないのか?


5枠 6番 ダイイチターミナル (1.3.0.0)  2195万 高市 圭二(美浦)
父:コンデュイット 母:ベルグチケット(ウイニングチケット)
牡2/鹿 55.0kg 嘉藤 貴行

近走のレース結果

2016/09/04 2小倉12 曇 11 小倉2歳S(G3) 15頭立て 2枠 2番 オッズ32.6 10番人気 2着 嘉藤貴行 54 芝1200 良 タイム 1:09.0 着差1.0 通過 8-6 ペース33.3-34.7 上り35.2 422(+2) 1着馬 レーヌミノル 1,215.0

2016/07/24 2福島8 曇 1 2歳未勝利 16頭立て 3枠 6番 オッズ2.5 1番人気 1着 内田博幸 54 芝1200 良
タイム 1:10.1 着差-0.8 通過 2-2 ペース34.4-35.7 上り35.6 420(0) 2着馬 (クロースリーニット) 500.0

2016/07/10 2福島4 晴 2 2歳未勝利 10頭立て 5枠 5番 オッズ1.8 1番人気 2着 内田博幸 54 芝1200 良
タイム 1:10.6 着差0.0 通過 2-2 ペース35.2-35.4 上り35.4 420(-2) 1着馬 ハッピーランラン 200.0

2016/06/19 3東京6 曇 6 2歳新馬 14頭立て 3枠 3番 オッズ6.2 3番人気 2着 嘉藤貴行 54 芝1400 良
タイム 1:23.1 着差0.3 通過 2-5 ペース36.6-33.7 上り33.7 422(0) 1着馬 アエロリット 280.0

母親は、2歳時に「フェアリーステークス(G3)」の勝ち馬、それに反して父親は中距離で成績を残しているのでどちらかと言うと、もう少し長い距離があっているのかも知れないが、新馬戦においては同じ東京・芝1400で、上り33.7と言う末脚を使い2着に来ている事から、丁度父親と母親の血を上手く分け合っているとも考えられる。
今までの結果も、未勝利戦1着を含め2着3回と言う事から、2歳馬にしてみれば比較的安定した走りを見せている事から、今回も注目すべき馬の一頭には変わりない。


5枠 7番 タイムトリップ (2.1.1.0)  3765.6万 菊川 正達(美浦)
父:ロードアルティマ 母:ミルフォードスバル(ホークアタック)
牡2/黒鹿 55.0kg 田辺 裕信

近走のレース結果

2016/10/01 4中山7 曇 9 カンナS(OP) 13頭立て 6枠 8番 オッズ2.9 1番人気 1着 戸崎圭太 55 芝1200 良
タイム 1:09.1 着差-0.2 通過 3-4 ペース33.5-35.6 上り35.4 474(-6) 2着馬 (ダノンハイパワー) 1,630.8

2016/09/04 2札幌6 曇 10 すずらん賞(OP) 10頭立て 6枠 6番 オッズ1.7 1番人気 2着 丸山元気 54 芝1200 良 タイム 1:10.5 着差0.2 通過 2-2 ペース35.2-35.1 上り35.2 480(+8) 1着馬 リエノテソーロ 646.6

2016/07/24 2函館6 曇 11 函館2歳S(G3) 16頭立て 3枠 5番 オッズ79.1 13番人気 3着 丸山元気 54 芝1200 良 タイム 1:09.5 着差0.3 通過 3-4 ペース33.5-35.7 上り35.7 472(+6) 1着馬 レヴァンテライオン 788.2

2016/07/02 2福島1 曇 5 2歳新馬 15頭立て 2枠 3番 オッズ5.7 2番人気 1着 柴田大知 54 芝1200 良
タイム 1:09.7 着差-0.2 通過 1-1 ペース33.8-35.9 上り35.9 466(0) 2着馬 (ニシノマッハ) 700.0

新馬戦は、福島・芝1200逃げ切って2着馬とは1馬身差と言う見事な勝ちっぷりを見せた。その後挑んだ「 函館2歳S(G3) 」においては、レコード勝ちした「 レヴァンテライオン」に0.3秒差で3着と敗れたが、前走の「カンナS(OP)」では、向こう正面では中団手で、最後の直線に入り見事に馬群の中央から抜け出して、11/4馬身差で勝利を収めた。 まだ1200でしか走っていないが、東京競馬場で200m延びて、距離適性も言われる中今までの持ち味が出れば、上位にも食い込んで来るのではないだろうか?



6枠 8番 レーヌミノル (2.0.0.0)  3852.5万 本田 優(栗東)
父:ダイワメジャー 母:ダイワエンジェル(タイキシャトル)
牝2/栗 54.0kg 浜中 俊

近走のレース結果

2016/09/04 2小倉12 曇 11 小倉2歳S(G3) 15頭立て 3枠 4番 オッズ3.9 1番人気 1着 浜中俊 54 芝1200 良
タイム 1:08.0 着差-1.0 通過 2-1 ペース33.3-34.7 上り34.6 464(+6) 2着馬 (ダイイチターミナル) 3,152.5

2016/08/07 2小倉4 晴 6 2歳新馬 10頭立て 8枠 9番 オッズ1.8 1番人気 1着 浜中俊 54 芝1200 良
タイム 1:09.3 着差-0.3 通過 3-3 ペース33.6-35.7 上り35.4 458(0) 2着馬 (メイショウルーシー) 700.0

新馬戦においては「スタート直後少し離れて3番手に付、4コーナーを回って来ると一気に前に出て2着馬に1馬身以上の差を付けて勝利する。」また前走の「小倉2歳S」においても後続馬に先行して、最後のコーナーではトップで回り後続馬に6馬身差を見せての快勝。牝馬でこれだけのパフォーマンスを見せて1200で勝利できると言う事は、今回200の距離を克服する事は、明らかに優勢と考えられる。今後、今回のレース次第では牝馬としての能力を、目のあたりに出来るのではないだろうか?   

6枠 9番 ディバインコード (2.1.0.0)  1806.6万 栗田 博憲(美浦)
父:マツリダゴッホ 母:ツーデイズノーチス(ヘクタープロテクター)
牡2/鹿 55.0kg 柴田 善臣

近走のレース結果

2016/09/10 4中山1 晴 9 アスター賞(500万下) 12頭立て 8枠 12番 オッズ3.6 2番人気 1着 柴田善臣 54 芝1600 良 タイム 1:35.6 着差-0.2 通過 3-2-2 ペース36.1-34.9 上り34.8 472(-2) 2着馬 (サクセスムーン) 1,026.6

2016/08/21 2新潟8 晴 1 2歳未勝利 17頭立て 5枠 9番 オッズ2.5 1番人気 1着 柴田善臣 54 芝1400 良
タイム 1:21.5 着差-0.1 通過 1-1 ペース33.9-35.8 上り35.8 474(+10) 2着馬 (ドウディ) 500.0

2016/07/17 2福島6 曇 5 2歳新馬 15頭立て7枠12番 オッズ3.4 1番人気 2着 柴田善臣 54 芝1800 良
タイム 1:52.1 着差0.2 通過 1-2-1-2 ペース36.4-35.7 上り35.9 464(0) 1着馬 サルヴェレジーナ 280.0

母親は、2歳時に未勝利戦・アネモネステークスと1400、1600で2勝を上げており、父親の「マツリダゴッホ」産駒には、3歳馬であるロードクエスト(昨年の新潟2歳S、今年の京成杯オータムH優勝)を初めてと、1600m前後の距離で高い適性を見せている。また、父親は「有馬記念」の優勝馬でもある。父親と、母親の血統を組み合わせここで、上位を目指せる事を期待する。

7枠 10番 スズカゼ (1.0.0.1)  500万 伊藤 正徳(美浦)
父:ディープブリランテ 母:バレンソール(アフリート)
牝2/鹿 54.0kg 大野 拓弥

近走のレース結果

2016/07/17 2福島6 雨 1 2歳未勝利 14頭立て 7枠 11番 オッズ8.3 3番人気 1着 大野拓弥 54 芝1200 良
タイム 1:10.3 着差-0.1 通過 3-2 ペース34.4-35.9 上り35.7 470(+4) 2着馬 (ポンポン) 500.0

2016/06/12 3東京4 晴 6 2歳新馬 12頭立て 7枠 10番 オッズ19.6 6番人気 8着 大野拓弥 54 芝1600 良
タイム 1:37.0 着差0.9 通過 4-3 ペース36.0-35.5 上り36.1 466(0) 1着馬 ウインシトリン

新馬戦においては、8着と敗れてしまったが、前走の未勝利戦では1200ではあるが先行して2着馬とは1/2馬身での、差しきりでの勝利。東京競馬場を経験している事から、また前走の1200での勝利を考え東京競馬場の1400をどの様にこなして来るか。そこに期待したいものだ。


7枠 11番 コウソクストレート (2.0.0.0)  1721.7万 中舘 英二(美浦)
父:ヴィクトワールピサ 母:メジロアリス(アドマイヤコジーン)
牡2/鹿 55.0kg 戸崎 圭太

近走のレース結果

2016/10/23 4東京7 曇 9 くるみ賞(500万下) 9頭立て 2枠 2番 オッズ3.9 2番人気 1着 戸崎圭太 55 芝1400 良 タイム 1:23.5 着差-0.2 通過 4-5 ペース35.8-35.1 上り34.4 490(+8) 2着馬 (マイネルアムニス) 1,021.7

2016/07/30 2新潟1 晴 5 2歳新馬 18頭立て 1枠 2番 オッズ2.7 1番人気 1着 戸崎圭太 54 芝1400 良
タイム 1:22.4 着差-0.3 通過 5-3 ペース34.8-36.0 上り35.6 482(0) 2着馬 (サクラサクコロ) 700.0

前走の500万下・くるみ賞(東京・芝1400m)を快勝し、無傷の2連勝を達成たことにより、まだ2戦しかしていないが前走と同じ東京・芝1400に期待が寄せられる。

8枠 12番 マル外レヴァンテライオン (2.0.0.0)  3857.4万 矢作 芳人(栗東)
父:PioneeroftheNile 母:GhostlyDarkness(Ghostzapper)
牡2/黒鹿 55.0kg 内田 博幸

近走のレース結果

2016/07/24 2函館6 曇 11 函館2歳S(G3) 16頭立て 6枠 12番 オッズ7.2 2番人気 1着 三浦皇成 54 芝1200 良 タイム 1:09.2 着差-0.1 通過 3-3 ペース33.5-35.7 上り35.5 468(-8) 2着馬 (モンドキャンノ) 3,157.4

2016/06/26 1函館4 小雨 5 2歳新馬 14頭立て 3枠 4番 オッズ2.4 1番人気 1着 三浦皇成 54 芝1200 稍
タイム 1:10.9 着差0.0 通過 3-3 ペース35.0-35.9 上り35.7 476(0) 2着馬 (エスケークラウン) 700.0

東京競馬場、及び今回の1400は初めての挑戦ではあるが、血統的には父親は「アメリカクラシック三冠馬となったAmerican Pharoahを輩出」した馬であり、新馬戦では先行してクビ差で勝利を収め、また「函館2歳S(G3)」においても先行して、1着となっている。果たして、今回も舞台は東京の芝1400ではあるが3連勝となるであろうか?



8枠 13番 モンドキャンノ (1.1.0.0)  1916.4万 安田 隆行(栗東)
父:キンシャサノキセキ 母:レイズアンドコール(サクラバクシンオー)
牡2/鹿 55.0kg C.ルメール

近走のレース結果

2016/07/24 2函館6 曇 11 函館2歳S(G3) 16頭立て 3枠 6番 オッズ1.8 1番人気 2着 戸崎圭太 54 芝1200 良
タイム 1:09.3 着差0.1 通過 5-4 ペース33.5-35.7 上り35.4 468(-4) 1着馬 レヴァンテライオン 1,216.4

2016/06/19 1函館2 晴 5 2歳新馬 11頭立て 5枠 5番 オッズ1.5 1番人気 1着 戸崎圭太 54 芝1200 良
タイム 1:09.4 着差-0.2 通過 2-3 ペース35.1-34.3 上り34.1 472(0) 2着馬 (ドゥモワゼル) 700.0

新馬戦に関しては、先行して1200ではあるが2着馬と1馬身以上の差をつけ勝利している。また、前走の「函館2歳S(G3)」では、1着馬と先団手後方からの1/2馬身差の2着。
このレースで、距離適性をしっかりと把握したいものである

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「明日の注目レース「京王杯2歳ステークス(GII) 」」について
「明日の注目レース「京王杯2歳ステークス(GII) 」」について 完全に、出遅れ〜と思った「モンドキャンノ」違ったんですね〜。あれはルメールの作戦だったようで・・・ルメールが勝利者インタビューで言った通り、少し、少し様子を見て、これ以上の距離か大丈夫か・・・やはりこれから目が離せない馬のようです。それにしても、あの追い込みは凄かった〜 ...続きを見る
SNOW FARM
2016/11/05 20:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明日の注目レース「京王杯2歳ステークス(GII) 」 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる