SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末の風物詩「香港国際競争2016」

<<   作成日時 : 2016/12/11 20:56   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今の時期になると、どうしても香港の競馬を思い出す。

何故なら今からちょうど15年前に私が当時一番好きだった、誰と走っても2着。何時しか勝つことを忘れてしまい、あれほど強い事は証明されているのに一度もGTを勝った事ができなかった「ステイゴールド」が引退レースの 香港ヴァーズ(G1)で優勝したからだ。

あの時のステオゴールドは「黄金旅程」と言うゼッケンをつけ直線に入った時に、先頭を走る馬とはかなり離されての2番手にいた。
あ〜・・・やっぱり、最後も2着で終わりか・・・と思った
その時彼の背中に見えない翼が付いた、そして先頭の馬をあっという間にかわし彼は最後の引退のレースで初めてGTと言う勲章を手にしたのである。

「異国の地 誰もが夢に 見続けた 最後のレース 黄金旅程」

彼は、昨年の2月にこの世を去ってしまったが彼の事は永遠に語り継がれるであろう。

http://36968449.at.webry.info/201502/article_5.html

香港ヴァーズGT 芝2400m 14頭 / シャティン / 天気:晴 / 馬場:良

レース結果

1着 ゲート番号9 馬番4 サトノクラウン 牡4 57.0 モレイラ タイム2:26.22 4番人気 オッズ11.4 (日本)堀宣行
2着 ゲート番号10 馬番1 ハイランドリール 牡4 57.0 ムーア タイム2:26.3 着差1/2 1番人気 オッズ1.3 (アイルランド)オブライ(今年の凱旋門賞2着馬)
3着 ゲート番号4 馬番7 ワンフットインヘヴン 牡4 57.0 スミヨン タイム2:27.3 着差6 3番人気 オッズ10.7 (フランス)ドゥロワ
4着 ゲート番号12 馬番13 ヌーヴォレコルト 牝5 55.5 岩田 タイム2:27.4 着差3/4 5番人気 オッズ11.9 (日本)斎藤誠
5着 ゲート番号13 馬番14 スマートレイアー 牝6 55.5 武豊 タイム2:27.5 着差クビ 6番人気 オッズ21.0 (日本)大久保龍


サトノクラウン海外で初GI制覇、ハイランドリールは2着/香港ヴァーズ

[海外] 2016年12月11日(日)18時20分
.. .
 現地時間11日、香港・シャティン競馬場で香港ヴァーズ(3歳以上・GI・芝2400m・14頭立て・1着賞金940万5千香港ドル)が行われた。

 レースはR.ムーア騎手騎乗のハイランドリール(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が積極的に先手を取るも途中からD.レーン騎手騎乗のビッグオレンジ(セ5、英・M.ベル厩舎)が外から先行争いに加わりハイランドリールに馬体を併せてくる展開。しかしハイランドリールはハナを譲らずそのまま直線に入ると後続との差を広げ、逃げ切るかと思われた所にJ.モレイラ騎手騎乗のサトノクラウン(牡4、美浦・堀宣行厩舎)が鋭い末脚を繰り出しゴール前でハイランドリールを差し切り初GI制覇を香港の地で達成した。

 3着にはC.スミヨン騎手騎乗のワンフットインヘヴン(牡4、仏・A.ドゥロワイエデュプレ厩舎)、4着には岩田康誠騎手騎乗のヌーヴォレコルト(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)、5着には武豊騎手騎乗のスマートレイアー(牝6、栗東・大久保龍志厩舎)が入線し、日本馬3頭が5着内に入りこのあとの香港国際競走にとって幸先のよいスタートとなった。

香港スプリントGT芝1200m 14頭 / シャティン / 天気:晴 / 馬場:良

残念ながら、このレースでは「ビックアーサー」(鞍上ムーア)10着、「レッドファルクス」(鞍上M.デムーロ)12着と日本からの参戦馬は、2桁に終わった。

香港マイルGT芝1600m 14頭 / シャティン / 天気:晴 / 馬場:良

「ロゴタイプ」(鞍上M.デムーロ)トップの馬と0.12秒差の5着と残念な結果。しかししっかりと掲示板に乗る。
「サトノアラジン」(鞍上川田)7着 「ネオリアリズム」(鞍上ムーア)9着

香港カップGT 芝2000m 12頭 / シャティン / 天気:晴 / 馬場:良

レース結果

1着 ゲート番号8 馬番2 モーリス 牡5 57.0 ムーア タイム2:00.95 1番人気 オッズ1.6 (日本)堀
2着 ゲート番号3 馬番8 シークレットウェポン セ6 57.0 パートン タイム2:01.4 着差3 5番人気 オッズ15.7 (香港)イブ
3着 ゲート番号7 馬番5 ステファノス 牡5 57.0 スミヨン タイム2:01.4 着差1/2 3番人気 オッズ9.5 (日本)藤原英
4着 ゲート番号2 馬番6 ラブリーデイ 牡6 57.0 ボウマン タイム2:01.5 着差アタマ 7番人気 オッズ21.6 (日本)池江
5着 ゲート番号4 馬番4 ブレイジングスピード セ7 57.0 カラン タイム2:01.5 着差クビ 8番人気 オッズ36.7 (香港)クルーズ

他の日本馬
「クイーンズリング」(鞍上M.デムーロ)9着 「エイシンヒカリ」(鞍上武)10着


モーリス圧勝で有終の美! エイシンヒカリは10着/香港C


[海外] 2016年12月11日(日)18時23分

後続に3馬身差をつける圧勝劇で有終の美を飾ったモーリス


 現地時間11日、香港・シャティン競馬場で行われた香港C(3歳上・GI・芝2000m・1着賞金1425万香港ドル)に、日本のモーリス(牡5、美浦・堀宣行厩舎、R.ムーア騎手)、エイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口正則厩舎、武豊騎手)、ラブリーデイ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎、H.ボウマン騎手)、ステファノス(牡5、栗東・藤原英昭厩舎、C.スミヨン騎手)、クイーンズリング(牝4、栗東・吉村圭司厩舎、M.デムーロ騎手)が出走。

 レースは、エイシンヒカリが先手を取って後続とのリードを広げていく展開に。モーリスはスタート一息で後方から、ステファノスとラブリーデイは3・4番手、クイーンズリングは中団につけた。直線に向くと、モーリスが内の馬群を抜けて一気に先頭に躍り出る。モーリスはそのまま後続を突き放し、2番手争いを演じるステファノス、ラブリーデイ、シークレットウェポン(セ6、香港・C.イプ厩舎)らを尻目にゴール。「スーパースター!」と場内のアナウンスも響く圧勝劇で、有終の美を飾った。GIはこれで6勝目。

 2着はシークレットウェポン、3着はステファノスとなった。ラブリーデイは4着、クイーンズリングは9着、エイシンヒカリは直線で失速して10着だった。



全馬、そして騎手の皆さまお疲れ様です。

画像




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年末の風物詩「香港国際競争2016」 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる