SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シンザン記念(GIII)」について

<<   作成日時 : 2017/01/08 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シンザン記念(GIII)」について

キョウヘイが出遅れ最後方からの直線一気V!/シンザン記念

 8日、京都競馬場で行われたシンザン記念(3歳・GIII・芝1600m)は、スタートで遅れ最後方からの競馬となった高倉稜騎手騎乗の8番人気キョウヘイ(牡3、栗東・宮本博厩舎)が、直線で馬群の中から一気に各馬を差し切り、外から脚を伸ばした4番人気タイセイスターリー(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒6(重)。

 さらにハナ差の3着に1番人気ペルシアンナイト(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、3番人気トラスト(牡3、栗東・中村均厩舎)は4着、2番人気アルアイン(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は6着に終わった。

 勝ったキョウヘイは、父リーチザクラウン、母ショウナンアネーロ、その父ダンスインザダークという血統で、これが重賞初制覇。また父リーチザクラウンにとっても、これが産駒のJRA重賞初勝利となった。(NETKEIBAより)

やったね、キョウヘイ

今回、「シンザン記念」のブログで昨日次の様を書いていた。

今回のシンザン記念では、あまりにも新馬戦での勝ち方が凄かった「3枠 5番 ペルシアンナイト」は外せないであろう。また人気馬である2連勝中の「4枠 7番アルアイン」「5枠 9番 キョウヘイ」「6枠 10番 マイスタイル」「8枠 14番 タイセイスターリー」「8枠 15番 コウソクストレート」を上げておこう。


何故、キョウヘイを選んだか?それは、今日は☂恐らくメインレースの頃には「重」になるであろう。
そこで、色々考えた「新馬戦での勝ち方」また、その後のレース等・・・

「キョウヘイ」は「千両賞」で「ペルシアンナイト」とのレースで、最後方から追い込んで来ての2着。
それに、私が好きだった「リーチザクラウン産駒」
名前も、可愛いじゃない
未勝利戦もリプレイで観て見たら1200だけど、勝ち方が半端じゃなかったんだよね〜

ゲートが開いて、いきなり解説者が「キョウヘイが出遅れました」何て事言っていたけど・・・大丈夫なんだよな〜と思いながら、レースを観ていた。

久々に、好きな馬が出来た喜びでいっぱいです。

おめでとう、「キョウヘイ」君

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シンザン記念(GIII)」について SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる