SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS シンザン記念を勝った「キョウヘイ」の裏にこんなドラマがあった。

<<   作成日時 : 2017/01/09 18:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【シンザン記念】キョウヘイ馬名の由来は知人の亡き息子の名…Vに涙「夢のよう」

 「シンザン記念・G3」(8日、京都)

 8番人気キョウヘイが鮮やかな直線強襲を決めた。

 キョウヘイの瀬谷隆雄オーナーの知人である横山真弓さんは大粒の涙をあふれさせ、ウイナーズサークルに向かった。「05年にがんのため21歳で息を引き取った息子の名前は恭兵(きょうへい)でした。オーナーがその名前をつけてくださったんです。息子はとても競馬が好きで、最後に競馬場に来たのが、シンザン記念でした。こんなことがあるなんて夢のようです」と天国に向けて勝利を報告。何度も目頭を押さえ、声を震わせた。(デイリースポーツより)

私は、「土曜日から、キョウヘイ君、キョウヘイ君」と一人で叫んでいた。

一人しかいない部屋の中で

笑っちゃうよね、それしか楽しみが無いから・・・。

でも、その裏にこんなドラマがあった何て。

正に「競馬は決してギャンブルだけじゃない、必ずその中にドラマがある」

そのものであった。

何となく、親しみのある「人の名前」その名前が何故か私を引き付けていたのである。

これからも、元気に「キョウヘイ」には頑張ってもらいたいな。

21歳、まだこれからと言う時期に命を落としてしまった男性の為にも。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンザン記念を勝った「キョウヘイ」の裏にこんなドラマがあった。 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる