SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 京成杯(GIII)

<<   作成日時 : 2017/01/15 10:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

中山競馬場 2000m(芝) 別定 3歳オープン

新たなスター候補が誕生する3歳クラシック前哨戦

中山・芝2000m(内回り)

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400m。スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310mだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。芝2000mのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。(JRAより)

出走馬
1枠 1番サーベラージュ 牡3斤量 56.0 調教師;堀  □←□□
父ヴィクトワールピサ 母アスペンアベニュー(トワイニング)
柴山

近走のレース結果

2016/11/19 5東京5 曇 5 2歳新馬 14頭立て 7枠 12番 オッズ5.3 3番人気 1着 ムーア 55 芝1800 稍
タイム 1:50.4 着差-0.6 通過 2-2-1 ペース37.6-34.3 上り34.3 490(0) 2着馬 (コンフィデンス) 700.0
新馬戦ではスタート直後は4,5番手であったが、その後2番手に上がって行き先頭を行く3番の「クープデュモンド」 に外から並んで行く。最後のコーナーでは、トップで回り直線を向いてから残り400の時は既に単独で先頭を走り残り200になると後続馬を5馬身、6馬身と離して行き最後は「(コンフィデンス」に3 1/2馬身差で快勝。

まだ新馬戦を勝ちあがって来たばかりの馬であるが、新馬戦での勝ち方は見事であった事から今回も充分連に絡む可能性はあるであろう。

2枠2番マイネルスフェーン 牡3歳 斤量56.0 調教師:手塚貴久(美浦) □□←□ 
父:ステイゴールド 母:マイネジャーダ 母の父:Jade Robbery
柴田大

近走のレース結果

2016/12/25 5中山9 晴 9 ホープフルS(G2) 14頭立て 7枠 11番 オッズ47.3 8番人気 2着 シュミノ 55 芝2000 良 タイム2:01.5 着差0.2 通過 9-9-9-8 ペース35.6-36.6 上り36.0 438(0) 1着馬 レイデオロ 2,714.6

2016/11/27 5東京8 曇 3 2歳未勝利 15頭立て 8枠 15番 オッズ2.0 1番人気 1着 柴田大知 55 芝2000 良
タイム 2:03.4 着差-0.1 通過 14-9-7 ペース37.7-35.4 上り34.9 438(+6) 2着馬 (バトルスピリッツ) 500.0

新馬戦を含め6戦目でようやく未勝利戦で勝利をした。そして前走の2着は大きな1走であったと思う。
ステイゴールド産駒であるので体は比較的小さいが、デビュー当時より馬体重は16`とレースを重ねるごとに大きくなっている事から、今回のレースでも他馬と比べても大きく期待が持てる。


2枠 3番イブキ 牡3歳 斤量56.0 調教師:奥村武(美浦) □←□□
父:ルーラーシップ 母:ピサノドヌーヴ 母の父:アグネスタキオン
柴田善

近走のレース結果

2016/08/28 2新潟10 晴 11 新潟2歳S(G3) 15頭立て 2枠 3番 オッズ5.7 2番人気 3着 田辺裕信 54 芝1600 良 タイム 1:34.5 着差0.2 通過 4-4 ペース36.0-33.6 上り33.7 466(+4) 1着馬 ヴゼットジョリー 788.3

2016/06/12 3東京4 晴 5 2歳新馬 12頭立て 7枠 9番 オッズ4.7 3番人気 1着 M.デム 54 芝1800 良
タイム 1:49.9 着差-0.1 通過 2-4-3 ペース36.2-35.2 上り34.8 462(0) 2着馬 (レジェンドセラー) 700.0

新馬戦ではスタート後は、5番手ぐらいに付き、少し引っかかりながら初めのコーナーへと向かう、そして残り800の頃には4番手となる3コーナーと4コーナーとの間で徐々に馬郡は縮まり、前の馬達は直線を向き広がった形になる。残り400を切って「イブキ」は先頭集団に並んで来る。残り200で先頭に付き1/2馬身差での勝利。          

前走は 新潟2歳S(G3)1600で3着と言う成績であったが、むしろ父親である「ルーラーシップ」は中距離を得意としてきた馬で、「イブキ」は「ルーラーシップ産駒」で初めての新馬戦勝ち馬である。「ルーラーシップファン」だった私にとってはひいき目もあるのかも知れないが、ぜひとも新馬戦の時の粘りを見たいものだ。

3枠 4番ポポカテペトル 牡3歳 斤量56.0 調教師:友道康夫(栗東) □←□□
父:ディープインパクト 母:ミスパスカリ 母の父:Mr. Greeley
戸崎圭

近走のレース結果

2016/12/25 5阪神9 晴 6 2歳500万下 8頭立て 1枠 1番 オッズ4.9 3番人気 5着 シュタル 55 芝2000 良
タイム 2:05.2 着差0.2 通過 3-3-4-4 ペース38.8-35.6 上り35.5 478(-6) 1着馬 ダノンディスタンス 72.0

2016/11/20 5京都6 曇 5 2歳新馬 10頭立て 1枠 1番 オッズ3.3 2番人気 1着 ムーア 55 芝2000 良
タイム 2:03.6 着差0.0 通過 2-3-3-4 ペース38.0-35.0 上り34.8 484(0) (シャドウマリア) 700.0

新馬戦ではスタート後、内側から2番手に付きその後レースの流れで常に先団にいるが、最初のコーナーと次のコーナーとの間で3番手となり、また最後のコーナーを回った所で、直線に向き前が広がった所で先団に追いついて来て最後は、混戦の中クビ差で差して1着となる。    

前走で8頭立ての中5着と言う成績、及び新馬戦での勝ち方を考えると今回は難しいのではないだろうか?     

3 枠5番ジュニエーブル 牡3 斤量 56.0 吉田豊 調教師;竹内 □←□□
父スズカフェニックス 母ピーチフィズ(スウェプトオーヴァーボード
吉田豊

近走のレース結果

2017/01/07 1中山2 晴 9 寒竹賞(500万下) 9 頭立て1 枠1 番1オッズ9.6 7番人気 8着 吉田豊 56 芝2000 良
タイム 2:02.4 着差0.9 通過 5-5-5-5 ペース36.0-35.3 上り35.8 448(+4) 1着馬 ホウオウパフューム

2016/12/17 5中山5 晴 9 ひいらぎ賞(500万下) 13頭立て 7枠 11番 オッズ118.5 12番人気 5着 吉田豊 55 芝1600 良 タイム 1:35.2 着差0.4 通過 3-3-3 ペース35.1-35.7 上り35.5 444(0) 1着馬 アウトライアーズ 100.0

2016/11/27 5東京8 曇 7 ベゴニア賞(500万下) 13頭立て 4枠 4番 オッズ110.7 12番人気 8着 吉田豊 55 芝1600 良 タイム 1:36.2 着差0.6 通過 3-3 ペース35.7-34.6 上り34.8 444(+12) 1着馬 サトノアレス

2016/09/24 4阪神5 曇 9 ききょうS(OP) 9頭立て 2枠 2番 オッズ24.1 8番人気 6着 古川吉洋 54 芝1400 稍
タイム 1:23.0 着差0.7 通過 5-5 ペース35.3-34.8 上り35.0 432(0) 1着馬 ジューヌエコール

4枠 6番ニシノアモーレ 牝3 斤量54.0 調教師;上原  □□←□
父コンデュイット 母ニシノマナムスメ(アグネスタキオン)
大野

近走のレース結果

2016/08/13 2新潟5 晴 5 2歳新馬 14頭立て 6枠 10番 オッズ34.9 9番人気 1着 大野拓弥 54 芝1800 良 タイム1:49.6 着差-0.7 通過11-11 ペース36.0-34.8 上り33.9 420(0) 2着馬 (オメガジェルベーラ)

新馬戦ではスタート直後は後続から3コーナーを過ぎても後ろから3番目の位置。その後4コーナーを回り、直線200メートル手前で外を付いて、追い上げて来る。そして最後は2着馬と4馬身差で見事な勝利。

新馬戦後5か月の休養明けでの今回のレース。新馬戦が「新潟」だった為にこれだけのパフォーマンスが見られたのではないだろうか?近親馬には姉ニシノリンド・兄セイウンジャイがいるが、これから良くなってくる馬と私は思う。新馬戦の結果だけでは、答えは出せない。           
4枠 7番サンティール 牝3 斤量54.0 調教師;鹿戸 □←□□
父ハービンジャー 母サンヴィクトワール(サンデーサイレンス
内田博

近走のレース結果

2016/12/04 5中山2 晴 4 2歳未勝利 15頭立て 2枠 2番 オッズ6.1 2番人気 1着 シュミノ 54 芝1800 良
タイム 1:49.5 着差-0.3 通過 3-4-3-3 ペース36.9-36.1 上り35.8 452(-4) 2着馬 (エスティーム) 500.0

2016/09/17 4中山3 晴 5 2歳新馬 12頭立て 6枠 8番 オッズ5.2 3番人気 3着 北村宏司 54 芝1800 良
タイム 1:52.8 着差0.7 通過 6-5-4-4 ペース39.5-34.7 上り35.2 456(0) 1着馬 アルミューテン 180.0

前走の未勝利戦では、内枠で内々を付い最後の直線200で抜け出て2馬身差での勝利であった。混合レースでもあり、同じ中山を2回経験している事から、距離は200延びるがベテランの内田Jの腕が問われるだろう。


5枠 8番コマノインパルス 牡3歳 斤量56.0 調教師:菊川正達(美浦) □□←□
父:バゴ 母:コマノアクラ 母の父:フジキセキ
田辺

近走のレース結果

2016/12/03 5中山1 曇 9 葉牡丹賞(500万下) 12頭立て 8枠 12番 オッズ28.9 9番人気 2着 田辺裕信 55 芝2000 良 タイム 2:01.2 着差0.2 通過 9-9-9-9 ペース36.3-35.9 上り35.3 464(+10) 1着馬 レイデオロ 407.4

2016/10/22 4東京6 曇 5 2歳新馬 16頭立て 1枠 1番 オッズ8.5 4番人気 1着 田辺裕信 55 芝2000 良
タイム2:05.7 着差0.0 通過3-3-5 ペース38.2-34.1 上り33.8 454(0) 2着馬 (ブリッツシュラーク) 700.0

新馬戦ではスタートは1枠2頭が好スタートに飛び出し、同馬は常に3番手集団に付き、最後のコーナーは内を5番手で回って来る。残り400で前をうかがい、200を切った所で内から1番手に上がり後ろの馬を付き離しに来るが、内・外(ブリッツシュラーク)との争いになるが、追いつかれる事無くクビ差の勝利。


前走の葉牡丹賞では、外枠から後方でずっとレースを進め4コーナーを回り直線を向き後方から一気に抜け出してその後更に後方にいた「レイデオロ」に差されてしまうのであるが、この時の追い込みかたが見事であった事から、今回も同じ条件の中で、上位に食い込むのは間違いないと思う。

5枠9番 アダマンティン 牡3 56.0 調教師;大竹 □□←□
父ハービンジャー 母キラリダイヤモンド(フジキセキ)
横山典

近走のレース結果

2016/12/24 5中山8 晴 3 2歳未勝利 17頭立て 4枠 8番 オッズ19.7 7番人気 1着 北村宏司 55 芝2000 良
タイム 2:04.4 着差0.0 通過 5-5-8-7 ペース37.3-37.1 上り36.7 538(+4) 2着馬 (エスティーム) 500.0

2016/12/04 5中山2 晴 6 2歳新馬 8頭立て 8枠 8番 オッズ2.4 1番人気 3着 北村宏司 55 芝2000 良 タイム 2:06.8 着差0.9 通過 4-3-3-2 ペース37.7-34.5 上り35.1 534(0) 1着馬 ビートマッチ 180.0

前走の未勝利戦では、頭差での1着を考えまたタイム的には同じ枠の「コマノインパルス」の前走2着のタイムと3秒以上の差がある。よく同じ枠で人気馬と人気薄の馬の場合、人気薄の馬が来る場合がある。などと言われる事もあるが、同じ中団からの馬で上手くくっついて回ってきた時にどの様な結果が出るか?


6枠10番アダムバローズ 牡3歳 斤量56.0 調教師:角田晃一(栗東) ←□□□
父:ハーツクライ 母:チャチャリーノ 母の父:Unbridled's Song
蛯名

近走のレース結果

2016/11/26 5京都7 曇 11 ラジオN杯京都2歳S(G3) 10頭立て 7枠 7番 オッズ10.8 5番人気 10着 藤岡康太 55 芝2000 良 タイム 2:04.2 着差1.6 通過 2-2-2-2 ペース36.4-34.4 上り35.9 504(+2) 1着馬 カデナ

2016/10/15 4京都4 晴 9 紫菊賞(500万下) 9頭立て 1枠 1番 オッズ6.0 4番人気 1着 藤岡康太 55 芝2000 良
タイム 2:00.9 着差-0.1 通過 1-1-1-1 ペース36.1-35.0 上り35.0 502(+10) 2着馬 (ワンダープチュック) 1,020.3

2016/08/13 2小倉5 晴 2 2歳未勝利 16頭立て 8枠 15番 2.8 1番人気 1着 浜中俊 54 芝1800 良
タイム 1:49.2 着差-0.2 通過 5-5-4-3 ペース36.5-36.5 上り36.1 492(+2) 2着馬 (ソーグリッタリング) 500.0

2016/06/11 3阪神3 晴 5 2歳新馬 11頭立て 6枠 6番 オッズ3.2 1番人気 2着 浜中俊 54 芝1400 良
タイム 1:23.1 着差0.2 通過 3-3 ペース35.2-35.7 上り35.6 490(0) 1着馬 キャスパリーグ 280.0

前々走は、逃げての1着。未勝利戦を合わせると今回の出走馬の中で唯一の2勝馬となるが、同じ京都2000で最下位だったと言う事が、マイナス点になるのではないだろうか?今回は恐らく輸送のリスクもある事から、どれだけテンションが上がらず走れるかにかかって来るであろう。

6枠 11番ガンサリュート 牡3歳 斤量56.0 調教師:安田隆行(栗東) □←□□
父:ダノンシャンティ 母:ベネディーレ 母の父:クロフネ
北村友

近走のレース結果

2016/10/15 4京都4 晴 3 2歳未勝利 11頭立て 2枠 2番 オッズ2.1 1番人気 1着 川田将雅 55 芝1800 良
タイム 1:47.2 着差-0.2 通過 3-3 ペース35.2-36.1 上り36.0 500(-2) 2着馬 (ハローユニコーン) 500.0

2016/10/01 4阪神7 曇 3 2歳未勝利 16頭立て 2枠 3番 オッズ4.3 2番人気 2着 北村友一 55 芝1800 稍
タイム 1:49.2 着差0.1 通過 2-2 ペース36.1-35.6 上り35.6 502(-4) 1着馬 カデナ 200.0

2016/09/10 4阪神1 晴 2 2歳未勝利 18頭立て 5枠 10番 オッズ19.3 8番人気 2着 北村友一 54 芝1800 良
タイム 1:46.9 着差0.7 タイム 7-6 ペース34.8-34.6 上り35.0 506(-10) 1着馬 リスグラシュー 200.0

2016/08/21 2小倉8 晴 5 2歳新馬 10頭立て 5枠 5番 オッズ4.9 2番人気 4 北村友一 54 芝1800 良
タイム 1:54.6 着差1.5 通過 5-4-4-5 ペース38.9-35.6 上り36.7 516(0) 1着馬 ペルシアンナイト 110.0

馬体重がデビュー時より、前走までに16`も減っていると言う事は体が絞れてきたと考えられるであろう。3か月の休養明けで、またその馬体がどの様になっているか?また先行型の馬なので200の壁を越えられるかに問題がある。

7枠 12番アサギリジョー 牡3 斤量56.0 石川 調教師;相沢 □□□←
父ジャングルポケット 母メイクヒストリー(サンデーサイレンス)
石川

近走のレース結果

2016/12/03 5中山1 曇 9 葉牡丹賞(500万下) 12頭立て 3枠 3番 オッズ24.6 8番人気 3着 石川裕紀 55 芝2000 良 タイム 2:01.8 着差0.8 通過 12-12-12-12 ペース36.3-35.9 上り35.3 486(-2) 1着馬 レイデオロ 253.7

2016/11/05 5東京1 晴 3 2歳未勝利 14頭立て 3枠 3番 オッズ8.5 4番人気 1着 石川裕紀 54 芝2000 良
タイム 2:02.5 着差0.0 通過 3-4-4 ペース36.9-35.1 上り34.8 488(-4) 2着馬 (マイネルスフェーン) 500.0

2016/10/16 4東京5 曇 4 2歳新馬 13頭立て 4枠 5番 オッズ23.6 8番人気 2着 江田照男 55 芝1800 良
タイム 1:53.2 着差0.0 通過 13-10-5 ペース38.5-34.7 上り34.5 492(0) 1着馬 エバープリンセス 280.0

前走の「9 葉牡丹賞(500万下)」では、最後の最後まで後方にいてその後直線を向いてから前にいる馬郡の中を抜けて来て、着差はあったが、3着で入戦したと言うのが同馬の根性差を物語っていたようにも思える。
「9 葉牡丹賞(500万下)」の2着馬も本レースに出走してくるが、今回のレースでは唯一の追い込み馬なのでどの様にして追い込んで来るかが見せ所になるのではないだろうか?


7枠 13番メリオラ 牡3歳 斤量56.0 調教師:中竹和也(栗東) □←□□
父:Giant's Causeway 母:Stop Traffic 母の父:Cure the Blues
吉田隼

近走のレース結果

2016/12/25 5中山9 晴 9 ホープフルS(G2) 14頭立て 7枠 12番 オッズ37.8 7番人気 6着 蛯名正義 55 芝2000 良 タイム 2:01.9 着差0.6 通過 5-6-6-4 ペース35.6-36.6 上り36.8 416(-2) 1着馬 レイデオロ

2016/09/11 4阪神2 晴 5 2歳新馬 9頭立て 5枠 5番 オッズ19.4 5番人気 1着 M.デム 54 芝2000 良
タイム 2:03.2 着差0.0 通過4-4-3-3 ペース37.3-34.3 上り34.1 418(0) 2着馬 (スワーヴリチャード) 700.0

新馬戦ではスターと後向正面では2番の「クリノハリウッド」が大逃げを打つが3コーナー辺りで、馬群へとなって行きその中最終コーナーを3番手で回る。200を超えた後2番手に上がって行き、ゴットルンタに迫って行くが、後位から「スワーヴリチャード」が末脚を生かし上がって来るも「鼻差」で勝利。       
父、母共に海外で大活躍していた良血馬。前走、また新馬戦勝ちはしたが、その2走を見てみるとまだまだ底力を出し切っていない様にも見える。これから活躍する馬なのであろう。


8枠 14番ベストリゾート 牡3歳 斤量56.0 調教師:木村哲也(美浦) □□←□
父:ハービンジャー 母:ガラディナー 母の父:サンデーサイレンス
北村宏

近走のレース結果

2016/12/25 5中山9 晴 9 ホープフルS(G2) 14頭立て 8枠 13番 オッズ22.1 6番人気 4着 北村宏司 55 芝2000 良 タイム 2:01.8 着差0.5 通過 11-11-12-12 ペース35.6-36.6 上り36.1 472(+8) 1着馬 レイデオロ 1,000.0

2016/10/15 4東京4 晴 3 2歳未勝利 12頭立て 7枠 9番 オッズ5.7 3番人気 1着 田辺裕信 55 芝1800 良
タイム 1:48.9 着差-0.3 通過 8-6-5 ペース35.8-35.3 上り34.9 464(+2) 2着馬 (オールザゴー) 500.0

2016/09/25 4中山6 晴 5 2歳新馬 13頭立て 5枠 7番 オッズ6.9 3番人気 2着 田辺裕信 54 芝2000 良
タイム 2:02.9 着差0.0 通過 2-2-2-1 ペース37.3-35.6 上り35.6 462(0) 1着馬 キャナルストリート 280.0

前々走の未勝利戦では、中団で徐々に上がって来て最後直線を向き200を切ってから先頭に並び見事2馬身差の勝利を収めている。前走では4着ではあるが好走している事から、血統的な事も加味して同レースの4「ハービンジャー産駒の3連勝を見たいものだ。

8枠 15番バリングラ 牡3 斤量56.0 石橋脩 調教師;堀 □←□□
石橋脩
父Fastnet Roc  母Sweet Dreams Baby (モンジュー)

近走のレース結果

2017/01/05 1中山1 晴 9 ジュニアC(OP) 16頭立て 5枠 10番 オッズ3.8 2番人気 6着 川田将雅 56 芝1600 良
タイム 1:35.0 着差0.3 通過 10-9-9 ペース34.2-36.5 上り35.7 524(0) 1着馬 ナイトバナレット

2016/11/26 5東京7 晴 5 2歳新馬 14頭立て 7枠 11番 オッズ1.3 1番人気 1着 ムーア 55 芝1600 良
タイム1:36.5 着差-0.4 通過2-2 ペース36.1-35.4 上り35.0 524(0) 2着馬 (ケイティクロス) 700.0

新馬戦ではバラっとスタートした後、常に2番手を守り逃げる6番ディアパリスに大きく差を付けられるが、直線を向き残り200を切って先頭に立ち、後続を引き離し2 1/2馬身差での勝利。


新馬戦、前走ではマイルを走っており果たして同馬に2000の適正があるかどうかがわからない。しかし、母方の父親が「凱旋門賞」で優勝した「モンジュー」と言う事に魅力を感じる。いきなり2000では無く1800を走ってもらいたかった。



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「京成杯(GIII) 」について
「京成杯(GIII) 」について 「皐月賞」と同じコースで行われた「京成杯」 ...続きを見る
SNOW FARM
2017/01/15 16:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京成杯(GIII)  SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる