SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 「「京都記念(GII)の勝敗  果たして「マカヒキ」は・・・」」について

<<   作成日時 : 2017/02/12 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「京都記念(GII)の勝敗  果たして「マカヒキ」は・・・」」について
今回の、1着から3着まで

1着 6枠 6番 サトノクラウン 牡5 58.0 M.デムーロ タイム2:14.1   上り34.9 490 +6 堀宣行 3番人気

昨年の同レースの勝ち馬。しかも3馬身差の圧勝での完勝。昨年も馬場は重馬場であり、今回の馬場でも十分に可能ではないだろうか?また、昨年の暮れに「ステイゴールド」が優勝して以来勝っており、実力は十分である。ただこの馬も一つ問題がある。それは、余りにも最近はいい成績を収めたかと思えば次走凡走してしまったり・・・第二の「ゴールドシップ」なのかもしれないが、ここはしっかりと斤量は58`と一番重いが多くのファンの応援に答えてもらいたい。

2着 4枠 4番 スマートレイアー 牝7 54.0 岩田康誠 タイム2:14.3 着差1 1/4 上り34.8 476 +1 大久保龍志 5番人気

どちらかと言えば、マイル馬と言っても良いであろう、しかし5走前の東京新聞杯(G3)においてはマイルではあるが、牡馬に勝っている。京都競馬場は3回経験しており、「エリザベス女王杯・2回」「秋華賞・1回」と全て5着・10着・2着と勝利はしていない。それも、牝馬だけのレースであった。しかし今回の斤量は54`であると言う事と、「エリザベス女王杯」と同じコースと言う事を考えると・・・展開が上手くいけば・・・と言う所であろうか。

3着枠 3枠 3着 マカヒキ 牡4 57.0 R.ムーア タイム2:14.3 着差クビ 上り34.9 502 前計不 友道康夫 1番人気

昨年の3歳馬は正に3強と言っていいであろう。そこで、マカヒキは「ダービー」を制したわけだが、その結果は「サトノダイヤモンド」と「ハナ差」の勝利。「皐月賞」に関しては終わった後に「人気薄だったディーマジェスティ」の勝利とまで言われていたが、それは「ディーマジェスティ 」が暮れに中山のレースを回避してしまいその潜在能力がわからなかったからだと思う。京都では新馬戦と若駒S(OP)(共に芝2000)で勝利をしているが、今回は古馬と共に57`と言う斤量を背負ってどこまで頑張れるか?また馬場も今までは「良馬場」でしか走っていない事に不安を感じる。


レースの流れ

予想の通り「ヤマカツライデン」が逃げを打ち、その後を何故か「追い込み馬」の「 ガリバルディ」が追いかける形となる。
その後、「サトノクラウン」がちょっと離れて走り・・・その後ろに「スマートレイアー」が付いていたのだ。
しかし、大逃げしていた「ヤマカツライデン」は直線でばててしまい後ろに下がって行ってしまった。
でも、良く考えてみれば私のコメントに「誰もが太鼓判を押す逃げ馬。勝利する時は後続馬を寄せ付けずに買っている事から、何やら時々「スズカ」を思い出す事もある。京都芝2400の「白川特別(1000万下)」でも逃げ切っているので、上手く自分のペースに持ち込んで逃げれれば可能性はあるのではないだろうか?馬場が今回心配ではあるが4走前の「木曽川特別(1000万下)」では「稍重」で逃げて勝利している事から、重にならない限り大丈夫ではないだろうか?」


稍重であったが、キャリアが違ったのかな?

まぁ・・・百円しか買って無かったから良いかな?

画像


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
的中おめでとうございます。
今日は当たりませんでした。
回収率235%
明日当たりますように
隊長
2017/02/12 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「「京都記念(GII)の勝敗  果たして「マカヒキ」は・・・」」について SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる