SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 4歳馬ゴールドドリームV! 急逝の父に捧げるGI初制覇!/フェブラリーS

<<   作成日時 : 2017/02/19 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フェブラリーステークス(GI) 果たしてどの馬が頂点に立つのか?」について

 19日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)は、中団でレースを進めた.デムーロ騎手騎乗の2番人気ゴールドドリーム(牡4、栗東・平田修厩舎)が、直線で馬場の中ほどから各馬を差し切り、内で脚を伸ばした5番人気ベストウォーリア(牡7、栗東・石坂正厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒1(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に1番人気カフジテイク(牡5、栗東・湯窪幸雄厩舎)が入った。なお、連覇のかかっていた3番人気モーニン(牡5、栗東・石坂正厩舎)は12着に終わった。

 勝ったゴールドドリームは、父ゴールドアリュール、母モンヴェール、その父フレンチデピュティという血統。並みいる年上の強豪を見事打ち破り、初のGI制覇、そして18日に急逝した父ゴールドアリュールとの父子制覇(※)を果たした。また、鞍上のM.デムーロ騎手は昨年のモーニンに続く連覇となった。(NETKEIBAより)

緑色のうんちくを並べていた馬を5頭ボックスで買えば、多少なりともプラスになったものの・・・「コパ」はきっぱりと切って、その代わりに逃げ馬の穴になるかも知れないない何て思った馬がいたから、迷いが生じたボックス、三連複、何て少ない軍資金で結局は取れないなんてね・・・。今年も、GTはデムーロに始まりました。デムーロとルメールの言葉に置き換えると・・・「ゴールドドリームは凄く良い馬だで、去年もモーニン良かった馬だったで、やっぱり今年初めてのGT勝ててうれしいだででね」ルメールだったらノンコノユメの事どういっただろうかな?「ノンコノユメは男の子じゃなくなってからちょっとダメ、男の子の時の方が良かったかもね、でも可愛い良い仔で好きな仔でかわいいで」って感じ?「ノンコノユメやっぱり男の子の時の方が強かったような気がする。アルバートは、昨日は去勢して良くなったけど・・・可愛そうだで・・・男の仔去勢しちゃうと・・・どんなに良い馬でも血が残せないだね。強くても・・・DNA残せないだね。競馬は血統が命だね。「以前は、1年間の軍資金は1万円って決めていて、お財布も完全に「馬券財布」にしていて最終的には1年間回っていたんだよね〜と言う事は?最終的には年間プラスで終わっていた。そう言えば、何年か前に「東京大賞典」で1万円3連単一点買いで5万円近くなった事もあった。今日は人から頼まれて、何故かその人の買い目に「4番」が入っていて・・・「4番って誰だったっけ?」「コパだったのかか・・・」と。そうそう・・・以前上司とのやり取りで「今日の東京大賞典誰が来る?」に対して「来るなら、やっぱり3頭中央」と・・・「人気馬なら、誰を切る?」とのメールに「武のコパ」と・・・あの時は買わなかったけれど、しっかりと3頭だけで当てていた。「9歳の馬が来るとは思わなかった」と返信が来た。このブログの中にも、その時のやり取りが残っているだろう。

今日のレースの流れ
綺麗なスタート後、15番の「ケイティブレイブ」と12番の「マル地ニシケンモノノフ」が逃げる中、ダートコースに入り4番の「コパノリッキー」が2馬身差で3番手に付く。「モーニン」も先団手に付きい1番人気の「 カフジテイク」は後方から3番手に付いていた。そのままレースは進んで行き、最後のコーナーを回り「ケイティブレイブ」が逃げる中、直線を向き一瞬「コパノリッキー」が先頭に立つ形となるが後ろから「ゴールドドリーム 」が追い込んで来て中団で走っていた「 マル外ベストウォーリア」と並ぶ形になる。そして更に一番最後方から「カフジテイク」追い込んで来て「ゴールドドリーム」はクビ差で「マル外ベストウォーリア 」を交わし、3着に「カフジテイク」が素晴らしい末脚で突っ込みレースは決着した。


1着2r枠 3番 ゴールドドリーム 牡4 57.0 Mデムーロ タイム1:35.1 2番人気 オッズ5.0 上り35.6 (栗東)平田 520(+4)
過去の東京ダート1600の成績(2・1・0・0)
地方も含め今まで8走しており、連を外したのは前走の「チャンピオンズC(G1) 」のみである。父親は同レースを過去優勝しており、母方の方もダートに関しては申し分も無いほどの血統である事よりまだ4歳馬ではあるが素質は十分あるであろう。

2着5枠 9番 ○外ベストウォーリア 牡7 57.0 戸崎圭 タイム1:35.1 着差クビ 5番人気 オッズ7.6 上り35.7 (栗東)石坂 516(-4)
過去の東京ダート1600の成績(3・1・2・2)
過去の東京ダート1600の成績(3・1・2・2)
過去3回同レースに出走しており一昨年は3着と言う成績を収めている。東京ダート1600は過去8回経験しておりその中で1着・3回、2着・1回、3着・2回と言う成績を残しており、最近の成績も安定している事から十分に連に絡む可能性もあるのではないだろうか。


3着5枠 10番 カフジテイク 牡5 57.0 津村 タイム1:35.2 着差3/4 1番人気 オッズ4.5 上り34.9 (栗東)湯窪 486(+2)
過去の東京ダート1600の成績(0・0・1・0)
晩成型の馬で最近になりメキメキと力を付けて来ている。前走の「根岸S(G3)」1400及び「グリーンチャンネルC(OP」1400では、今回のレースより200短いが2着馬と見事な追い込みで1馬身差で追い込んで来て勝利しており、その上りタイムも「34.5秒」「34.4秒」と見事な末脚であった。前々走の「チャンピオンズC(G1)」でも「サウンドトゥルー」と0.2秒差の4着は素晴らしいものである。また前走は「良馬場」にもかかわらず1着だったと言う事は今回も明らかに良馬場で行われると予想できるので、一押しの馬ではないではないだろうか。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4歳馬ゴールドドリームV! 急逝の父に捧げるGI初制覇!/フェブラリーS  SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる