SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京新聞杯(GIII)」の結果

<<   作成日時 : 2017/02/07 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京新聞杯(GIII)」について

きさらぎ賞同様、此方も10頭と少頭数になってしまいましたね。それなのに・・・まぁ・・・いいか。

今回は、全て4歳馬が連に絡んだ。そろそろ世代交代なのかな?それにしても、まさか「ブラックスピネル」が逃げるとは・・・びっくりポンでした。それも、逃げて上りが32.7秒。恐ろしや・・・スローペースだったからかな?と思うのですが。
1番人気の「エアスピネル」は他の2頭と斤量が1`重かったからかな・・・とも思った次第で・・・2着、3着の馬も32秒台で上がっているけれど、逃げた馬がこの上りタイムで逃げたらやっぱり苦しい。



【東京新聞杯】ブラックスピネル超スローにもちこみ逃げ切りV

「東京新聞杯・G3」(5日、東京)

 アメリカズカップがきさらぎ賞で断然人気サトノアーサーを撃破してから約10分後、ブラックスピネルがエアスピネルに京都金杯の雪辱を果たした。

 意表を突く逃げだった。1000メートル通過62秒2の超スローに持ち込んだ時点で、勝利の女神はにっこりとほほ笑んだ。上がり3Fは32秒7。プロディガルサンが怒濤(どとう)の追い込みで迫ったが、首差しのいで重賞初Vだ。

 M.デムーロの戦う姿勢が、最大の勝因だろう。「ハナは考えていなかったが、スタートが良くて他に行く馬がいなかったから。初めて逃げたから物見をして、息を入れることができた。直線の手応えもすごく良かったよ」としてやったりの笑顔だ。

 音無師は、きさらぎ賞の表彰式に登壇。そこでレース映像をチェックした。「ミルコとは前々で競馬しようと話していたが、ハナに行くとは予想外。よく粘ってくれた。この後はひと息入れてマイラーズC(4月23日・京都)に向かいます」と鞍上のファインプレーを称賛する。

 音無厩舎は昨年の最優秀短距離馬ミッキーアイルが先日、電撃引退したばかり。ブラックスピネルは後継馬としての可能性を秘めている。M.デムーロは「本当にいい馬。大好き。G1レベルのものを持っている」とゾッコンの様子。マイル路線にスター候補が誕生した。

(提供:デイリースポーツより)


1着 2枠 2番 ブラックスピネル 牡4 56.0 M.デムーロ タイム1:34.9   上り32.7 506 -6 音無秀孝 3番人気

10頭立て 2枠 2番 オッズ6.4 3番人気 1着 M.デム 56 芝1600 良
タイム1:34.9 着差0.0 通過1-1 ペース37.2-32.7 上り32.7 506(-6) 2着馬 (プロディガルサン) 3,937.8

2着 5枠 5番 プロディガルサン 牡4 56.0 田辺裕信 タイム1:34.9 着差クビ 上り32.0 512 +22 国枝栄 5番人気

10頭立て 5枠 5番 オッズ11.4 5番人気 2着 田辺裕信 56 芝1600 良
タイム1:34.9 着差0.0 通過6-6 ペース37.2-32.7 上り32.0 512(+22) 1着馬 ブラックスピネル 1,610.8

3着 7枠7番 エアスピネル 牡4 57.0 武豊 タイム1:35.0 着差1/2 上り32.3 484 +4 笹田和秀 1番人気

10頭立て 7枠 7番 オッズ1.8 1番人気 3着 武豊 57 芝1600 良
タイム1:35.0 着差0.1 通過5-5 ペース37.2-32.7 上り32.3 484(+4) 1着馬 ブラックスピネル 985.4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「東京新聞杯(GIII)」の結果 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる