SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS ライジングリーズンが連勝、桜花賞切符を獲得/アネモネS

<<   作成日時 : 2017/03/11 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のアネモネステークス 3歳牝馬オープン戦」について
.
 11日、中山競馬場で行われたアネモネS(3歳・牝・OP・芝1600m)は、後方でレースを進めた丸田恭介騎手騎乗の1番人気ライジングリーズン(牝3、美浦・奥村武厩舎)が、3〜4コーナーで外から進出して、直線で各馬を差し切り、内で脚を伸ばした3番人気ディアドラ(牝3、栗東・橋田満厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒7(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に5番人気スズカゼ(牝3、美浦・伊藤正徳厩舎)が入った。なお、2番人気リエノテソーロ(牝3、美浦・武井亮厩舎)はスズカゼとクビ差の4着に終わった。

 勝ったライジングリーズンは、父ブラックタイド、母ジョウノファミリー、その父キングカメハメハという血統。10番人気で制したフェアリーSに続く連勝となった。また、本馬及び2着のディアドラは、4月9日に阪神競馬場で行われる桜花賞の優先出走権を獲得した。(NETKEIBAより)

レースの流れ

スタート後の先行争いの中、「2番ショーウェイ 」「3番クーリュ 」「7番ゴールドアピール 」その3頭を追う「12番スズカゼ 」2コーナーを回り、「6番ディアドラ 」は中団、「14番ライジングリーズン」は後方から2頭目。その後、2-7-12番の順になり更に7番が少し後退し15ばんが上がって来る。4コーナー手前で内から「ディアドラ」が上がって来て外から「ライジングリーズン」も上がって来る。直線を向き内から「スズカゼ」が上がって来て、また「6番ディアドラ」も抜け出して来るが、最後は外から「14番ライジングリーズン」が上り下記の着順となる。

着順

1着 7枠 14番 ライジングリーズン  牝3 54.0 丸田 タイム1:34.7 1番人気 オッズ3.1 上り35.1 (美浦)奥村武 482(-2)

新馬戦では、比較的強い勝ち方をしており次走の「アルテミスS(G3) 」東京芝1600の人気と結果が気になる所だが・・・それを打ち消したのが前走の「11 フェアリーS(G3) 」(中山芝1600)の1着である。 新馬戦も前走今回のレースと同じコースである事から、外せない一頭である事は確かであろう。  

2着 3枠 6番 ディアドラ 牝3 54.0 シュタルケ タイム1:34.8 着差1/2 3番人気 オッズ5.4 上り35.7 (栗東)橋田 472(-4)

同馬は過去7走走っおりて、新馬戦も含め3走目の未勝利戦(新潟芝1400)で勝利をしている。その後↑「KBSファンタジーS(G3)」3着「白菊賞(500万下」2着「つわぶき賞(500万下)」4着と言う結果を出しているが、今回も連に絡む可能性は十分あるのではないだろうか?

3着 6枠 12番 スズカゼ 牝3 54.0 大野 タイム1:34.9 着差3/4 5番人気 オッズ10.0 上り36.2 (美浦)伊藤正 468(-6)

過去7走走ってきた同馬であるが、初めて勝ったのは6走前福島芝1200であった。その後2走前に「 菜の花賞(500万下)」(中山芝1600)で先行して、前にいる馬達を押しのけ後ろから迫って来る馬から3/4馬身差で勝利を収めた。1600は新馬戦(東京芝1600・8着)と「 菜の花賞(500万下)」(中山芝1600)の2走であるが、今回と同じコースで行う事と、名前が大好きな私にとっては・・・買ってしまうであろう。


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライジングリーズンが連勝、桜花賞切符を獲得/アネモネS  SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる