SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 現役最強はキタサンブラック! レコードで連覇達成!/天皇賞・春

<<   作成日時 : 2017/04/30 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年 天皇賞(春)(GI) 馬番決定 果たして盾は誰の手に」について
 
30日、京都競馬場で行われた天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m)は、大逃げ馬から離れた2番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)が、4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、好位追走から脚を伸ばした4番人気シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分12秒5(良、日本レコード)。

 さらにクビ差の3着に2番人気サトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、3番人気シャケトラ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)は9着に終わった。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド、母シュガーハート、その父サクラバクシンオーという血統。頂上決戦と謳われた一戦を見事レコードで制し、史上4頭目となる天皇賞・春連覇を達成した。1番人気馬の本レース制覇は2006年のディープインパクト(当時からこの日までのレコードホルダーでもあった)以来、11年ぶり。

【勝ち馬プロフィール】
◆キタサンブラック(牡5)
騎手:武豊
厩舎:栗東・清水久詞
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬主:大野商事
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:16戦10勝(重賞7勝)
主な勝ち鞍:16年ジャパンC(GI)  (JRAより)

 新たに、「キタサンブラック」の底力を見せつけられた。私は「キタサンブラック」の母方に「バクシンオー」の血が入っている事から、またダービーで「14着」と言う成績を見た時から「皐月賞2000で3着」と言うのが妥当なんだ、と決めつけていた。それが何と「朝日セントライト記念2200」で1着となり、「菊花賞馬」なんてありえない。とズバリとその時点で切ってしまったのだが・・・何と菊花賞馬となり「血統を越えた菊花賞」とも思っていた。それでも、血統重視の私は菊花賞馬の過去を見てみると、最近は「菊花賞だけ勝っている馬」は先に繋がらないと自分を納得し続けていた。しかし、そう思っていた馬が昨年「天皇賞春」を手にしたのには、本当にびっくりしたものだ。
 全てに(私のデーターも)今日はキタサンブラックに「完敗」で終わった。
それにしても、強い馬だな〜古馬になってますます力を付けて来た事に悔しいが拍手を送りたい。
 三連複当たったけれど・・・取り損でした。


着順

1着 2枠 3番 キタサンブラック 牡5 58.0 武豊 タイム3:12.5 1番人気 オッズ2.2 上り35.3 (栗東)清水久 536(-4)

2着 3枠 6番 シュヴァルグラン 牡5 58.0 福永 タイム3:12.7 着差1.1/4 4番人気 オッズ12.0 上り35.2 (栗東)友道 468(-6)

3着 8枠 15番 サトノダイヤモンド 牡4 58.0 ルメール タイム3:12.7 着差クビ 2番人気 オッズ2.5 上り35.0 (栗東)池江 506(0)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
現役最強はキタサンブラック! レコードで連覇達成!/天皇賞・春  SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる