SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の3歳女の仔はやはり強かった。函館スプリントS レコードでV

<<   作成日時 : 2017/06/19 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「函館スプリントステークス(GIII) 函館競馬場 1200m(芝)」」について
 
18日、函館競馬場で行われた函館スプリントS(3歳上・GIII・芝1200m)は、先団の後ろでレースを進めた北村友一騎手騎乗の3番人気ジューヌエコール(牝3、栗東・安田隆行厩舎)が、直線に入って一気に突き抜け、最後は中団から追い上げてきた4番人気キングハート(牡4、美浦・星野忍厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分6秒8(良、コースレコード)。

 さらにクビ差の3着に7番人気エポワス(セ9、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。なお、1番人気セイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)は4着、2番人気シュウジ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は10着に終わった。

 勝ったジューヌエコールは、父クロフネ、母ルミナスポイント、その父アグネスタキオンという血統。昨年のソルヴェイグに続く3歳牝馬のVとなった。重賞は昨年11月のデイリー杯2歳Sに続き2勝目。([中央] 2017年06月18日(日)15時29分より)

 やっぱり今年の三歳の女の仔は強いな〜と思った次第です。斤量が50`と言うのもあったのですが、やはり血統が凄い。「父クロフネ((NHKマイルカップ・ジャパンダートを今の馬齢で3歳の時に優勝)、母の父は新馬戦から皐月賞まで無敗(惜しくも皐月賞の後すぐに引退してしまったが)のアグネスタキオン」ただ・・・私の大好きな「クリスマス」が飛んで最下位だった〜。しかし3着に来た「エポワス」恐るべし。9歳馬をなめたらあかん。しっかり買ってはいたのだが・・・ワイドで押さえておけばよかった
いよいよ夏競馬、本番ですね。夏は「牝馬に葦毛馬」と言われるけれど実は何の根拠もないと言う事で・・・でも確かに葦毛馬も牝馬も夏はどうしても目立ちますよね。これから「サマーシリーズ」でどの様なレースが展開されるかが、楽しみです。


 レースの流れ

スタートは「10番シュージ」が好ダッシュ2番手間「6番クリスマス」内「5番イッテツ」外「12番セイウンコウセイ」
その後「5番イッテツ」は下がって行き「13番ブランボヌール」「9番レヴァンテライオン」「8番ジューヌエコール」その後ろ「5番イッテツ」「3番キングハート」「4番エポワス」その後「11番ホッコーサラスター」「7番エイシンブルズアイ」「1番ラインハート」最後尾に「2番ノボバカラ」最後のコーナーを回り、「10番シュージ」と「12番 セイウンコウセイ 」との一騎打ちの様にも見えたが、後ろから「8番ジューヌエコール」が抜けて来て2頭を追い越し更に後方外から「3番キングハート」その外から差が無く「4番エポワス」が追い込んで来て下記の様な結果となった。


着順

1着 6枠 8番 ジューヌエコール 牝3 50.0 北村友 タイム1:06.8 3番人気 オッズ7.2 33.9 通過6-5 (栗東)安田隆 482(-2)

2着 3枠 3番 キングハート 牡4 56.0 中谷 タイム1:07.2 着差2.1/2 4番人気 オッズ10.1 上り34.2 通過7-7 (美浦)星野 492(+4)

3着 4枠 4番 エポワス セ9 56.0 柴山 タイム1:07.2 着差クビ 7番人気 オッズ22.4 上り34.1 通過7-9 (美浦)藤沢和 484(+6)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の3歳女の仔はやはり強かった。函館スプリントS レコードでV SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる