SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エリザベス女王杯(GT)モズカッチャンが古馬を破って初戴冠! 鮫島師もGI初制覇

<<   作成日時 : 2017/11/14 09:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エリザベス女王杯(GT) 京都競馬場 2200m(芝・外) 定量 (牝) 3歳以上オープン」について
 12日、京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)は、中団の前でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の5番人気モズカッチャン(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線で内から脚を伸ばして、早め先頭から粘る9番人気クロコスミア(牝4、栗東・西浦勝一厩舎)を捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分14秒3(良)。

 さらにアタマ差の3着に3番人気ミッキークイーン(牝5、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、1番人気ヴィブロス(牝4、栗東・友道康夫厩舎)は5着、2番人気ルージュバック(牝5、美浦・大竹正博厩舎)は9着に終わった。

 勝ったモズカッチャンは、父ハービンジャー、母サイトディーラー、その父キングカメハメハという血統。春のオークスで2着、秋の秋華賞で3着と無冠に終わった悔しさを晴らし、新女王の座に輝いた。鞍上のM.デムーロ騎手は、昨年のクイーンズリングに続く連覇を達成。また、本馬を管理する鮫島一歩調教師は、開業18年目で初のJRA・GI制覇となった。

【M.デムーロ騎手のコメント】
 凄く真面目で賢い馬で、いつもいいスタート、いいポジションを取ってくれます。道中はずっといい手応えで、直線も最後まで頑張ってくれました。今京都に住んでいますので、京都でGIを勝つのは特に嬉しいです。応援ありがとうございました。

【勝ち馬プロフィール】
◆モズカッチャン(牝3)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・鮫島一歩
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
馬主:キャピタル・システム
生産者:目黒牧場
通算成績:9戦4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2017年フローラS(GII)

恐るべし、「ハービンジャー産駒」と昨年のメイクデビューの時に思っていたのであるが・・・3歳馬で「女王の座」を取ったか〜と・・・また、2着で逃げ残った岩田ジョッキーから和田ジョッキーに乘り替わった「クロコスミア」本来は「逃げ宣言」をしていたが、「クインズミラーグロ 」の二番手に付いてのレースであった。

 しかし、ここでも恐るべし「京都競馬場」での和田騎手。
最近はGTのタイトルを手にしていないが、モズカッチャンとはクビ差での2着。
 ゴールした時に、和田ジョッキーはデムーロジョッキーに「おめでとう」と言ったらデムーロジョッキーからは「ゴメンナサイネ」と言う言葉が帰って来たようだ。

 この話を聞くと2年前の「朝日杯フューチュリティステークス(GI)」を思い出しますよね〜
唯一、「武豊騎手」はGTで「朝日杯フューチュリティステークス」だけ、手にした事が無い。
しかし、そのタイトルを手に出来るかどうかのレースだったのである。
 まさにゴール前で「エアスピネル 」が勝ったかな?と思いきや後ろからデムーロ騎乗の「 リオンディーズ」がゴール手前で抜いてやはり「武さん、ゴメンナサイネ〜」だったのである。



着順

1着 3枠 5番 モズカッチャン 牝3 54 M.デム タイム2:14.3 通過5-5-4-4 上り34.1 単勝7.7 5番人気 476(-2) 9,682.2

2着 2枠 4番 クロコスミア 牝4 56 和田竜二 タイム2:14.3 着差クビ 通過2-2-2-2 上り34.3 オッズ26.4 9番人気 428(+4) 3,809.2

3着 5枠 10番 ミッキークイーン 牝5 56 浜中俊 タイム2:14.3 着差アタマ 通過12-12-10-11 上り33.7 オッズ7.2 3番人気 442(-6) 2,354.6

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「エリザベス女王杯(GT)モズカッチャンが古馬を破って初戴冠! 鮫島師もGI初制覇 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる