SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日、今日と「日馬富士」と「貴ノ岩」との事で「相撲界」は大慌て。

<<   作成日時 : 2017/11/15 07:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 何となくしっくりと行かない事が多すぎるこの問題。

事件系列を追ってみても、どうも納得いかない所もある。

 事件後にも「貴ノ岩」は練習に出ていたとの事。そして、あれだけの重症を負いながらも四日で退院。

1次会では、日本人力士も含めての飲み会だったと言うが2次会で「貴ノ岩」が「もう、これからは自分たちの時代だ」と言った事にどうやら腹を立てた様である。そして「日馬富士」が「貴ノ岩」に普段「兄弟子などに挨拶もきちんとしない」生活態度が悪いと説教を始めた時に、「貴ノ岩」の携帯が鳴りスマートフォンを操作しようとした所、恐らく「日馬富士」の時々見せる糸が切れて「ビール瓶」で頭を殴り、止めに入ろうとした「白鵬」の事も突き飛ばし、更に止めに入った「鶴竜」にも「お前の教育が悪いんだ」と怒鳴ったようだ。

 その後、同部屋の「照ノ富士」も殴られたようである。

「伊勢ヶM部屋」と言うととにかく、親方自身が厳しい事で有名な部屋である。

 その様な雰囲気になってしまっているのかも知れないが、よほど重症で手術をして入院したりしていてその場所でれない時は、休場するがそれ以外の力士は、どれだけ怪我をしていても休まない。

 もし「照ノ富士」も先場所途中休場と中途半端な事をせずに最初から十分休んでいたら、結果が誓ったのではないだろうか?

 また力士の教育については、本来ならば所属している部屋の「親方」の役割なのである。

では、「貴ノ岩」の生活態度を指導する人は親方である「貴乃花親方」の責任なのである。

 昨日は、朝「伊勢ヶM親方」と「日馬富士」が「貴乃花」にお詫びに行った所目の前で車でさっさと出て行ってしまったと言う。

 何だかな〜・・・普段はあの小さい体で、先場所も一人横綱として頑張って優勝までしたのに。

確かに、土俵上でカッとなって火が付いて反対に負けてしまったり、その反対に必ず押し出しした時にはしっかりと相手が土俵から飛び出さない様に、抱きかかえて落ちないようにしてあげたり、そこまで気が使える人なのである。相手が、土俵下に落ちてしまった時は必ず手を差しのべて土俵上にあげたりもして。

 何か寂しいよね、こんなのって・・・

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日、今日と「日馬富士」と「貴ノ岩」との事で「相撲界」は大慌て。 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる