SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年12月16日(土曜) 「2歳メイクデビュー」

<<   作成日時 : 2018/01/11 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年12月16日(土曜) 5回中山5日

5R メイクデビュー中山 サラ系2歳 コース 1800m 芝・右 混合指定 16頭立て 天候:晴   芝:良

イェッツト(近親馬 マジェスティ)

2017/12/16 5中山5 晴 5 2歳新馬 16頭立て 3枠 6番 オッズ26.6 6番人気 1着 和田竜二 55 芝1800 良
タイム 1:51.7 着差-0.1 通過 4-6-4-5 ペース38.2-35.1 上り34.8 466(0) 2着馬 (ホリデーモード) 700.0

 レースの流れ
ばらついたスタートの中での先行争い、好ダッシュ好スタートは「3番リベラシオン」そして1馬身離れて外に「4番ホリデーモード」三番手は「5番オーケストラ」その外に4番手「10番ロマンレガシ」内に「2番ブラックキングダム」外に「6番イェッツト」で1コーナーへ。そして2コーナーを回り、向正面に。一番手「3番リベラシオン」その外に「4番ホリデーモード」更に外に「5番オーケストラ」そして内に「2番ブラックキングダム」その外「10番ロマンレガシ」そしてその後ろ「6番イェッツト」その後内「1番ウインリベロ」外に「9番アルキミア」そして間「12番ケンガ」内から「8番ベストインパクト」そして外目を「16番ナイトレイド」その後内に「15番キュイーヴル」外に「7番モンサルヴァート」と並走して最後方内に「11番ナナルテア」わずかに遅れて「13番 テイエムチャレンジ」で全馬3コーナーへと回って行く。そして4コーナーへと向かって行くが「3番」「4番」「5番」と先団集団、そこから4番手集団からは外から「10番ロマンレガシ」が接近して来て、内からは「6番イェッツト」も迫って来る。そして4コーナーを回り直線コースを向いて外から「14番ムーランジュビリー」も出て来るが、先行集団も粘りを見せており、その中から内で「4番ホリデーモード」そして外から「6番 イェッツト」と2頭の先頭争いになり、後続馬を引き離し「6番 イェッツト」が3/4馬身差での勝利。なお一番人気だった「14番ムーランジュビリー」は9着。
             


【プロフィール】
父 カンパニー 性別 牡 馬主 近藤英子
母 イスタンブール 馬齢 3歳 調教師 金成貴史(美浦)
母の父 キングカメハメハ 生年月日 2015年4月1日 生産牧場 辻牧場
母の母 アレキサンドリア 毛色 鹿毛  産地 浦河町
馬名意味 今(独)

6R メイクデビュー中山 サラ系2歳 コース 1200m ダート・右 指定 16頭立て 天候:晴   ダート:良

スーパーアキラ(近親馬 ロールボヌール、アバンドーネ)

2017/12/16 5中山5 晴 6 2歳新馬 16頭立て 2枠 3番 オッズ1.7 1番人気 1着 C.デム 55 ダ1200 良
タイム 1:13.3 着差-0.5 通過 1-1 ペース35.8-37.5 上り37.5 506(0) 2着馬 (メープル) 700.0

 レースの流れ
バラっとしてスタートの中で、まず「3番スーパーアキラ」が出るが、それを外から「4番グランドレユシー」が出て来るが、更にそれを譲らず「3番スーパーアキラ」が先頭に立つ。その後「4番グランドレユシー」内に「1番メープル」しすて外に「5番ティアップアリア」そしてその後「8番ミヤコキング」3馬身あいて「14番サニージューク」そして内に「2番トップフィリア」間「6番ムーンサルト」外に「15番 オーネットタイガー」そして大外から「16番シセイタケル」が上がって行く。その後「10番 プリメラプリンセサ」4馬身あいて「7番エアーウインド」その後内に「12番デルマシェリー」外に「13番ケイヴェイロン」が並走して、2馬身離して「11番 チョウヨウ」そして最後方「9番エムオーセイコー」で縦長の状態で4コーナーへ。先頭は「3番スーパーアキラ」そして2馬身あいて「1番メープル」直線を向いて外から「16番シセイタケル」も追い込んで来るが、先頭争いは「3番スーパーアキラ」と「1番メープル」しかし、「3番スーパーアキラ」は抜け出して、2着馬とは3馬身差での勝利を収める。

           

【プロフィール】
父 ヨハネスブルグ 性別 牡 馬主 井山登
母 ロスグラシアレス 馬齢 3歳 調教師 矢野英一(美浦)
母の父 シンボリクリスエス 生年月日 2015年5月3日 生産牧場 山下恭茂
母の母 ロスマリヌス 毛色 栗毛  産地 浦河町
馬名意味 スーパーヒーローより+人名より


2017年12月16日(土曜) 5回阪神5日

5R メイクデビュー阪神 サラ系2歳 コース 1600m 芝・右 外 混合指定 13頭立て 天候:曇   芝:良

ダイアトニック            放牧(近親馬 レオプライム、コンコード)

2017/12/16 5阪神5 曇 5 2歳新馬 13頭立て 2枠 2番 オッズ2.9 2番人気 1着 ルメール 55 芝1600 良
タイム 1:36.6 着差0.0 通過 7-11 ペース36.7-34.5 上り33.6 468(0) 2着馬 (カンタービレ) 700.0

レースの流れ
揃ったスタートの中まず「2番ダイアトニック」が飛び出すが、外から「7番ジョユウ」が先頭に立ちその後内の「6番カンタービレ」が2番手、その後外の「11番ベラソヴラーノ」その後ろは固まって「8番ミッキードーヴィル」内に「1番マコトスクラリキ」「2番ダイアトニック」そして外に「9番サヴォアフェール」大外から「12番エイシンエーブル」が上がって行きその中で「8番ミッキードーヴィル」は若干下がり、外に「10番プリヒストリー」そしてその内に前の集団から大きく下がって来て「2番ダイアトニック」そして外「13番クリノタカラモノ 」間「4番ノーブルレゼル」内に「3番アスクハードスパン」最後方「5番フリーガーアス」で一団となって3コーナーへと向かって行く。そして、4コーナーに入り「7番」「11番」「12番」の順で回って来るが、4番手の「6番カンタービレ」も内で粘りながら最後の直線、外から後続にいた「2番ダイアトニック」が脚を延ばして来て、最後ゴール手前でわずかハナの差で差して「2番ダイアトニック」の勝利。


「ジョユウ」か・・・


【プロフィール】
父 ロードカナロア 性別 牡 馬主 (有)シルクレーシング
母 トゥハーモニー 馬齢 3歳 調教師 安田隆行(栗東)
母の父 サンデーサイレンス 生年月日 2015年5月12日 生産牧場 酒井牧場
母の母 エアレジェーロ 毛色 鹿毛  産地 浦河町
馬名意味 7音構成の音階。母名より連想

6R メイクデビュー阪神 サラ系2歳 コース 1200m ダート・右 混合指定 15頭立て 天候:曇   ダート:良
タイム1:13.8 着差-0.3 通過 3-4 ペース36.0-37.8 上り37.5 438(0) 2着馬 (ミルトシャトル) 700.0

 レースの流れ
スタート後押して出たのが「8番アメリカズハート」そしてその内に「7番マンテンファースト」更に内「4番 ヘーザ」そして外から「1ラファイエ0番ルールブレイカー」更に外に「15番クリノイダテン」ここまでが先団で固まっている。そしてその後2馬身あいて「12番セトノブルグ」その後内「11番ミルトシャトル」外に「13番 バージニアビーチ」が並走して3コーナーへ(先頭は「8番」・「10番」「15番」「12番」)そしてその後は3馬身あいて「3番ラファイエ」その後内に「2番 トウケイアインマル」外に「5番ミヤジフランガン」とが並走して、6馬身あいて「6番ワンダーゲッティン」「14番コマノジャスパ」また間隔があいて「9番アシャカチムサー」最後方「1番メイショウミナモト」と縦長の状態。しかし4コーナーで前では、前の馬達は固まって来て広がって最前列は内「8番アメリカズハート」間「10番ルールブレイカー」「12番セトノブルグ」そしてその後ろに4番手の馬達も広がって内から「15番クリノイダテン」間「11番ミルトシャトル」外に「13番バージニアビーチ」とついて来るが、直線を向いて内で粘る「8番アメリカズハート」に対して後ろから来てた「15番クリノイダテン」の外に付いて、抜け出して1.3/4馬身差の勝利。


           
【プロフィール】
父 ヨハネスブルグ 性別 牡 馬主 栗本博晴
母 モエレエターナル 馬齢 3歳 調教師 谷潔(栗東)
母コスタネラ の父 ゴールドヘイロー 生年月日 2015年5月31日 生産牧場 横井哲
母の母 カトリア 毛色 青鹿毛 産地 日高町
馬名意味 冠名+仏教の神


2017年12月16日(土曜) 4回中京5日

5R メイクデビュー中京 サラ系2歳 コース 1800m ダート・左 混合指定 13頭立て 天候:曇   ダート:良

コスタネラ              放牧(近親馬 レガーロ)

2017/12/16 4中京5 曇 5 2歳新馬 13頭立て 6枠 9番 オッズ1.9 1番人気 1着 浜中俊 54 ダ1800 良
タイム 1:58.5 着差-0.4 通過 4-4-3-3 ペース41.3-37.1 上り36.9 448(0) 2着馬 (ラズワルド) 700.0

レースの流れ
スタート後「12番タガノアヴニール」しかし間から「6番ラズワルド」が出て来るが、外からスーッと「11番パワポケロワージ」が出て来て、先頭に立つ。その後4番手に「9番コスタネラ」が付き1馬身あいて内に「2番アヴィドウィナー」わずか遅れて「4番シールドロック」そしてその外に「10番ミスズフリオーソ」が並走して1コーナーへ。その後「8番 メイショウガッテン」2コーナーでは先頭の「11番パワポケロワージ」がそして2・3馬身離れて内に「6番ラズワルド」外に「12番タガノアヴニール」で2コーナーを回って行く。その後ろは、向正面に入り先頭まで5馬身差ぐらいで外に「9番コスタネラ」内に「2番アヴィドウィナー」そして外に「10番ミスズフリオーソ」更に外に「3番 サハラドゥ」更に内「4番シールドロック」外「5番ヤマニンデポルテ」そして「7番ダレモカレモ」がここで一気に上がって行き2番手まで上がって行く。その後内に前にいた「8番メイショウガッテン」が下がってきており、「13番マルヨマンボ」「4番シールドロック」そして最後方「1番アッシュバーナム」で縦長の状態で3コーナーを回って行く。そして4コーナーに入り先頭は「11番」「7番」「12番」の順で入って来るが、4コーナーカーブ地点では4頭が広がり内から「11番パワポケロワージ」「7番ダレモカレモ」「9番コスタネラ」「12番タガノアヴニール」そして直線を向き、内の2頭「11番パワポケロワージ」「7番ダレモカレモ」も粘っていたが、外に「12番タガノアヴニール」の間にいた「9番コスタネラ」が200を切った時に抜け出して、後続を離して2馬身半差での勝利。


「ダレモカレモ」・・・誰も彼もに愛されたい。と言う思いでつけられた名前見たいですよ。


【プロフィール】
父 ステイゴールド 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 サンタテレジータ 馬齢 3歳 調教師 大久保龍志(栗東)
母の父 Lemon Drop Kid 生年月日 2015年3月6日 生産牧場 社台ファーム
母の母 Sweet Gold 毛色 栗毛  産地 千歳市
馬名意味 アルゼンチン、サンタテレシータの海岸沿いの通り名


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年12月16日(土曜) 「2歳メイクデビュー」 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる