SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 【共同通信杯】新星オウケンムーン現る!オウケンブルースリ産駒JRA重賞初V

<<   作成日時 : 2018/02/13 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

共同通信杯(GV) 東京競馬場 1800メートル(芝) 別定 3歳オープン」について
 「共同通信杯・G3」(11日、東京)

 中団の内を進んだ6番人気のオウケンムーンが直線抜け出し、3連勝で重賞初制覇を決めた。父は08年の菊花賞馬オウケンブルースリ。これが産駒のJRA重賞レース初挑戦だった。2着に3番人気のサトノソルタス、3着に先行した10番人気エイムアンドエンドが粘り込み、3連単は56万超馬券と荒れた。断然の1番人気に支持されたグレイルは、後方から直線追い上げたものの、見せ場すらなく7着に敗れた。

 直線坂下を迎えて、前を行く2頭にはまだ5馬身差。インでオウケンムーンを我慢させていた北村宏には、それでもまだ追いだしを待つ余裕があった。後続の発進を察知してからの瞬発力勝負。一気に抜け出し先頭へ。2着馬の追い上げを、手応えの違いで封じた。

 6番人気の伏兵評価だったが、鞍上は「坂下で反応が良かったので、ゆっくり追いだせた。よく伸びてくれました」とホッとした表情を浮かべた。新馬戦4着後、3連勝での重賞初Vに「フォームも若い。こういうタイプなのかな。ケイコは動かないけど、徐々にまとまってきていた。まだ伸びしろがありそうです」。完成形はまだ先のようだ。

 この日の馬体は前走比でマイナス10キロの458キロ。これには国枝師も同調した。「あんまり迫力がないからね…って、ことはないんだけどね、レースに行っていい。表から見えないところがいいんでしょう。やるときゃ、やる!」と、おどけながら笑みがこぼれた。

 時間を取って、成長を促す意図もあるのだろう。この後は皐月賞(4月15日・中山)に直行するプランが有力だ。トレーナーは「ゴツい馬でもないし、お金(本賞金)もたまったから。調教も結構やってたので、きょうは(馬体重が)減っていたし」と示唆。「これ以上減らないように。まずは無事に。いいモノは持っているから、バリバリやることもないのかな」と、クラシック本番へ視線をやった。
提供:デイリースポーツより

 レースの流れ
まず先行したのは内「4番エイムアンドエンド」そして外に「5番コスモイグナーツ」が並ぶように先頭を切りその後一馬身差で外に「7番ブラゾンダムール」内に「6番オウケンムーン」そしてその後外目に「8番トッカータ」1馬身あいて内に「1番サトノソルタス」外に「3番アメリカンワールド」ここまでで既に先頭から7〜8馬身差。その後更に一馬身半差で「2番カフジバンガード」三馬身差で「12番グレイル」二馬身差で「9番ステイフーリッシュ」その後三馬身差「10番ゴーフォザサミット」更に三馬身差「11番リュウノユキナ」と縦長バラバラの状態。そして、何時しか先頭は「5番コスモイグナーツ」に変わり、その後は「4番エイムアンドエンド」「7番ブラゾンダムール」。「5番コスモイグナーツ」は4コーナーで単独で先頭を回って来る。そして直線に入り、まだ先行馬が粘っているが400を切ってから5番手にいた「6番オウケンムーン」が抜け出して来て、それにつられて「1番サトノソルタス」も「6番オウケンムーン」の外側に付いて来る中3/4馬身差で「6番オウケンムーン」の勝利。ただ、3着馬は横に広がって、内で粘っていた「4番エイムアンドエンド」が「10番ゴーフォザサミット」とハナ差で3着となる。


 今回のレースは、考えて考えて「1番サトノソルタス」「6番オウケンムーン」「10番ゴーフォザサミット」の三連複を買っていた。一番人気だった「グレイル」は・・・最後に考えて切った。(なら迷っていた「4番エイムアンドエンド」も買っておけば良かったな〜と後から、思った次第で・・・まず「1番サトノソルタス」を選んだか?まだ1走馬ではあるが、10月の新馬戦で今回と同じコースで差して来て「アタマ差」で勝ったと言う事。

 また「6番オウケンムーン」は新馬戦、未勝利戦を東京競馬場と同じ「左回り」と最後の直線の長さを味わっており、前走の500万下で中山ではあるが、しっかりと0.2秒差で勝利している点。

そして「10番ゴーフォザサミット」に関しては、「ハーツクライ産駒」そして昨年東京芝;2000百日草特別(500万下)で0.1秒差で勝利していた事であった。

 何故、一番人気の「グレイル」を入れなかったのか?「外より」の馬番は不利と言う事と、もう一つ例え2連勝していても全て着差が0.0秒差、そして左回りを経験していないと言う事からバッサリと切った。
 3着にハナ差で来た「4番エイムアンドエンド」を切ってしまった理由は・・・未勝利戦では、東京芝;2000で頭差で勝てたものの、次のレースの「京成杯(G3)」で大きく負けている事で、切ってしまいました。切らなきゃ良かった。・・・やっぱり、今回は「左回り」が基準になりましたね。

 でもリプレイ何回見ても「10番」の方がハナ差出ている様な気がするんだけどな〜


着 順

1着 5枠 6番 オウケンムーン 牡3 56.0 北村宏 タイム1:47.4 6番人気 オッズ13.6 上り33.5 (美浦)国枝 458(-10)

2着 1枠 1番 サトノソルタス 牡3 56.0 ムーア タイム1:47.5 着差3/4 3番人気 オッズ6.3 上り33.3 (美浦)堀 488(+8)

3着 4枠 4着 エイムアンドエンド 牡3 56.0 ミナリク タイム1:47.7 着差1.1/4 10番人気 オッズ132.9 上り34.7 (美浦)二ノ宮 484(-8)

4着 7枠 10番 ゴーフォザサミット 牡3 56.0 田辺 タイム1:47.7 着差ハナ 4番人気 オッズ7.1 上り33.2 (美浦)藤沢和 500(+8)

5着 2枠 2番 カフジバンガード 牡3 56.0 内田博 タイム1:47.7 着差クビ 7番人気 オッズ20.6 上り33.4 (栗東)松元 470(0)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【共同通信杯】新星オウケンムーン現る!オウケンブルースリ産駒JRA重賞初V SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる