SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年7月1日(日曜)「2歳メイクデビュー」

<<   作成日時 : 2018/07/07 04:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年7月1日(日曜) 2回福島2日

5R メイクデビュー福島 サラ系2歳 コース 1800m 芝・右 指定 15頭立て 天候:晴   芝:良

ミッキーブラック

2018/07/01 2福島2 晴 5 2歳新馬 15頭立て 5枠 8番 オッズ4.3 2番人気 1着 松山弘平 54 芝1800 良
タイム 1:50.1 着差-0.1 通過 9-9-6-7 ペース37.4-35.2 上り34.5 470(0) 2着馬 (アトミックフォース) 700.0

 レース展開
ばらついたスタートの中、まず好スタートを切ったのは「3番ラペーシュ」。しかし内から「1番ラスヴェート」外から「7番シティーオブスター」外に「12番ロジャーズクライ」そして「13番ドラゴンエナジー」とこの3頭で先団を固めて行く。「6番アウティミアー」好位をキープして内には「4番アトミックフォース」で各場1コーナーへ。その後外に「14番コスモアニモーソ」そして「15番ケイツーダラー」この馬群の中に「10番トーラスジェミニ」で2コーナーへと向かう。先頭「7番シティーオブスター」体半分二番手「12番ロジャーズクライ」が迫って2頭並んで行く。2馬身あいて三番手に「13番ドラゴンエナジー」4馬身あいて内に「1番ラスヴェート」外に「6番アウティミアー」と4番手集団で向正面、外「14番コスモアニモーソ」間に「10番トーラスジェミニ」そしてそのインに「4番アトミックフォース」は中団前に付く。そして外「15番ケイツーダラー」内に「8番 ミッキーブラック 」で向正面中団。2馬身あいてその後内「2番トルベルボヌール」外「9番スカイイーグル」後方馬「5番モンタルジー」そして「11番テイエムバリバリ」最後方馬「3番ラペーシュ」で1000m通過、1分3秒のペース。先頭は「7番シティーオブスター」リードはクビ差、そして外に「12番ロジャーズクライ」外に「13番ドラゴンエナジー」で第3コーナーへ。その後内「1番ラスヴェート」外に「6番アウティミアー」が四番手、2馬身あいて間「4番アトミックフォース」内に「8番ミッキーブラック」外に「1番ラスヴェート」は四番手に迫る勢い。残り400を切って、先頭は「12番ロジャーズクライ」に変わって先行は外「12番ロジャーズクライ」と内「7番シティーオブスター」と前2頭。第4コーナーカーブして、直線コースの脚比べ。先頭に立っている「12番ロジャーズクライ」外から迫って来るのが「4番アトミックフォース」と「8番ミッキーブラック」抜けた「12番ロジャーズクライ」を捕らえに行くのが「8番ミッキーブラック」「8番ミッキーブラック」が先頭に変わり、更に「4番アトミックフォース」も続いて3/4馬身差で「8番ミッキーブラック」の勝利。
          


【プロフィール】
父 ブラックタイド 性別 牡 馬主 野田みづき
母 マラコスタムブラダ 馬齢 2歳 調教師 音無秀孝(栗東)
母の父 Lizard Island 生年月日 2016年3月18日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Mapul Wells 毛色 鹿毛  産地 安平町
馬名意味 冠名+父名の一部

6R メイクデビュー福島 サラ系2歳 コース 1200m 芝・右 混合指定 15頭立て 天候:晴   芝:良

ガイセン(近親馬 ソワンドタイガー、コスモブレード) 

2018/07/01 2福島2 晴 6 2歳新馬 15頭立て 8枠 15番 オッズ19.3 6番人気 1着 田辺裕信 54 芝1200 良
タイム 1:10.1 着差-0.2 通過 3-2 ペース34.9-35.2 上り35.0 412(0) 2着馬 (スカイズザリミット) 700.0

 レース展開
ばらついたスタートの中で好スタートは「15番ガイセン」その後内から「11番グランデメッシ」が出て来て前に出る。それに続き「8番セイウンカイザー」内から「6番スカイズザリミット」は三番手から二番手に。そして「15番ガイセン」は好スタートから四番手。そして内から「5番エムチャン」が並びかける。そして2馬身あいて「7番セイカハルカゼ」ここまでが前の集団。そして4〜5馬身あいて内に「1番コスモエスパーダ」ここから中団。外に「10番キアレッツァ」その後ろ3頭広がって、内に「2番トーセンバーボン」外に「13番シゲルガーネット」少し遅れだし「14番ゴーアブロード」3コーナーへ。その後「9番センノマラカス」3馬身あいて後方から三番手「4番アポロノワキザシ」そして「12番ショパンラブ」最後方馬は「3番ネイチャーワンダー」残り400、4コーナーカーブに入る。前は固まってラチ沿いに「11番グランデメッシ」その外「8番セイウンカイザー」更に外に「15番ガイセン」直線コースに入って外から抜け出して来て「15番ガイセン」200を切り二番手に「11番グランデメッシ」外から「5番エムチャン」間からは「6番スカイズザリミット」前は抜けた「15番ガイセン」そして「6番スカイズザリミット」が追って来て、離れて三番手、間から「7番セイカハルカゼ」が出て来る中で先頭「15番ガイセン」は1.1/4馬身差で勝利を収める。


「エムチャン」「ショパンラブ」 やはり女の仔の名前でした。             


【プロフィール】
父 ダノンバラード 性別 牡 馬主 中村智幸
母 シルバーインゴット 馬齢 2歳 調教師 岩戸孝樹(美浦)
母の父 Silver Hawk 生年月日 2016年3月16日 生産牧場 小河豊水
母の母 Christabelle 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
馬名意味 戦いに勝って帰ること


2018年7月1日(日曜) 3回中京2日

5R メイクデビュー中京 サラ系2歳 コース 1600m 芝・左 牝馬指定 8頭立て 天候:晴   芝:良

エイシンゾーン(近親馬 エイシンルキア、エイシンベラドンナ)

2018/07/01 3中京2 晴 5 2歳新馬 8頭立て 5枠 5番 オッズ19.5 6番人気 1着 幸英明 54 芝1600 良
タイム 1:35.3 着差0.0 通過 7-7-7 ペース36.0-34.6 上り33.7 426(0) 2着馬 (トロイメント) 700.0

 レース展開
スタート後「3番サトノボヌール」は後方から、残る7頭は前で横に広がって、まずは「4番プールヴィル」内から「1番オーシャンスケイプ」が出て来て、外から「8番コハルビヨリ」と前3頭横に広がって、1コーナーを回って向正面へ。先頭「1番オーシャンスケイプ」半馬身差で「4番プールヴィル」1馬身離れて「8番コハルビヨリ」2馬身差で「2番トロイメント」「6番ビスタストリカ」は外から進出。その後「7番ロイヤルヴィザージ」そして「5番エイシンゾーン」は追い上げて来て、ここまで先団チーム。最後方馬は「3番サトノボヌール」、残り1000を切る。これから第3コーナーカーブへ、抜け出したのは「1番オーシャンスケイプ」リード1馬身半〜2馬身差そして「8番コハルビヨリ」3コーナーを回って追って行く。残り800を切ってその後「4番プールヴィル」が三番手、1馬身差で「6番 ビスタストリカ」1馬身離れて「2番トロイメント」。3,4コーナー中間徐々に隊列が短くなって「7番ロイヤルヴィザージ」そして後方にいた「3番サトノボヌール」は1頭抜いて、後方から三番手まで上がろうとしている。「5番エイシンゾーン」は内を付いて、4コーナーから一団となって直線を向いて400を切っている。「1番オーシャンスケイプ」は先頭でリード1馬身、二番手「8番コハルビヨリ」間からは「6番ビスタストリカ」外からは「2番トロイメント」内から「4番プールヴィル」が狭い所から入って来ている。そして「5番エイシンゾーン」その後ろまで来ている「3番サトノボヌール」は追い上げて来るが、もう既に脚は伸びて行かず、今度は一気に外から「5番エイシンゾーン」が先頭を捕らえる勢い。その時先頭にいた「2番トロイメント」も懸命に引き下がらず、しかし「5番エイシンゾーン」がわずかクビ差で勝利する。


牝馬限定って必ず一頭は女の仔らしい名前の子がいますよね。「コハルビヨリ」良い名前ですね。           

【プロフィール】
父 ジャスタウェイ 性別 牝 馬主 (株)栄進堂
母 エーシンブランシュ 馬齢 2歳 調教師 松元茂樹(栗東)
母の父 クロフネ 生年月日 2016年4月2日 生産牧場 栄進牧場
母の母 セントルイスガール 毛色 鹿毛  産地 浦河町
馬名意味 冠名+攻撃の範囲

6R メイクデビュー中京 サラ系2歳 コース 1400m 芝・左 混合指定 12頭立て 天候:晴   芝:良

ブルスクーロ(近親馬 ローガンサファイア、ゴールドスーク)

2018/07/01 3中京2 晴 6 2歳新馬 12頭立て 7枠 10番 オッズ3.2 1番人気 1着 川田将雅 54 芝1400 良
タイム 1:22.1 着差0.0 通過 2-2 ペース35.7-34.6 上り34.5 502(0) 2着馬 (ヴェル) 700.0

 レース展開
スタート後「3番ショウナンパンサー」後方から、外から「9番ヴァニラアイス」そして更に外「10番ブルスクーロ」三番手に「12番メテオスウォーム」内に「7番ヴェル」2馬身あいて「11番メイショウフナカジ」これで先団はばらけて、1馬身半差で「8番トーセンアミ」そしてその後ろ内「1番シンボリサージュ」間「2番テイエムフガエゾ」追走、「5番マーニ」も追走して3コーナーカーブ。そして「4番ベストタッチダウン」外に「6番スマッシングハーツ」追い上げて来て残り800を切る。そして最後方馬大きく遅れて「3番ショウナンパンサー」3,4コーナー中間、一気に抜け出て「9番ヴァニラアイス」またすぐに詰まって「外に「10番ブルスクーロ」そして「12番メテオスウォーム」600を切って、その後ろ外から「8番トーセンアミ」四番手。4コーナーから直線を向いて、内からは「7番ヴェル」が追走、間からは「11番メイショウフナカジ」横に広がって、内の2頭「9番ヴァニラアイス」と「10番ブルスクーロ」が粘って並んでいる。そして「10番ブルスクーロ」がとらえて、200を切って三番手から接近「7番ヴェル」今度は、外「7番ヴェル」と内「10番ブルスクーロ」との先頭争い。内、外の攻防の中わずかに内「10番ブルスクーロ」がクビ差で勝利。


「ヴァニラアイス」か・・・たべたいな〜

【プロフィール】
父 キンシャサノキセキ 性別 牡 馬主 (有)サンデーレーシング
母 ダークサファイア 馬齢 2歳 調教師 池添学(栗東)
母の父 Out of Place 生年月日 2016年2月23日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Darkest Star 毛色 鹿毛  産地 安平町
馬名意味 紺、紺碧(伊)


2018年7月1日(日曜) 1回函館6日

5R メイクデビュー函館 サラ系2歳 コース 1200m 芝・右 指定 8頭立て 天候:雨   芝:重

パイロテクニクス(近親馬 リッカキング、オルトダイヤモンド)

2018/07/01 1函館6 雨 5 2歳新馬 8頭立て 2枠 2番 オッズ14.0 4番人気 1着 勝浦正樹 54 芝1200 重
タイム 1:11.4 着差-0.4 通過 5-5 ペース35.3-36.1 上り35.3 496(0) 2着馬 (ヤマカツルビー) 700.0

 レース展開
スタート後「1番ハクサンタイヨウ」「5番ペイシャリルキス」は後方から。好スタートは「4番ヤマカツルビー」で早くも1馬身半差で、二番手は「7番パブロフテソーロ」1馬身差内に「3番オスカーホール」外に「8番トーセンアトランタ」三番手集団。その後2馬身あいて「2番パイロテクニクス」更に後ろ1馬身あいて「6番ユウキ」そして後方は3馬身あいて「5番ペイシャリルキス」最後方馬5馬身離れて「1番ハクサンタイヨウ」。3コーナーカーブで600を切って先頭「4番ヤマカツルビー」1馬身差で「7番パブロフテソーロ」1馬身半差で内「3番オスカーホール」外「8番トーセンアトランタ」400を切って「2番パイロテクニクス」は差をつめて来る。4コーナーカーブから直線へ。先頭「4番ヤマカツルビー」は2〜3馬身リードを保って二番手は「7番パブロフテソーロ」200を切って外から「2番パイロテクニクス」が二番手に上がって来る。更に外から「8番トーセンアトランタ」は三番手。そして更に二番手に上がった「2番パイロテクニクス」は「4番ヤマカツルビー」を差し切って、見事に2馬身半差でのデビュー勝ち。



【プロフィール】
父 パイロ 性別 牡 馬主 (有)シルクレーシング
母 ショウナンハトバ 馬齢 2歳 調教師 武藤善則(美浦)
母の父 フジキセキ 生年月日 2016年3月30日 生産牧場 原口牧場
母の母 フィーユドノワール 毛色 鹿毛  産地 新ひだか町
馬名意味 火工術。父名より連想


(馬のプロフィールはJRAより)

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年7月1日(日曜)「2歳メイクデビュー」 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる