「第100回全国高校野球選手権記念大会」三日目

三日目の成績

始球式 定岡正二氏 鹿児島実業高校出身(第55・56回大会出場・投手)

第一試合 佐賀商業(佐賀)高岡商業(富山) 1-4

第二試合 智弁和歌山(和歌山)近江(滋賀) 3-7

第三試合 前橋育英(群馬)近大付(南大阪) 2-0

第四試合 益田東(島根)常葉大菊川(静岡) 7-8

≪「定岡正二」さん「鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。
3年生の時にエースとして鹿児島県勢初のベスト4まで進出。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。≫

今回の始球式では、高めのボールゾーンへ

 三日目の試合を振り返ってみると、暑さのせいもあったのかも知れないが「足をつってしまう選手」が目立った。

第一試合でも、前半でツーアウト「満塁のシーンから、いざ勝負」と言う所で「ピッチャー」が足をつってしまい「バックネット裏」に下がった。それで手当を受けて出て来て、見事にバッターを仕留めたのであるが・・・

 仕方ないね・・・またバッターもバッターボックスでスイングしてからの「太もものつり」自力では歩けずに、抱きかかえられるように「バックネット裏」に下がって行った場面もあった。

 また、甲子園球場では不思議な「浜風」が吹く。その風を制覇したものが、甲子園を制覇できるのかも知れない。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック