2019年1月13日(日曜)「3歳メイクデビュー」

2019年1月13日(日曜) 1回中山4日

3Rメイクデビュー中山 サラ系3歳 コース:1,800メートル(ダート・右) 牝馬限定 16頭立て 天候曇 ダート 良

フラッシングジェム Flashing Gem(JPN)

2019/01/13 1中山4 曇 3 3歳新馬 15頭立て 7枠 13番 オッズ2.5 1番人気 1着 ルメール 54 ダ1800 良
タイム 1:59.0 着差-0.5 通過 5-5-4-4 ペース39.4-40.3 上り40.0 480(0) 2着馬 (ブライトアクトレス) 600.0

 レース展開
少しばらついたスタートの中での先行争い。まずは「2番ワンダーマンボ」好スタートでそしてその外の「4番ハニーディスタフ」が前へと上がって行く。その外からは「10番アイアムツイテル」も出て来て「2番ワンダーマンボ」は少し後退して、そして大外から「16番ブライトアクトレス」がその内2頭に並んで行く。そして「12番デルマヴェルサイユ」が四番手、それから1馬身差で好位外目に「13番フラッシングジェム」内から「11番チェータシカ」が追走して、最内に「2番ワンダーマンボ」がいて1コーナーのカーブ。先頭は「4番ハニーディスタフ」半馬身から1馬身のリード、その外に「10番アイアムツイテル」そしてその外から「16番ブライトアクトレス」が前に出て来て二番手となる。その外から「四番手から三番手へと「12番デルマヴェルサイユ」で2コーナーカーブ。その後内から「2番ワンダーマンボ」更に「13番フラッシングジェム」間に「10番アイアムツイテル」と好位集団で向正面に入って、後は1馬身後方に「11番チェータシカ」外「14番フロンサック」が「10番アイアムツイテル」を交わして上がって行く。2馬身差で外目から「15番リーピングリーズン」も上がって行き4~5馬身あいて「7番ミフリマ」インコースから「3番オクラ」が追走、そして2馬身差で外「8番ダンカーコ」内から「5番チャームアゲン」が並んで行って、1000mの通過タイムは「65.8秒」。そして4馬身あいて「9番オトコマサリ」、後は離れて最後方馬「6番スパークルスパート」。
 先団は3コーナーのカーブに入っており、「4番ハニーディスタフ」先頭でペースを上げて来て残り600mを切る。二番手「16番ブライトアクトレス」三番手外から「15番リーピングリーズン」。前は3頭固まって来る、その後ろ四番手に2馬身離れて「13番フラッシングジェム」インに「2番ワンダーマンボ」で残り400mを通過。前は固まって来て「4番ハニーディスタフ」を捕らえて「16番ブライトアクトレス」が先頭に、外から「15番リーピングリーズン」が接近。8枠の両頭の争いでその内を突いて来た「2番ワンダーマンボ」も迫って来る。残り200mを切って、外から伸びて来る「13番フラッシングジェム」、「16番ブライトアクトレス」先頭だがそれを外から捕らえる「13番フラッシングジェム」そして内から「2番ワンダーマンボ」が三番手に上り、「13番フラッシングジェム」が2着馬「16番ブライトアクトレス」に3馬身の差をつけてゴールイン。


流石に「牝馬限定」のレースでした。「チャームアゲン」で一文字足りないけれど・・・「チャームアゲイン」と言う事かな 「オトコマサリ」ってもしかしたら「ウォッカ」みたいな だったりして・・・「アイアムツイテル」って・・・今度は、名前の如く頑張ってね。


【プロフィール】
父 エイシンフラッシュ 性別 牝 馬主 (有)社台レースホース
母 ロマンシングジェム 馬齢 3歳 調教師 大和田成(美浦)
母の父 アグネスタキオン 生年月日 2016年2月26日 生産牧場 社台ファーム
母の母 ルビー 毛色 青鹿毛 産地 千歳市
馬名意味 きらめく宝石


2019年1月13日(日曜) 1回京都4日

2Rメイクデビュー京都 サラ系3歳 コース:1,800メートル(ダート・右) 牝馬限定 16頭立て 天候晴 ダート 良

パールデュー Part Dieu(JPN)(近親馬 ヴィルデローゼ、オレアリア)

2019/01/13 1京都4 晴 2 3歳新馬 16頭立て 3枠 6番 オッズ1.9 1番人気 1着 M.デム 54 ダ1800 良
タイム 1:55.8 着差-0.3 通過 1-1-2-2 ペース38.9-38.1 上り38.1 488(0) 2着馬 (サイモンオーキッド) 600.0

 レース展開
バラついたスタートの中での先行争い。好スタートは「6番パールデュー」で先頭に立つ、内から「5番サイモンオーキッド」外から「11番マーブルサニー」更に外から「8番ギャラクシーハニー」、前へと出て行く「12番エイシンコロンビア」、この5頭が先団となる。その後ろに「14番アオイハヤブサ」馬郡の中に「3番メイショウアステカ」そして「1番スズカシビル」で一団で1コーナーカーブを回って行く。先頭は「6番パールデュー」リード1馬身、外から「8番ギャラクシーハニー」二番手で、その内に「5番サイモンオーキッド」が三番手、外から「11番マーブルサニー」四番手から三番手に。向正面に出て外から「7番ハートウォーミング」が前へと出て来て先頭となる。そして先団に「12番エイシンコロンビア」も取り付いて来る。後は中団に内「3番メイショウアステカ」1馬身後方に内から「2番ボンドロール」で向正面中間、そして外から「14番アオイハヤブサ」更に外に「16番ランランタワー」が追走。そして後方インコースに「13番サダムラポール」大外からは「9番リトルフォレスト」、その内に「15番スイーツビュッフェ」追走残り800mを3,4コーナー中間。1馬身半差に内「1番スズカシビル」そしてその外「4番タイコ」・「10番シャイナ」が並んで来て最後方馬。
 先団は3,4コーナー中間残り600mを切って、先頭はわずかに「7番ハートウォーミング」だが内から「6番パールデュー」が奪い返して、2頭並んで4コーナーカーブ。外から「8番ギャラクシーハニー」更に外から「11番マーブルサニー」が広がって4コーナーから直線コースへ。インコースに「5番サイモンオーキッド」も続いて三番手、直線の攻防で再び「6番パールデュー」が先頭に立ちリード1馬身半。「7番ハートウォーミング」二番手、残り200mを切ってその後2馬身後に外目「5番サイモンオーキッド」三番手、内からも「2番ボンドロール」が上がって来る。大外から後方にいた「15番スイーツビュッフェ」が追い込んで来る、突き放した「6番パールデュー」、二番手は「5番サイモンオーキッド」に変わり「5番サイモンオーキッド」に1.3/4馬身離してゴールイン。3着は大外から追い込んで来た「15番スイーツビュッフェ」。


またもや、牝馬限定レースですね。勝った「パールデュー」の名前の由来は「 リヨンにある駅名」となっていますが「パール」と言う言葉が入っているし、「3着馬のスイーツビュッフェ」は、≪甘い物の食べ放題 ≫「タイコ」・・・は何と申しますか?女の仔の名前なのに「タイコ」と聞くだけで、可愛くも思えるし・・・。「ランランタワー」、「シャイナ」は≪小惑星の名前≫だそうですが、「シャイなんだな~ と。


【プロフィール】
父 キングカメハメハ 性別 牝 馬主 吉田和美
母 ブルーメンブラット 馬齢 3歳 調教師 黒岩陽一(美浦)
母の父 アドマイヤベガ 生年月日 2016年4月5日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 マイワイルドフラワー 毛色 黒鹿毛 産地 安平町
馬名意味 フランス、リヨンにある駅名

6Rメイクデビュー京都 サラ系3歳 コース:2,000メートル(芝・右) 混合 16頭立て 天候晴 芝 良

サトノソロモン Satono Solomon(JPN)(近親馬 イルーシヴグレイス、イルーシヴハピネス)

2019/01/13 1京都4 晴 6 3歳新馬 16頭立て 2枠 3番 オッズ1.3 1番人気 1着 M.デム 56 芝2000 良
タイム 2:04.4 着差-0.1 通過 5-5-5-3 ペース36.9-37.4 上り37.0 552(0) 2着馬 (トーセンスカイ) 600.0

 レース展開
内で「3番サトノソロモン」好スタート、連れて内「2番トーセンスカイ」そして外「4番マテンロウカフェ」がわずかに交わして出て行く。そして「7番ヒュミドール」・「9番クリノグレイト」、外から「11番ジェットモーション」・「13番 エバーフレイム」とまだ広がった状態。1コーナーカーブに向かって、それらの後ろに「8番メモリーブラック」更に「12番デアデビル」大外から「15番ジェラーニオ」で1,2コーナー中間地点。先手は「4番マテンロウカフェ」体半分のリード外に「9番クリノグレイト」二番手、2馬身後ろに外「13番エバーフレイム」内「11番ジェットモーション」と並んで、向正面へ。その後1馬身半差で「15番ジェラーニオ」、先頭から5馬身ぐらい。そして1馬身半差に内「3番サトノソロモン」外から「12番デアデビル」が並んで来て、先頭まで3,4馬身。3馬身あいて「2番トーセンスカイ」内から「8番メモリーブラック」が追走、その後も2馬身あいて「1番マーストリッチ」で残り1000mを切る。そして内から「7番ヒュミドール」中団の後ろで追走、大外からは「16番サンライズゼノン」が上がって行って、後は2馬身あいて外から「10番レッドジェニアル」で3コーナーカーブ、そして「14番マコトネネキリマル」で残り800mを切る。2馬身後方に「5番テイエムマイスター」外から「6番ロードアドミラル」が交わして、最後方馬。
 3,4コーナー中間に向かって先頭「4番マテンロウカフェ」残り600mを切って、「9番クリノグレイト」二番手、1馬身半差で外「13番エバーフレイム」内に「3番サトノソロモン」先頭まで3馬身ぐらい。その後は2馬身後に「11番ジェットモーション」で内ラチ添いから「2番トーセンスカイ」で4コーナーカーブから直線コースへ、今度は外から「9番クリノグレイト」が先頭に立つが、その外に出した「3番サトノソロモン」が内2頭を交わして先頭に立つ。また外から「2番トーセンスカイ」が2頭を交わして二番手に、そして大外後方から「10番レッドジェニアル」が追い込んで来る。「3番サトノソロモン」は2着馬「2番トーセンスカイ」に半馬身差をつけてゴールイン。3着馬は後ろから追い込んで来た「10番レッドジェニアル」。



【プロフィール】
父 ディープインパクト 性別 牡 馬主 (株)サトミホースカンパニー
母 イルーシヴウェーヴ 馬齢 3歳 調教師 池江泰寿(栗東)
母の父 Elusive City 生年月日 2016年1月18日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Multicolour Wave 毛色 鹿毛  産地 安平町
馬名意味 冠名+人名より


(馬のプロフィールはJRAより)

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック