2019年2月9日(土曜)「3歳メイクデビュー」

2019年2月9日(土曜) 2回京都5日

6Rメイクデビュー京都 サラ系3歳 コース:1,400メートル(ダート・右) 混合指定 16頭立て 天候曇 ダート 稍重

ペガサス Pegasus(JPN)(近親馬 キングスベンチ、グレートバロン)

2019/02/09 2京都5 曇 6 3歳新馬 16頭立て 3枠 6番 オッズ28.3 9番人気 1着 和田竜二 56 ダ1400 稍
タイム 1:27.6 着差-0.1 通過 4-4 ペース35.7-39.4 上り39.0 448(0) 2着馬 (マハーラーニー) 600.0

 レース展開
最初は芝の上での先行争い、2枠2頭「3番ルミエールソレイユ」・「4番テイエムブランコ」でダートコースに入る。2頭並んで合流地点を通過、三番手は固まって、外から「15番シルバースミス」そして「7番オーパスメーカー」その内に「5番マティス」、「4番テイエムブランコ」と「5番マティス」の間から「2番ブラッディムーン」が出て来て三番手、またその後ろから最内「1番サダムオリジン」で3コーナーを向かえる。その後は1馬身あいて「6番ペガサス」が上がって行って、前には馬郡の中に「5番マティス」・「7番オーパスメーカー」そして外目に「15番シルバースミス」がいる。また外から「12番スマートサーブル」追走で3コーナーに向かって、残り600mを通過。その後3馬身後方に内「9番パリッシュブルー」外から「8番マハーラーニー」その間に「14番ラキエストバイオ」で3コーナーをカーブして行く。そして1馬身後ろに「16番ナムラマナナ」後方3頭はかなり遅れて「11番ジグソー」そして並ぶように最後方は「10番ガバナンスコード」・「13番ソルカマル」の2頭。
 前は既に4コーナーに入っており残り400mを通過、相変わらず2枠の2頭がが並んでおり、更に外から「2番ブラッディムーン」と3頭広がって、直線コースへと向かう。外から追い込んで来る「6番ペガサス」四番手から三番手、間を突いて追い込んで来る「9番パリッシュブルー」外からは「15番シルバースミス」残り200mを切って、「6番ペガサス」が先頭に立つ。大外からは脚を伸ばして「8番マハーラーニー」が追い込んで来る。そして三番手から二番手まで上がって来る。先頭は「6番ペガサス」で大外から脚を伸ばして上がって来た2着馬「8番マハーラーニー」に半馬身の差をつけてゴールイン、また3着は間を突いて上がって来た「9番パリッシュブルー」。


勝利した「ペガサス」まさに≪天馬≫・・・素敵な名前ですね。ブラッディムーンも中々観られない月の事で、どこかに夢が有ります。「マハーラーニー」は≪偉大な女性の君主≫何て・・・良くここまで考えられて付けられた名前なんだな~と感心するばかりです



【プロフィール】
父 キモンノカシワ 性別 牡 馬主 中辻明
母 ベルモントアイリス 馬齢 3歳 調教師 大久保龍志(栗東)
母の父 アジュディケーティング 生年月日 2016年3月10日 生産牧場 織田正敏
母の母 ホープフェアリー 毛色 青鹿毛 産地 新ひだか町
馬名意味 ギリシャ神話の天馬

(馬のプロフィールはJRAより)


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック