2019年3月2日(土曜)「3歳メイクデビュー」

2019年3月2日(土曜) 2回中山3日

5Rメイクデビュー中山 サラ系3歳 コース:1,800メートル(ダート・右) 指定 15頭立て 天候晴 ダート 稍重

ハートトゥハート Heart to Heart(JPN)(近親馬 ザマンダ、ゴールドスミス)

2019/03/02 2中山3 晴 5 3歳新馬 15頭立て 7枠 13番 オッズ1.4 1番人気 1着 ルメール 54 ダ1800 稍
タイム 1:59.5 着差-0.6 通過 5-2-2-2 ペース40.1-40.1 上り40.0 546(0) 2着馬 (チアフルローズ) 600.0

  レース展開
バラっとしたスタート、内で「4番アオカチ」好スタート・好ダッシュ。その内「2番キャビテーション」も好スタートを切っており、差が無く「10番チアフルローズ」。これらの直後に「5番ガルラバン」・「6番ボーナファイディ」そして外から「12番トウカイマーレ」が上がって行き、この先団にいる「16番シゲルパパラチア」が追い上げて来て、更に「13番ハートトゥハート」が中団のかなり外目を回っている。そして各馬が1コーナーカーブを回って行く。先手は「2番キャビテーション」で1,2コーナー中間で1馬身半のリード、二番手外目に「10番チアフルローズ」、そして三番手は外目から上がって来た「13番ハートトゥハート」、その後2馬身差で「12番トウカイマーレ」四番手、その後ろ外から「16番シゲルパパラチア」内からは「5番ガルラバン」で向正面に出る。そして1馬身半差に「6番ボーナファイディ」中団の前、2馬身あいて内から「3番シュリュッセル」これに並びかける「4番アオカチ」、更に外から「14番ストロングヘヴン」が上がって行く。3馬身後方外から「9番コスモエトランジュ」その後2馬身差で「11番ナムカーン」その内から「8番ノボリターン」が上がって行き、後方の外から追い上げて行く「7番ジャストワンルック」、その後ろから「11番ナムカーン」に並んで行く「15番セイウンノルン」が最後方馬で、3コーナー残り600mを切る。
 先頭は「2番キャビテーション」リードはわずか、二番手外から並んで行く「10番チアフルローズ」更に外から「13番ハートトゥハート」も接近して前3頭広がって2馬身後方に「6番ボーナファイディ」インコースに「12番トウカイマーレ」で4コーナーカーブ、その内から「8番ノボリターン」が出て来て直線コースに入る。前は「2番キャビテーション」が後退して、内「10番チアフルローズ」外から「13番ハートトゥハート」、そして「13番ハートトゥハート」が先頭となり残り200mを切る。「10番チアフルローズ」は内で食い下がって二番手、その後3,4馬身離れて「6番ボーナファイディ」三番手。そして大外から「14番ストロングヘヴン」が追い込んで来て、三番手に上がって来る。先頭は「13番ハートトゥハート」で「10番チアフルローズ」に3馬身半の差をつけてゴールイン。


勝った「ハートトゥハート」は、≪腹蔵なく≫となっているけれど、腹を割って話そうよ。と言う意味が含まれています。」「ジャストワンルックは、≪ちょっと見てよ≫」 競馬は、レース名に「英語で1月から12月までのレースが含められており、また陰暦も全て使われていますね。」結構、馬名からも、レースからも勉強になりますね。


【プロフィール】
父 ハーツクライ 性別 牝 馬主 ゴドルフィン
母 ザミリア 馬齢 3歳 調教師 国枝栄(美浦)
母の父 Cape Cross 生年月日 2016年4月17日 生産牧場 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
母の母 Angelic Sounds 毛色 栗毛  産地 日高町
馬名意味 腹蔵なく


2019年3月2日(土曜) 1回阪神3日

5Rメイクデビュー阪神 サラ系3歳 コース:1,400メートル(ダート・右) 混合指定 16頭立て 天候晴 ダート 稍重

メラン Meran(JPN)(近親馬 ラナウェイボーイ、シゲルチヌダイ)

2019/03/02 1阪神3 晴 5 3歳新馬 16頭立て 4枠 8番 オッズ100.2 14番人気 1着 田中勝春 56 ダ1400 稍
タイム 1:27.0 着差-0.5 通過 1-1 ペース35.1-39.5 上り39.5 496(0) 2着馬 (タイヨウノコマチ) 600.0

 レース展開
わずかに好ダッシュは外「16番サンクビジュー」内から接近するのは「13番タイヨウノコマチ」で前2頭並んで、更に内からも前へと上がって来て、芝コースからダートコースに変わる。「12番ミユキメガバックス」そして内から接近する「8番メラン」、その後ろは外を回って「11番コンテナラッシュ」その内に「9番ノーブルワークス」で前4頭で、五番手「6番サンマルフラッシュ」その後外目から「13番タイヨウノコマチ」。そして3馬身後方に「16番サンクビジュー」中団、後は2馬身後方に「5番フラッパー」外から「7番ワンダーエマ」が交わして上がって行き3コーナーカーブ。その後ろ離れて外から「2番ベストマティーニ」内からは「1番タガノスプモーネ」そして外を回って上がって行く「14番タガノコノミン」、直後に「3番ヴィヴァンフィーユ」そして2馬身後ろに内「4番タガノジョーヌ」外から「15番ビービーダン」追走で最後方馬は「10番ブルーコンパクタ」。
 先団は4コーナーカーブを回り、前はわずかに「8番メラン」先頭で直線コースへと向く。先頭は「8番メラン」二番手にいた「9番ノーブルワークス」は後退して行き、後は間を突いて「16番サンクビジュー」が出て来て、外から接近してくるのが「13番タイヨウノコマチ」。残り150mで抜けた「8番メラン」、二番手に「13番タイヨウノコマチ」が上がって来る、内は三番手「16番サンクビジュー」後方から「3番ヴィヴァンフィーユ」も追い込んで来るが、先頭は「8番メラン」が「13番タイヨウノコマチ」に3馬身の差をつけてゴールイン。



【プロフィール】
父 アルデバラン2 性別 牡 馬主 中辻明
母 ミネルバローズ 馬齢 3歳 調教師 奥村豊(栗東)
母の父 フジキセキ 生年月日 2016年5月10日 生産牧場 谷川博勝
母の母 ミネルバサウンド 毛色 黒鹿毛 産地 青森県
馬名意味 イタリアの都市名


(馬のプロフィールはJRAより)

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック