SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS 令和元年「大相撲五月場所・中日」「横綱鶴竜」も「関脇栃ノ心」も敗れる。

<<   作成日時 : 2019/05/19 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中日にて、全勝力士が一人もいなくなりました。

今日は、色々有りましたね・・・

 「新大関貴景勝」の再出場・全勝力士がいなくなる。

「大関豪栄道」、「行司伊之助さんと接触して、勝ちとなる」(これ、伊之助さんと接触して無かったら、土俵割っていたかも知れませんでしたね

 今日は、中日と言う事でゲストに私と同じ年の「岩崎宏美さん」が出ていて・・・Twitterでの、募集も有った通り祭り騒ぎ的な事もあった中、色々なコメントが有りましたね。

 まずは再出場の「新大関貴景勝」、Twitterの中では、「碧山の変化かよ」と言う声も上がっていたが・・・私から見れば「碧山関」は「土俵上に上がった時に変化するを決めた」と言っていましたが、怪我をしているのがわかっている力士と相撲を取る、と言うのは、本当に複雑な物が有ります。そして、今日の「碧山関」の「変化」は自分の「☆」を伸ばすのでは無くて、最大限の優しさだった思います(相手にとっては屈辱にも思えますが、碧山関は、本当に優しい力士なのです。今日から休場した魁聖関同様に・・・)。

 「新大関貴景勝」に関しては、二度と「横綱稀勢の里」にはなって欲しくないと思っていたのでは。「貴景勝」も「稀勢の里」も本当に、真面目な力士です。(元稀勢の里に関しては、怪我をしている左肩をわざわざ狙って行く力士が殆どでした。わざわざその怪我を突いて自らの勝ちをもらう」という事も多いでしょう。「元稀勢の里」に関しては、本当に多かった様に見えその結果途中休場したりが続いてしまいました。

 もしもですが・・・「横綱になった時点で・・・怪我をしているならば、最初から何場所か休場すれば・・・」恐らく、今でも、横綱で優勝もしていたと思います。(私にしてみれば・・・元横綱稀勢の里を応援していたので、観ているだけで、寿命が縮まる思いをしていたのですが・・・)

 明日から「大関貴景勝」はどうするかわかりませんが・・・まともに、あの巨体の「碧山関」と「ガチ」で相撲を取ったら、「相撲人生」終わっていたかも知れませんよ。

 また「関脇栃ノ心」Vs「前頭二枚目遠藤」。「遠藤関」のあの相撲勘が出たのかそれとも、やはり「栃ノ心関」のメンタル面の弱さか

 そして結びの一番、「横綱鶴竜」。今まで「勝っても、負けてもポーカーフェイス」だった「横綱鶴竜」が私はモンゴルの横綱の中で一番大好きでした。そのポーカーフェイスが、いつしか無くなってしまったが・・・それでも「横綱鶴竜」が好きだった。

 「モンゴル出身」の「横綱鶴竜」、昨日は危なかったけれど勝って、最近見せていた「苦笑い」が反対に無くなってしまっていた、そこに「横綱鶴竜」に「不安」を感じてしまった私。

 的中してしまった・・・と言う感じでした。見事に館内に「座布団」が、舞い散った。その段階で「チャンネル」を変えてしまったのですが・・・

 今日は「豊山関」も「正代関」も、勝って良かった〜。同じ農大生として、「正代関」・「豊山関」が勝つと言うのはこの上なく、嬉しい事です。

 いつも、二人は時間いっぱいの時に「付け人」との「アイタッチ」。

また「正代関」は、駆け足で花道を立ち去り、警備の人に頭を下げてから〜の・・・「勝った時は、付け人」との「グータッチ」。

 農大生だった私は、以前から「元豊山」の大ファンでした。そして、偶々研究室の隣が「相撲部」でした。

相撲大好き私は、いつも相撲部の稽古など、研究の合間に覗いていました。確かに、稽古そのものは凄く厳しい物が有りましたが・・・「農大」には、どこかのんびりした空気が流れていました。授業が終わると・・・(私は、そのまま、研究室行きでしたが)、馬術部のが「ポコポコ歩く」、達は蹄鉄を履いているのに、柔道部は裸足で走っている。相撲部も・・・お昼寝タイムが有ったりと・・・。また私の学科は、グループごとで実験、レポート提出まで帰れずに・・・終電・終バスに間に合わなかったりと・・・でも、どうせ今日も帰れないなら、どうでもいいさと、途中で寮食道で「うどん(一番安かった)」を食べに行って、帰れなかった人は、寮にいる人の部屋に泊まったり(流石に私は、大学の近くに下宿してしまいましたが・・・)」

 本当にのんびりと時間が流れ・・・研究室に配属した時には、丁度当時「豊山」が引退した時に「相撲部の人から、明日「豊山さん来ますよ」と教えてもらいました。本当に相撲部の人達は、いつもの練習の時とは打って変わって優しい人ばかり・・・。(だから、今の正代関も豊山関も優しさ溢れているのかな
 
 また両関取・・・明日から頑張れです。

ただ・・・この年になると、相撲が始まるとあっという間に「時が流れ去る。」

 これ以上「ドキドキさせて寿命を縮めないでね。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
令和元年「大相撲五月場所・中日」「横綱鶴竜」も「関脇栃ノ心」も敗れる。 SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる