SNOW FARM

アクセスカウンタ

zoom RSS ラヴズオンリーユー無敗女王レースレコードでV!ラヴズオンリーユー無敗女王/オークスGT

<<   作成日時 : 2019/05/24 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年「優駿牝馬(オークス)(GT) 東京競馬場 2400メートル(芝)」」について

 勝った「ラヴズオンリーユー」は【父:ディープインパクト・母:ラヴズオンリーミー】の子供。流石に勝つために生まれて来ただったのかな。そして、またもや「コースレコード」見事な見応えのある「追い込み」での勝利でした。
 そして2着にクビ差で入選した「カレンブーケドール」の父も「ディープインパクト」。そして「カレンブーケドール」は、最後の「オークス最後トライアルのスイートピーSで優先出走権のチケット」を手にして臨んだレースだった。
 正直、私は勝った「ラヴズオンリーユー」に対しては、例え3連勝中でも「まだまだ経験不足なのではまた、3走共に小頭数でのレースだった事、今一鞍上のデムーロジョッキーの騎乗が最近不安定な所もある」と思っており、「デムーロさん来たらゴメンナサイ馬券(全く「ラヴズオンリーユー」の馬券を買わずに)しか、買っていなかったと言う事で・・・それも、まさか、まさか「スイトピー組」の「カレンブーケドール」も全く頭の中に無かったと言う訳で・・・。ただただ、一言でそれまでのレースはどうでも良く、「二頭とも本当に可愛い名前だな〜」と思っていた次第です。



 レース展開
「1番ジョディー」が好スタートで、そのまま先頭に立つ。そして「3番コントラチェック」二番手、三番手は広がって外「5番エールヴォア」内「2番クロノジェネシス」更に外「10番カレンブーケドール」・「14番フェアリーポルカ」大外「16番ビーチサンバ」と前に出て行く。その後のグループに「8番ダノンファンタジー」で18頭が1コーナーをカーブして行き、先頭は「1番ジョディー」でリードは2馬身で2コーナーカーブへ。「3番コントラチェック」が二番手、三番手は2馬身半差が開いて「5番エールヴォア」。インコースに四番手「2番クロノジェネシス」そして差が無くその外「10番カレンブーケドール」で2コーナー。その後並んで内「8番ダノンファンタジー」外「14番フェアリーポルカ」で向正面に入る。中団のインコースに「7番シャドウディーヴァ」差が無く外に「13番ラヴズオンリーユー」先頭との差は、7〜8馬身。そしてその後内「11番シゲルピンクダイヤ」外から「16番ビーチサンバ」が追走して、1000mの通過タイムは「59.1秒」。「16番ビーチサンバ」の後は「15番ノーワン」でその外に「17番メイショウショウブ」、そしてその後ろから「9番ウインゼノビア」が内を通って前へと出て行く。後方4頭目「12番ウィクトーリア」で残り1200mを切り3コーナーへと向かう。その後インコースに入った「18番フィリアプーラ」そして「4番シェーングランツ」で最後方馬は「6番アクアミラビリス」で3コーナーをカーブして残り1000mを切った。
 先頭は「1番ジョディー」で外から「3番コントラチェック」が差を詰めて行きリードは1馬身、3,4コーナー中間で、「5番エールヴォア」三番手で残り800mを切る。その後外目「10番カレンブーケドール」そして内に「2番クロノジェネシス」で五番手追走。その「2番クロノジェネシス」に「8番ダノンファンタジー」が並んで行く。そして「14番フェアリーポルカ」インに「7番シャドウディーヴァ」・「16番ビーチサンバ」その後に「13番ラヴズオンリーユー」と続いて、4コーナーカーブから直線コースに入る。
 今度は「3番コントラチェック」が先頭に変わり、外は「10番カレンブーケドール」この2頭の間に「5番エールヴォア」三番手、残り400mを切って坂を登って行く。その後は「7番シャドウディーヴァ」が外に持ちだして、「8番ダノンファンタジー」も後から追って来る。先頭は「10番カレンブーケドール」に変わり、内からは「2番クロノジェネシス」坂を登って残り200mを切って、三番手は広がって、外から追い込んで来るのは「13番ラヴズオンリーユー」。先頭は「10番カレンブーケドール」そして「13番ラヴズオンリーユー」がそれに並び捕らえてわずか先頭に変わり、クビ差を付けてゴールイン、三番手は接戦となり、3着は2馬身半後方で「2番クロノジェネシス」。



着 順

1着 7枠 13番 ラヴズオンリーユー 牝3 55.0 Mデムーロ タイム2:22.8 1番人気 オッズ4.0 34.5 通過9-8-10-10 (栗東)矢作 456(0)

2着 5枠 10番 カレンブーケドール 牝3 55.0 津村 2:22.8 着差クビ 12番人気 オッズ94.1 上り35.1 通過4-4-4-4 (美浦)国枝 460(-4)

3着 1枠 2番 クロノジェネシス 牝3 55.0 北村友 タイム2:23.2 着差2.1/2 2番人気 オッズ4.1 35.4 通過4-4-4-5 (栗東)斉藤崇 432(-2)



「オークス・G1」(19日、東京)

 速い。そして強い。ラヴズオンリーユーが無傷の4連勝。レースレコードで樫の女王に輝いた。M・デムーロは史上10人目のクラシック完全制覇を達成。2着には12番人気のカレンブーケドール。2番人気のクロノジェネシスは桜花賞に続き、また3着に敗れた。

 史上5頭目となる無敗の樫の女王が誕生した。ラヴズオンリーユーが4連勝。12年にジェンティルドンナがマークした2分23秒6のレースレコードを0秒8更新する高速時計でG1初制覇を成し遂げた。

 大舞台でも強さは変わらなかった。中団で脚をためると、外へ持ち出した直線はグングン加速。ゴール寸前で先に抜け出したカレンブーケドールを首差とらえた。「前残りの馬場だし、届くかなと思ったけど、初めて本気を出してくれた。すごい瞬発力がある。素晴らしかった」。M・デムーロは満面の笑みで相棒をたたえた。

 道のりは順風満帆ではなかった。デビューから2連勝後、描いていたプランが急転した。休養中に細菌が入って脚が腫れ、回復に手間取るアクシデント。急仕上げを承知でも忘れな草賞を選んだのはオークスを勝つためだった。大きな上積みを加えて臨んだ大一番をものにし、矢作師も「すごい馬だと改めて思った。感謝です」とホッとした表情を見せながら「春は間に合わないと思っていたので、今ここにいるのが夢のようです」と感慨深げにした。

 優秀な遺伝子に成長力を足した勝利。「気持ちが強い。負けたくない馬。ボクと一緒」と主戦が笑う。トレーナーは管理した全兄でドバイターフを制したリアルスティールと比較し、「筋肉の柔らかさや落ち着きはこちらの方がかなり上。大きな夢を持っている」と器の大きさを強調した。

 頼れる男がエンジン全開だ。今年はNHKマイルC制覇に続き、今度は史上10人目のクラシック完全制覇を達成したミルコ。「いい馬に乗って、いい騎乗をして、勝たせることがボクの仕事。ファンが買ってくれる馬券に応えたい。もっと勝ちたい。もっとうまくなりたい」とまだまだ満足はしていない。

 勢いに乗る鞍上と樫の女王。最強タッグに矢作師が「海外に行ってみたい。世界を舞台に戦いたい」と夢を描く。速くて強いニューヒロイン。その快進撃はまだまだ続く。

提供:デイリースポーツより

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラヴズオンリーユー無敗女王レースレコードでV!ラヴズオンリーユー無敗女王/オークスGT  SNOW FARM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる