2019年6月2日(日曜)「2歳メイクデビュー」

2019年6月2日(日曜) 3回東京2日

5Rメイクデビュー東京 コース:1,600メートル(芝・左) 混合指定 8頭立て 天候曇 芝 良

サリオス Salios(JPN) 近親馬(サラキア、サロニカ)

2019/06/02 3東京2 曇 5 2歳新馬 8頭立て 7枠 7番 オッズ3.2 2番人気 1着 レーン 54 芝1600 良
タイム1:37.1 着差 -0.3 通過 5-5 ペース38.3-33.6 上り33.1 534(0) 2着馬 (アブソルティスモ) 700.0

 レース展開
バラついたつたーとの中で「8番エクメディノツルギ」出遅れ、先行争いは、好ダッシュ「1番アブソルティスモ」そして「5番オーヴァル」二番手に付けて、「1番アブソルティスモ」先頭で1馬身半のリードを取る。そして「5番オーヴァル」二番手、その内から「「2番セイカタチバナ」。1馬身半差で「6番ニジノハシ」四番手、馬群の中「4番カクシン」で中団グループで残り1200mを切る。その後内から「3番アルトゥーロ」外からは「7番サリオス」、そして2馬身あいて最後方「8番エクメディノツルギ」で一塊で、600mの通過タイムは「38.3秒」。
 先頭に立った「1番アブソルティスモ」リードは1.5馬身~2馬身、二番手「5番オーヴァル」で3,4コーナー中間。外に「6番ニジノハシ」三番手、と前にさおあ並んで行く。四番手はインコースに「2番セイカタチバナ」で残り800mを切る。その後馬郡の中に「4番カクシン」がいて外目から「7番サリオス」で先頭まで4馬身ぐらい。そして「3番アルトゥーロ」インコース、その外に「8番エクメディノツルギ」で4コーナーから直線コースに向かって行く。
 先頭は「1番アブソルティスモ」リードは1馬身半、「5番オーヴァル」二番手で残り400mを向かえる。そして大外から「7番サリオス」が二番手に上がって、先頭「1番アブソルティスモ」を追っている。内からはラチ添いから「2番セイカタチバナ」も追っている。坂の登りで「7番サリオス」が「1番アブソルティスモ」を交わして行き、残り200mを切ってリードを1馬身、2馬身と広げて行く。「1番アブソルティスモ」二番手で後は大きく離れて三番手は固まって来る。先頭は「7番サリオス」、2着馬「1番アブソルティスモ」に2馬身の差を付けて、ゴールイン。3着は更に「1番アブソルティスモ」に7馬身差を付けられ離れて「5番オーヴァル」。



【プロフィール】
父 ハーツクライ 性別 牡 馬主 (有)シルクレーシング
母 サロミナ 馬齢 2歳 調教師 堀宣行(美浦)
母の父 Lomitas 生年月日 2017年1月23日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Saldentigerin 毛色 栗毛  産地 安平町
馬名意味 ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想

「ニジノハシ」良い名前だね


6Rメイクデビュー東京 コース:1,600メートル(芝・左) 牝馬指定 7頭立て 天候曇 芝 良

モーベット Mauvette(JPN) (近親馬 ユアーズトゥルーリ)

2019/06/02 3東京2 曇 6 2歳新馬 7頭立て 1枠 1番 オッズ1.8 1番人気 1着 ルメール 54 芝1600 良
タイム 1:36.9 着差-0.3 通過 7-7 ペース36.6-34.4 上り33.8 454(0) 1着馬 (ロジアイリッシュ) 700.0

 レース展開
バラついたスタートで「1番モーベット」最後方からのスタート、そして「5番ロジアイリッシュ」も後ろから2頭目。先行争いは、「2番ビッククインバイオ」好ダッシュ、「4番スリリングドリーム」二番手でその後1馬身半差で「6番ソスピタ」、そして内から「3番クロキシ」、外から「7番ソヨギ」その後2馬身あいて「5番ロジアイリッシュ」更に2馬身あいて最後方に「1番モーベット」。前から後ろまでは7馬身ぐらいの隊列でで3コーナー、残り1000mを切って600mの通過タイムは「36.6秒」。
 「2番ビッククインバイオ」が先頭でリードは体半分、外「4番スリリングドリーム」二番手で三番手は1馬身後ろに外「7番ソヨギ」内「3番クロキシ」と並んでいる。そしてその2頭の間から「6番ソスピタ」が追走して、後ろには接近して来た「5番ロジアイリッシュ」、そして2馬身後ろに最後方「1番モーベット」。
 残り600mを切って、最後方の「1番モーベット」が徐々に外目に出して来て、4コーナーカーブから直線コースへ。7頭一団となっており、 先頭は「2番ビッククインバイオ」でリードは体半分、外「4番スリリングドリーム」インコースに「3番クロキシ」。更に外から「7番ソヨギ」、その内に「6番ソスピタ」。そしてその後ろの外目に「5番ロジアイリッシュ」と広がって来て、1番後ろに外に出した「1番モーベット」、そして7頭横にずらりと広がって、今度は外から「5番ロジアイリッシュ」が先頭か?。しかし大外から「1番モーベット」がまとめて交わして、二番手は内「2番ビッククインバイオ」か外「5番ロジアイリッシュ」。「1番モーベット」は二番手に2馬身の差を付けて快勝、2着は「5番ロジアイリッシュ」そしてハナ差で3着「2番ビッククインバイオ」。



【プロフィール】
父 オルフェーヴル 性別 牝 馬主 (有)シルクレーシング
母 アイムユアーズ 馬齢 2歳 調教師 藤沢和雄(美浦)
母の父 ファルブラヴ 生年月日 2017年2月7日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 セシルブルース 毛色 栗毛  産地 安平町
馬名意味 2月7日の誕生色。色言葉は自主性、天才的資質


2019年6月2日(日曜)3回阪神2日

5Rメイクデビュー阪神 コース:1,400メートル(芝・右) 混合指定 11頭立て 天候曇 芝 良

タイセイビジョン Taisei Vision(JPN) (近親馬 ノストラダムス、ムニアイン)

2019/06/02 3阪神2 曇 5 2歳新馬 11頭立て 6枠 6番 オッズ2.8 1番人気 1着 石橋脩 54 芝1400 良
タイム 1:23.0 着差-0.4 通過 6-2 ペース34.8-36.4 上り36.1 454(0) 2着馬 (レッドブロンクス) 700.0

 レース展開
好スタートは「5番サイクロトロン」追って外から「10番テレーザ」・「7番スーパーセヴン」、内から「4番ペプチドサクラ」と前に出て先団グループ。その中から「7番スーパーセヴン」が下がって控えて、その内に「2番ノーブルライガー」が上がって行き、2馬身後方に内「3番レッドブロンクス」その外に「6番タイセイビジョン」が並んで中団から先団を狙う。そしてこれから3コーナーへ、2馬身後ろに「9番メイショウマサヒメ」その後3馬身ひらいて「8番ワンダフルデイズ」も3コーナーを回って行く。そして後方2頭目に「11番グランフェスタ」、大きく差がついて最後方「1番ゴールデンイーグル」。
 先頭は残り800mを切って、600mの通過タイムは「34.8秒」で3,4コーナー中間を過ぎ、先頭は「10番テレーザ」そしてその外に並びかける「4番ペプチドサクラ」、4コーナーカーブに向かって残り600mを切る。そして三番手に一気に「6番タイセイビジョン」が上がって来て先頭の外にまで並びかけて来た。その後ろは「2番ノーブルライガー」間に「5番サイクロトロン」最内「3番レッドブロンクス」差が無く外から「9番メイショウマサヒメ」で、既に直線コースに向いて、遅れて「7番スーパーセヴン」。坂を登りかかって、完全に「6番タイセイビジョン」が先頭に立ち、その後ろから内「3番レッドブロンクス」外から「2番ノーブルライガー」が追って行く。残り200mを切って、内「3番レッドブロンクス」が二番手に上り、「6番タイセイビジョン」は「3番レッドブロンクス」に2馬身半の差を付けてゴールイン、更に3着は「3番レッドブロンクス」と5馬身離れて「2番ノーブルライガー」。



【プロフィール】
父 タートルボウル 性別 牡 馬主 田中成奉
母 ソムニア 馬齢 2歳 調教師 西村真幸(栗東)
母の父 スペシャルウィーク 生年月日 2017年2月26日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ドリームスケイプ 毛色 栗毛  産地 安平町
馬名意味 冠名+先見の明


(馬のプロフィールは、JRAより)

画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック