2019年12月8日(日曜)「2歳メイクデビュー」

2019年12月8日(日曜) 5回中山4日

5Rメイクデビュー中山 コース:1,600メートル(芝・右 外)混合指定 16頭立て 天候晴 芝 良

インターミッション Intermission(JPN) (近親馬 フィオレドーロ)

2019/12/08 5中山4 晴 5 2歳新馬 16頭立て 5枠 9番 オッズ2.3 1番人気 1着 石川裕紀 54 芝1600 良
タイム 1:37.1 着差-0.2 通過 2-2-2 ペース37.4-35.3 上り35.2 416(0) 2着馬 (ランナウェイ) 700.0

 レース展開
少しバラついたスタートの中、「10番タツシデン」後方から。「3番ロブソンテソーロ」・「4番ランナウェイ」は好スタートを見せて、そして間から「9番インターミッション」も好スタート。そしてその中「4番ランナウェイ」が先頭に立ち「9番インターミッション」は二番手に上がる。その後ろから外「7番ショシカンテツ」間からは「6番マサノルビー」最内に「3番ロブソンテソーロ」と「3番ロブソンテソーロ」は後退して、ゆるいカーブを回って行く。そして外から「14番ドルレアン」も追い上げて行き2コーナーを回って行く。その直後に「8番コスモブルーノーズ」で向正面に出て行く。その後内「2番アクニディ」間は「12番ガルナッチャ」外はからは「15番メイリバティ」が追走して行き、向正面中間に入り残り1000mを通過。内から「13番フェアリーグルーヴ」それを徐々に外から追い上げる「11番サトノバシリス」で残り800mを切り、その後ろからは外「1番バロネ」そして内から「16番ビエーン」が交わして行き3コーナーを回って行き、離れて「5番セルフィーバイブス」が最後方で3,4コーナー中間に入る。
 前は残り600mを切って、4コーナーのカーブに向かって行く。先頭は「4番ランナウェイ」で1馬身のリード、そして追い上げに入る「9番インターミッション」は二番手で4コーナーのカーブで残り400mを通過して、三番手から徐々に接近する「7番ショシカンテツ」内からは「3番ロブソンテソーロ」で残り200mを切って、後ろの集団は馬郡の中から追い上げて来る「8番コスモブルーノーズ」そして外からも追い上げて来る「15番メイリバティ」。先頭は「9番インターミッション」に変わり、内で粘る「4番ランナウェイ」、三番手に「8番コスモブルーノーズ」が上がって来て「9番インターミッション」は「4番ランナウェイ」に1.1/4馬身の差をつけてゴールイン、3着は更に1馬身半離れて「8番コスモブルーノーズ」。



【プロフィール】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)下河辺牧場
母 レイカーラ 馬齢 2歳 調教師 手塚貴久(美浦)
母の父 キングカメハメハ 生年月日 2017年1月19日 生産牧場 下河辺牧場
母の母 カーラパワー 毛色 黒鹿毛 産地 日高町
馬名意味 観劇の休憩

「10番タツシデン」は、向正面で競走中止。寒い時のレースは、の脚にも支障があるんだな~。吉田豊ジョッキーの判断は、正解でしたね、ありがとう。

6Rメイクデビュー中山 コース:1,800メートル(ダート・右)牝馬指定 13頭立て 天候晴 ダート 良

ミュアウッズ Muir Woods(JPN) (近親馬 ダノンアイリス、ダノンフォワード)

2019/12/08 5中山4 晴 6 2歳新馬 13頭立て 5枠 6番 オッズ2.2 1番人気 1着 石橋脩 54 ダ1800 良
タイム 1:56.6 着差-0.6 通過 1-1-1-1 ペース37.3-39.3 上り39.3 586(0) 2着馬 (ルコントブルー) 700.0

 レース展開
外枠2頭は、後方からのスタート。前は押して出て行く「5番ツバキヒメ」更に外から「6番ミュアウッズ」追って「8番カリカンテ」、そして外から「10番セイウンヒロイン」・「11番シャランドール」。内からは「5番ツバキヒメ」が控えて「4番ソフィスティケイト」と先団に上がって行く。態勢は変わって、前並んで行くのは「6番ミュアウッズ」・「8番カリカンテ」で1コーナーのカーブを回って行く、その後ろは横に4頭広がる形で、更に外には「10番セイウンヒロイン」と「11番シャランドール」。「6番ミュアウッズ」先頭で半馬身のリード、二番手は「8番カリカンテ」で2コーナーのカーブ、そして「8番カリカンテ」の外に「10番セイウンヒロイン」がつけてインコース「4番ソフィスティケイト」は四番手で2コーナーカーブから向正面に出る。その後外目に「11番シャランドール」間から「5番ツバキヒメ」が追走して最内には「2番トップブランド」。更にその外から「7番トーホウカッフェ」・「9番ルコントブルー」と追走して行き、その後ろインコース「3番ラズベリードリーム」が押して来て(1000mの通過タイムは「64.2秒」)3コーナーを回って行く。後方3頭は「12番カフェレヨン」内から「1番シゲルニクス」最後方は「13番 レディーフラッシュ 」で3コーナーを回って行く。
 前は残り600mを切って3,4コーナー中間に入り、先頭は「6番ミュアウッズ」でリードは1馬身となり外からは「4番ソフィスティケイト」が二番手で残り400mを切って、先頭を追う後方、大外から「9番ルコントブルー」が差をつめて来て直線コースに入って行き三番手。その後ろは少し差が有り「10番セイウンヒロイン」。「6番ミュアウッズ」は残り200mを切って後ろを突き放し、2馬身・3馬身のリード、二番手には「9番ルコントブルー」が上がって来て前を追っている。三番手に上がったのは「10番セイウンヒロイン」で、「6番ミュアウッズ」は見事に逃げ切って「9番ルコントブルー」に3馬身半の差をつけてゴールイン、更に5馬身差で3着は「10番セイウンヒロイン」。



【プロフィール】
父 ダイワメジャー 性別 牝 馬主 吉田勝己
母 カリフォルニアネクター 馬齢 2歳 調教師 尾関知人(美浦)
母の父 Stormy Atlantic 生年月日 2017年1月29日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 Absolute Nectar 毛色 鹿毛  産地 安平町
馬名意味 カリフォルニア州サンフランシスコにある国定公園

やはり「牝馬指定レース」ですね、「ルコントブルー」«おとぎ話、夢物語(仏)≫ ・「セイウンヒロイン」・「トップブランド」・「ツバキヒメ」・「レディーフラッシュ」


2019年12月8日(日曜) 5回阪神4日

4Rメイクデビュー阪神 コース:1,200メートル(芝・右)混合指定 9頭立て 天候晴 芝 良

グランマリアージュ Grand Mariage(JPN) (近親馬 ファストアズエバー、エフハリスト)

2019/12/08 5阪神4 晴 4 2歳新馬 9頭立て 5枠 5番 オッズ13.0 4番人気 1着 田辺裕信 54 芝1200 良
タイム 1:10.1 着差-0.4 通過 1-1 ぺース35.6-34.5 上り34.5 468(0) 2着馬 (アイティナリー) 700.0

 レース展開
「3番レイワハルカ」後方からのスタート。先行争いは中から「5番グランマリアージュ」が好スタートで出て行く、外からは「6番サンライズアルコン」が二番手、更に「8番ジェドゥラシャンス」内「1番ピュリフィアン」三番手。大外からは「9番プティシュシュ」、その後ろに「2番アイティナリー」で先頭までは5馬身ぐらいの位置で3コーナーカーブ。後は間があいて内「4番アイスヴィスタ」外は「7番メイショウギンレイ」そして1頭遅れて「3番レイワハルカ」が最後方。
 前は3,4コーナー中間に差し掛かり、先頭は「5番グランマリアージュ」でリードは1馬身、追って行く「6番サンライズアルコン」と「8番ジェドゥラシャンス」。四番手は3頭で内「1番ピュリフィアン」間「2番アイティナリー」外からは「9番プティシュシュ」で600mの通過タイムは「35.5秒」。4コーナーに向かって内から押し上げる「4番アイスヴィスタ」、4コーナーカーブ。先頭は「5番グランマリアージュ」でリードは1馬身、そして外に出した「8番ジェドゥラシャンス」で直線コースに入って行く。更に外に持ちだした「2番アイティナリー」、前は横に広がって、「5番グランマリアージュ」はリードを取って2馬身~3馬身。残り200mを切って、二番手に上がった「2番アイティナリー」内は「8番ジェドゥラシャンス」三番手。「5番グランマリアージュ」のリードは3馬身、二番手は外「2番アイティナリー」三番手は「8番ジェドゥラシャンス」。そして「5番グランマリアージュ」は押し切って「2番アイティナリー」に2馬身半の差をつけてゴールイン、更に1.3/4馬身差で3着は「8番ジェドゥラシャンス」。



【プロフィール】
父 スウェプトオーヴァーボード 性別 牝 馬主 (株)グリーンファーム
母 ラヴアズギフト 馬齢 2歳 調教師 牧浦充徳(栗東)
母の父 Tiznow 生年月日 2017年3月23日 生産牧場 恵比寿興業(株)那須野牧場
母の母 Fast as Light 毛色

5Rメイクデビュー阪神 コース:1,800メートル(芝・右 外)混合指定 9頭立て 天候晴 芝 良

マルガイ アメリカンシード American Seed(USA)

2019/12/08 5阪神4 晴 5 2歳新馬 9頭立て 5枠 5番 オッズ6.1 3番人気 1着 川田将雅 55 芝1800 良
タイム 1:48.5 着差-0.1 通過 2-2 ペース36.2-33.7 上り33.7 482(0) 2着馬 (ワイドカント) 700.0

 レース展開
中から「5番アメリカンシード」が好スタートを切る、内から「4番ワイドカント」がそれに並んで行き2頭が前へと行く。その後ろ三番手は並んでおり外「7番リンドブラッド」間「6番マルカエイペックス」内は「3番ブライトアイズ」。その後3馬身ひらいて内「1番ラブアンバサダー」外は「8番スマイルガール」で中団。そして3,4馬身後ろに「2番ジャルジェ」、最後方は「9番キングリアリティー」で外回りコースへ出て行く。
 残り1200mを通過して「4番ワイドカント」が先頭でリードは1馬身、二番手「5番アメリカンシード」、三番手に外から「7番リンドブラッド」が追走して残り1000mを通過する。その直後最内「3番ブライトアイズ」外目に「6番マルカエイペックス」、2馬身後ろに「1番ラブアンバサダー」外から「8番スマイルガール」が追走、その内に「2番ジャルジェ」が並んで来て最後方は「9番キングリアリティー」で1000mの通過タイムは「61.8秒」。前は4コーナーに向かって、先頭は「4番ワイドカント」外差が無く「5番アメリカンシード」更に外から「7番リンドブラッド」で残り600mを切る。その後「6番マルカエイペックス」が間、内には「3番ブライトアイズ」でその後ろで外に出す「1番ラブアンバサダー」で直線コースに入る。前は外「5番アメリカンシード」内には「4番ワイドカント」外から差をつめる「7番リンドブラッド」、そして間を割ろうとしている「6番マルカエイペックス」。今度はわずかに先頭は「5番アメリカンシード」に変わり内は粘る「4番ワイドカント」、残り200mを切って三番手は「6番マルカエイペックス」、少し前とは差が開いて「7番リンドブラッド」は後退して行き、前は「5番アメリカンシード」そして内「4番ワイドカント」も粘って、更に後ろから「6番マルカエイペックス」が差をつめて来て、先頭は「5番アメリカンシード」が「4番ワイドカント」に3/4馬身の差をつけてゴールイン、そしてクビ差で3着は「6番マルカエイペックス」。



【プロフィール】
父 Tapit 性別 牡 馬主 吉澤克己
母 Sweet Talker 馬齢 2歳 調教師 藤岡健一(栗東)
母の父 Stormin Fever 生年月日 2017年3月17日 生産牧場 Courtlandt Farm
母の母 Another Vegetarian 毛色 鹿毛  産地 米
馬名意味 冠名+強者の特権


2019年12月8日(日曜) 4回中京4日

5Rメイクデビュー中京 コース:2,000メートル(芝・左)混合指定 10頭立て 天候晴 芝 良

テンピン Tempin(JPN) (近親馬 ネル、グレイトマキシマス)

2019/12/08 4中京4 晴 5 2歳新馬 10頭立て 3枠 3番 オッズ10.7 5番人気 1着 中井裕二 55 芝2000 良
タイム 2:03.0 着差-0.2 通過 2-2-2-2 ペース38.2-35.5 上り35.4 502(0) 2着馬 (エムテイオー) 700.0

 レース展開
ほぼ揃ったスタートの中での先行争い、まず「3番テンピン」・「2番エムテイオー」が出て行く。そしてその後ろは広がって、「4番ダノンルミナ」外「6番ヴァシリアス」内から「1番ウインジョイフル」その間に入った「7番スズカスペクトル」。2馬身差で中団は間「8番エイシンマシーン」内は「10番スリーシャーペン」外は「9番マルカバージョン」で1コーナーカーブを回る時に、外にふくらみ最後方の「5番トレゾア」が内から交わして1コーナーカーブ。先手を取ったのは「2番エムテイオー」でリードはクビほど、外には「3番テンピン」が並んでいる。2頭の後ろは1馬身あいて、外から「4番ダノンルミナ」最内「1番ウインジョイフル」間に「7番スズカスペクトル」と3頭ほぼ差は無く、向正面。そして3馬身ひらいて中団外「6番ヴァシリアス」内から「10番スリーシャーペン」が追走して、2頭の後ろは内「8番エイシンマシーン」外から「5番トレゾア」が追走。最後方は7馬身・8馬身離れて「9番マルカバージョン」で各馬3コーナーのカーブへと向かう。
 逃げる「2番エムテイオー」は体半分のリード、二番手に「3番テンピン」でまた「2番エムテイオー」に迫って行き、その後ろは1馬身差で内から「1番ウインジョイフル」で残り800mを通過。外「4番ダノンルミナ」が前の2頭に迫って行く。更に間から「7番スズカスペクトル」、そしてその後ろから「6番ヴァシリアス」そして外から上がって行く「8番エイシンマシーン」で4コーナーのカーブ。その後ろは「5番トレゾア」更に内から「10番スリーシャーペン」、最後方はぽつんと1頭「9番マルカバージョン」。4コーナーをカーブして直線コースへ、「2番エムテイオー」が先頭で残り400mを通過して外から「3番テンピン」が並んで来る。内・外離れて2頭の競り合い。その後ろから「1番ウインジョイフル」と「7番スズカスペクトル」、そして大外後方から「5番トレゾア」が追い込んで来る。坂を上がって2頭の争い、内「2番エムテイオー」外「3番テンピン」今度は合わせ馬に。それを追って三番手は4頭、そして「3番テンピン」が競り勝って「2番エムテイオー」に1.1/4馬身の差をつけてゴールイン、3着はクビ差で後ろから追い込んで来た「5番トレゾア」。



【プロフィール】
父 ジャスタウェイ 性別 牡 馬主 ユアストーリー
母 プリティカポレイ 馬齢 2歳 調教師 安田隆行(栗東)
母の父 クロフネ 生年月日 2017年3月26日 生産牧場 新冠橋本牧場
母の母 タイムフェアレディ 毛色 黒鹿毛 産地 新冠町
馬名意味 天稟。生まれ持った才能

そう言えば、東京競馬場ではよく最後方のが、前の馬郡からかなり離れている時に「ポツンと1頭」と言う言葉を言っており、ようやく「中山」に移りそれが聞けなくなったな~、と思っていたら、ここでも「ポツンと1頭」が出たか。「ポツンと一軒家」じゃあるまいし、もう少し言い言葉無いのかな。と・・・今まで「かなり離れて」とか書き換えていた私です。


(馬のプロフィールは、JRAより)

お馬たち1.JPG





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント