冬の風物詩:日本馬が頑張った「香港:シャティン」の結果。

 「冬の風物詩」と言われる「香港:シャティン」。

私にとっては「香港:シャティン」においては、どうしてもこのレースで引退としていた「ステイゴールド」の初めての「GⅠ」制覇である。

https://36968449.at.webry.info/201502/article_5.html

あの時は香港まで行こうか、どうしようか。と迷ったぐらいだったのだが・・・。

私の当時の「友達」も、数人「香港:シャティン」まで行った。

そして今年の「香港:シャティン」では、見事に「日本」が実力を発揮してくれた。

「香港カップ」においては、私が大好きだった「ステイゴールド産駒」の「ウインブライト 」が、わずか「頭差」では有ったが勝利を収め、これでまた、今亡き「ステイゴールド産駒」の「GⅠ」勝ちの更新を果たした。

 「香港:シャティン」においては、「ステイゴールド」は「黄金旅程」と言うゼッケンで出走して、又私がかつて好きだった「ローゼンカバリー」は確か「薔薇騎士」と言う名で出走した覚えがある。

 もし、「ウインブライト 」が、何と言うゼッケンだったが知っている方がいらしたら教えてもらいたい。

そして「香港マイル」では、「アドマイヤマーズ 」(私個人としてな、やはりステイゴールド産駒の二番人気だった「インディチャンプ」に願いをかけていたのだが・・・)素晴らしい事で有る。

 また「香港ヴァーズ」では、「グローリーヴェイズ 」の圧勝、そして2着は「ステイゴールドの孫にあたるオルフェーブル産駒のラッキーライラック」のワン・ツー。

 「香港:シャティン」で、見事に「日本」が「花火」を上げてくれた。

「香港で やっと叶った 皆の夢 光り輝く 黄金旅程」
香港ヴァーズ(G1)   ステイゴールド&武豊(2001年)


↑(私が、当時詠んだ「短歌で競馬」より)

追伸「ウインブライト」の香港での馬名を「Twitter」で教えてもらいました。「勝出光菜」との事です。「勝」と「光」は、有ると想像はしていました。「ステゴと愉快な子供たち」の方、ありがとうございました。

ステイ.jpg


↑ステイゴールド

お馬たち1.JPG



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント