驚くレコード女王「レシステンシア」 桜と同タイム!/阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ

阪神 コース:1,600メートル(芝・右 外)国際 牝馬指定 16頭立て 阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ について


 勝った「レシステンシア」の血統は【父:ダイワメジャー ・母:マラコスタムブラダ】の女の仔。これまで「新馬戦;芝1400m(牝馬指定)」を1.1/4馬身の差をつけて勝利しており、また前走の「 KBSファンタジーS(G3) ;芝1400m(牝馬指定)」も、1馬身差で勝利を収めている。上りタイムも、本来ならば追い込んで来るの方が、早い様にも思えるが・・・「35.2秒」と16頭の中で、一番早かった。が、楽しみなですね。今回のレースでは、無敗の女の仔が「3頭」出ていた。一頭は「ハーツクライ 産駒のウーマンズハート」んんんん・・・「新潟で新馬戦・新潟2歳S(G3)」と勝っている。そして「出走頭数」も「16頭」で、多頭数のレースには問題は無い。ただ「時計回りの馬場の経験が無い」そして一番人気に押された「リアアメリア」新馬戦では、同じ阪神の「芝の1600m」8馬身もの差をつけて勝利しており、また次の「 アルテミスS(G3) 」では、東京競馬場「芝の1600m」此方は、3/4馬身差での勝利。右回りも、左回りでもOKでは有るのだが・・・一つだけ心配な事が有った。それは2走とも「6頭立て・9頭立て」と少頭数でのレース。初めての「16頭立て」をどう乗りこなすのかなと言う不安。と言う事で・・・申し訳なかったが「リアアメリア」を切り、今回は「ダイワメジャー」産駒で有れば例え前走が芝;1400mで有っても「芝;1600m」は行けるかもと思った次第です。そして前走は2着では有ったが、新馬戦では「阪神芝;1600m」を混合指定で牡馬に「1馬身半」差をつけて勝利したハーツクライ産駒の「クラヴァシュドール」との「ワン・ツー」有りと。「ワイド」にしておけば良かった~。と後の祭りでした。 

 レース展開
揃ったスタートの中、好ダッシュ「4番レシステンシア」1馬身のリードを取って、これを追って「7番ロータスランド」二番手。内は「1番ヤマカツマーメイド」そして「3番ウーマンズハート 」も前で、外からは「9番 マルターズディオサ 」が「3番 ウーマンズハート」に並びかけて行き、大外に「16番エレナアヴァンティ」内は「5番ボンボヤージ」で3コーナーへ。その2頭の間から「6番クリスティ」で残り1200mを切って、内「1番ヤマカツマーメイド」はここまで下がりその外から「10番クラヴァシュドール」。その後馬郡の中から「8番オータムレッド」その内「2番カワキタアジン」外「13番ジェラペッシュ」大外に「11番ルーチェデラヴィタ」で3コーナーをカーブ。600m通過タイムは「33.7秒」。その後ろは固まって間「12番ヒメサマ」外「15番リアアメリア」内「14番スウィートメリナ」で最後方。
 3コーナーから4コーナー馬郡は一団となって、4コーナーカーブへ向って行く。前はわずかに「4番レシステンシア」が先頭で、残り600mを通過してリードはクビぐらいで4コーナーをカーブ。二番手は外「7番ロータスランド」で4コーナーを回って直線コースへ、その後接近する「9番 マルターズディオサ 」内には「3番ウーマンズハート」そして、その後ろに外から「10番クラヴァシュドール」。「15番リアアメリア」はまだ後方の大外、前は1頭飛び抜けた「4番レシステンシア」既に4馬身のリード、二番手集団は内「3番ウーマンズハート」間「1番ヤマカツマーメイド」外「9番 マルターズディオサ 」で大外から追い込んで来た「10番クラヴァシュドール」4頭。「15番リアアメリア」はもう既に間に合わないか?、まだ中団にいる。先頭は抜けた「4番レシステンシア」が4馬身・5馬身と突放して快勝レコードタイムでのゴールイン、2着は5馬身差で「9番 マルターズディオサ 」3着はハナ差で「10番クラヴァシュドール」。「15番リアアメリア」は6着と終る。



着 順

1着 2枠 4番 レシステンシア 牝2 54.0 北村友 タイム1:32.7 4番人気 オッズ11.2 上り35.2 通過1-1 (栗東)松下 484(-4)

2着 5枠 9番 マルターズディオサ 牝2 54.0 田辺 タイム1:33.5 着差5馬身 6番人気 オッズ43.7 上り35.9 通過3-2 (美浦)手塚 444(+4)

3着 5枠 10番 クラヴァシュドール 牝2 54.0 藤岡佑 タイム1:33.5 着差ハナ 3番人気 オッズ4.8 上り35.5 通過8-8 (栗東)中内田 452(+2)


 「阪神JF・G1」(8日、阪神)

 5馬身差の圧勝で、史上12頭目となる無敗の2歳女王に輝いた。4番人気のレシステンシアが逃げ切りV。勝ちタイムの1分32秒7は06年にウオッカが記録した2歳レース&コースレコードを0秒4更新し、今年の桜花賞レコードと同タイム。北村友は今年G1・3勝目、松下師は開業5年目で初タイトルとなった。2着に6番人気のマルターズディオサが入り、3着は3番人気のクラヴァシュドール。単勝1・8倍と圧倒的1番人気のリアアメリアは6着に敗れた。

 仁川にかかった鮮やかな虹が、栄光への架け橋だった。4番人気のレシステンシアが、デビュー3連勝で2年ぶり史上12頭目となる無敗の2歳女王の座を手にした。好発から思い切り良くハナを奪うと、前半5F57秒5のハイペースで飛ばす。10秒台が1度、11秒台が4度というシビアなラップを刻みながら、ラストはメンバー最速の上がり3F35秒2の末脚で後続を突き放し、5馬身差の圧勝劇を演じた。

 勝ち時計の1分32秒7は、阪神競馬場が改修された06年にウオッカがマークした2歳レース及び、コースレコードで、今年の桜花賞レコードと同タイム。距離延長も内枠を利し見事に克服した。今年G1・3勝目となった北村友は「強かった。馬に感謝です」と相棒に最敬礼。「道中リラックスすることだけを心掛けました。余力はあったし、脚は使ってくれると思っていました」と満面の笑みを浮かべた。

 開業5年目で待望のG1初タイトルをつかんだ松下師は「本当に夢のようで言葉にならないです」と万感の思いをかみしめる。3年前にディーパワンサでJRA・G1初挑戦(4着)した思い出の一戦で、つかんだ最高の勲章。14日には自身の39歳の誕生日を迎えるだけに、「最高のプレゼントになりました」と頬を緩めた。

 今後は馬の様子を見て決めるが、もちろん同じ舞台で行われる桜花賞(4月12日・阪神)が視野に入る。「来年に夢がつながる勝ち方」と師が言えば、「ずっと手前を変えてフワフワしていましたし、まだ粗削りですが、十分に通用するスピードは見せてくれた。強い内容。ポテンシャルも秘めています」と鞍上も期待大。2歳女王はさらなる進化を遂げ、堂々と無敗街道を突き進んでいく。

提供:デイリースポーツより



お馬たち1.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント