2019年12月7日(土曜)「2歳メイクデビュー」

2019年12月7日(土曜) 5回中山3日

5Rメイクデビュー中山 コース:1,800メートル(芝・右)指定 15頭立て 天候雨 芝 稍重

テルツェット Terzetto(JPN) (近親馬 コルネット、リベラメンテ)

2019/12/07 5中山3 雨 5 2歳新馬 15頭立て 2枠 3番 オッズ6.9 2番人気 1着 柴山雄一 54 芝1800 稍
タイム 1:50.9 着差-0.3 通過 9-8-7-7 ペース37.4-上り35.7 35.1 422(0) 2着馬 (ルヴェルソー) 700.0

 レース展開
バラついたスタートで「7番フラワリングナイト」・「12番トキメキナイス」は後方からのスタート。まずスタンド前、押して行く「9番シンクロゲイザー」並んで「10番エンデュミオン」・「11番スズベルベット」の2頭。内からも「1番トモエタカ」・「2番ルヴェルソー」と好スタートで、この5頭を追いながら「15番ナンナ」。1コーナーから2コーナーのカーブに向かって、先頭は「1番トモエタカ」でリードは1馬身半、二番手外「2番ルヴェルソー」三番手は外目「11番スズベルベット」その内から「9番シンクロゲイザー」が四番手で、五番手は外目から「10番エンデュミオン」が追走して、向正面に出る。そこから3馬身・4馬身切れて「15番ナンナ」2馬身差で内「3番テルツェット」外からは「4番アキリザーブ」、その後ろに外目「13番アイオープナー」インコースに「5番パーディシャー」で向正面中間を通過。後は1馬身半ほどあいて「8番ヒューマンコメディ」・「6番ソツナサ」が続いて3コーナーのカーブ、1000mの通過タイムは「62.6秒」。後方からは内「14番フジマサヒーロー」が追い上げて、そして更に外から「7番フラワリングナイト」がこれを交わして行き、最後方は「12番トキメキナイス」。
 3,4コーナー中間に入って、前2頭は並んで内「1番トモエタカ」・「2番ルヴェルソー」。「2番ルヴェルソー」の先頭との差はクビほど、三番手は「11番スズベルベット」そしてそれに外から並んで行こうとする「10番エンデュミオン」で、前は4頭広がるような形で4コーナーのカーブから直線コースへと向かう。その後ろからは大外に「3番テルツェット」、前の争いは「2番ルヴェルソー」が先頭に変わり、外からは「11番スズベルベット」と「10番エンデュミオン」で残り200mを切って、間「11番スズベルベット」は三番手に後退。そして大外からは「3番テルツェット」が上がって行き先頭まで一気に並んで来る。そして先頭の「2番ルヴェルソー」を捕らえて「3番テルツェット」が「2番ルヴェルソー」に2馬身の差をつけてゴールイン、3着はクビ差で「10番エンデュミオン」。



【プロフィール】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 (有)シルクレーシング
母 ラッドルチェンド 馬齢 2歳 調教師 和田正一郎(美浦)
母の父 Danehill Dancer 生年月日 2017年4月20日 生産牧場 ノーザンファーム
母の母 ラヴズオンリーミー 毛色 鹿毛  産地 安平町
馬名意味 三重奏、三重唱(音楽用語)。本馬が母の3番仔より連想

6Rメイクデビュー中山 コース:1,200メートル(ダート・右)混合指定 16頭立て 天候雨 ダート 稍重

ヴァルゴスピカ Virgo Spica(JPN) (近親馬 トニーシャレード、パイクステソーロ)

2019/12/07 5中山3 雨 6 2歳新馬 16頭立て 3枠 6番 オッズ5.3 4番人気 1着 大野拓弥 54 ダ1200 稍
タイム 1:13.4 着差-0.4 通過 3-2 ペース35.5-37.9 上り37.6 440(0) 2着馬 (ロイヤルパープル) 700.0

 レース展開
バラついたスタートの中、わずかに好スタートは「13番ロイヤルパープル」そして内「11番カールジェシ」。「11番カールジェシ」が一端先頭に上がるが、今度は内から「3番キュアノス」が出て来て、「11番カールジェシ」を交わして先頭に立つ。三番手内「6番ヴァルゴスピカ」四番手に外目「13番ロイヤルパープル」、後は内から「12番グロリアスブレイク」が五番手で追走し、外目から「15番グルアーブ」がこれに並んで行く。そして2馬身ほど後方、中団グループに外「10番サンキーウエスト」インコースに「7番サンドストーム」でこれから3コーナー。そして大外から「16番ハクサンフルリール」がその前へと詰めて来て、後はひらいて「4番ブラウンアイズ」・「2番ホークトーマス」と追走し600mの通過タイムは「35.5秒」。後方ははかなり離されて3馬身・4馬身、外「1番サノノクヒオ」内から差が無く「8番ヨシオドライヴ」そして「9番イッサダワッショイ」後ろから2頭目「5番カンノンリリー」で最後方はかなり離れて「14番ソーショウミー」。
 かなり縦長で先行集団は4コーナーのカーブに入っている。先頭はわずかに「3番キュアノス」で4コーナーから直線コースに向かう。そして二番手集団はずらりと広がって、内から「6番ヴァルゴスピカ」間「11番カールジェシ」その外「13番ロイヤルパープル」大外から追い込んで来るのが「15番グルアーブ」で内を狙った「6番ヴァルゴスピカ」が残り200mを切って、「3番キュアノス」を交わしにかかる。そして外からは「15番グルアーブ」も追い込んで来て、前は大混戦。そしてその内「13番ロイヤルパープル」。内から抜けた「6番ヴァルゴスピカ」が先頭に変わり、二番手争いは内「13番ロイヤルパープル」と外「15番グルアーブ」、更に「7番フラワリングナイト」も追い込んで来ており。「6番ヴァルゴスピカ」は二番手に2馬身半の差をつけてゴールイン、2着「13番ロイヤルパープル」3着はクビ差で「15番グルアーブ」。



【プロフィール】
父 アイルハヴアナザー 性別 牝 馬主 岡田牧雄
母 スマートレモラ 馬齢 2歳 調教師 林徹(美浦)
母の父 ゴールドアリュール 生年月日 2017年4月8日 生産牧場 本間牧場
母の母 スノースタイル 毛色 鹿毛  産地 日高町
馬名意味 おとめ座+おとめ座の恒星名


2019年12月7日(土曜) 5回阪神3日

5Rメイクデビュー阪神 コース:1,400メートル(芝・右)牝馬指定 15頭立て 天候曇 芝 良

マテンロウディーバ Matenro Diva(JPN) 

2019/12/07 5阪神3 曇 5 2歳新馬 15頭立て 3枠 5番 オッズ3.1 1番人気 1着 川田将雅 54 芝1400 良
タイム 1:22.3 着差-0.2 通過 3-3 ペース35.2-35.2 上り35.0 404(0) 2着馬 (タッチザモーメント) 700.0

 レース展開
少しバラついたスタートで「2番アビーシュート」・「10番マドンナガラメキ」は後方から。まず「7番ホワイトエース」が間から前の方へと出て行き、周回コースへ入る。最内から「6番タッチザモーメント」がそれを追う様に「7番ホワイトエース」に並んで行く、そして間を突いた「11番ディキシーグロウ」外からは「13番レッドフェリーチェ」、内から「5番マテンロウディーバ」。そして差が無く馬郡の中から「9番カレンヒメ」大外からは「14番メイショウベッピン」そしてその直後に「1番ユヌエトワール」。後は下がって馬郡の中「12番メイショウホエール」その内「8番ノーブルブレイド」最内には「4番クインズモアナ」大外から「15番アンジュドーレ」が追走して、「4番クインズモアナ」は後退して外から「3番ヴィルトゥオシタ」その内は「2番アビーシュート」が追走で600mの通過タイムは「35.1秒」。そして最後方は、これらの馬郡から離れて「10番マドンナガラメキ」で各馬3,4コーナー中間へと向かう。
 先頭は「6番タッチザモーメント」でリードはクビほどで残り600mを切り、二番手には外「7番ホワイトエース」がつけて、各馬4コーナー。三番手は外から「11番ディキシーグロウ」、その内を狙って「5番マテンロウディーバ」で4コーナーカーブから直線コースへ。大外から「14番メイショウベッピン」も接近して、更に外から「3番ヴィルトゥオシタ」も追い込んで来る。前の争いはわずかに「6番タッチザモーメント」が先頭で「7番ホワイトエース」との間を突いて「5番マテンロウディーバ」が来て、残り200mを切る。内は食い下がる「7番ホワイトエース」、そして大外からは「3番ヴィルトゥオシタ」が伸びて来る。その内には「1番ユヌエトワール」もいる。その間に先頭に立ったのは「5番マテンロウディーバ」で二番手は接戦。そして「5番マテンロウディーバ」は二番手に1.1/4馬身の差をつけてゴールイン、2着「6番タッチザモーメント」3着はクビ差で「3番ヴィルトゥオシタ」。



【プロフィール】
父 ディープインパクト 性別 牝 馬主 寺田千代乃
母 ライトニングパール 馬齢 2歳 調教師 中内田充正(栗東)
母の父 Marju 生年月日 2017年2月18日 生産牧場 三嶋牧場
母の母 Jioconda 毛色 黒鹿毛 産地 浦河町
馬名意味 摩天楼+歌姫

流石に女の仔指定レースです。勝った「 マテンロウディーバ」も«摩天楼の歌姫»・「メイショウベッピン」«本当に別嬪さんだね≫・「カレンヒメ 」カレンは冠名では有るが・・・«可憐なお姫様»・等。女の仔の名前は、いいな~


6Rメイクデビュー阪神 コース:1,800メートル(ダート・右)混合指定 16頭立て 天候曇 ダート 良

マルガイ エイシンアメンラー A Shin Amen Ra(USA)

2019/12/07 5阪神3 曇 6 2歳新馬 16頭立て 2枠 4番 オッズ12.4 7番人気 1着 福永祐一 55 ダ1800 良
タイム 1:55.8 着差-1.1 通過 1-1-1-1 ペース38.1-38.8 上り38.8 480(0) 2着馬 (ワンダーコンパス) 700.0

 レース展開
まず好スタート・好ダッシュは「4番エイシンアメンラー」が前に出て行く。そして外からは「12番ワンダーコンパス」が内にコースを取りながら前へと出て行き、それにつれて上がって行った「13番ペオース」、間からは「3番カイザークリスエス」が出て行き先団。その後ろの集団から外目「14番エスパー」その内から「1番ダイヴィンダート」・「2番シゲルリュウセイ」で1コーナーをカーブ。先手を奪ったのは「4番エイシンアメンラー」で1馬身半のリード、二番手「3番カイザークリスエス」三番手は半馬身ほど差がついて「12番ワンダーコンパス」で2コーナーから向正面へ。後は「13番ペオース」内には「1番ダイヴィンダート」が並んでおり、その間から「2番シゲルリュウセイ」が追走で残り1200mを通過。そして外からは半馬身差で「11番コスモトコシエ」大外には「14番エスパー」その直後に間から「15番コスモトコシエ」が丁度中団で進んで来る。その後内「9番エイシンパッション」外「8番オーマイオーマイ」その間から「6番プランドルアンテ」で中団は固まっている。更に3馬身馬郡がひらいて押しながら内「10番エイシンファイター」外は「7番グリーナリー」で1000mの通過タイムは「63.5秒」。後は「5番チョウフラッシュ」外から「16番シールド」で最後方。
 各馬3,4コーナー中間で、先頭は「4番エイシンアメンラー」でリードはクビほど、二番手は「12番ワンダーコンパス」三番手は外から「13番ペオース」が追走して、その後最内「1番ダイヴィンダート」更に外「14番エスパー」は鞭が入っており、その内に「11番コスモトコシエ」、そして最内に「15番コスモトコシエ」が上がって来る。また大外からまくるように上がってきた「10番エイシンファイター」で、4コーナーカーブから直線コースへ、先頭は「4番エイシンアメンラー」二番手には外「13番ペオース」そしてその内「12番ワンダーコンパス」、残り200mを切って、「12番ワンダーコンパス」が三番手から二番手に、大外からは上がって来た「10番エイシンファイター」が四番手から三番手に並ぶ。そして今度は二番手の「12番ワンダーコンパス」を追いかけている。そして先頭は「エイシンアメンラー」で二番手「12番ワンダーコンパス」に7馬身もの差をつけて押し切ってゴールイン、3着は「10番エイシンファイター」。



【プロフィール】
父 American Pharoah 性別 牡 馬主 (株)栄進堂
母 I O Ireland 馬齢 2歳 調教師 野中賢二(栗東)
母の父 Giant's Causeway 生年月日 2017年4月16日 生産牧場 Team Block
母の母 Ioya Two 毛色 栗毛  産地 米
馬名意味 冠名+アメン神とラー神が習合し称される創造神


(馬のプロフィールは、JRAより)

お馬たち1.JPG




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント