令和二年「大相撲初場所・十一日目」/時津風部屋、農大出身二人の「快勝劇」!

 それにしても、「ポジティブな豊山関」とどちらかと言えば「ネガティブな正代関」。

でもその様にして、心を落ち着かせているのかな〜

 今日の「正代関」は「新小結大栄翔」との取り組み。

今までの「正代関」は、「喉わ」等を食らうと、完全に「顎」が上がってしまい、どちらかと言うとそれで土俵を割ってしまう事が多かった。

 しかし何度も「喉わ」を食らいながら、押し込まれて、押し込まれて・・・。

もう見るに耐えれない。しかし、その度に残して最後は「押し出し」での「正代関」の勝利。

 私は、何度も「やった~!、やった~!」と繰り返し、右手を握りしめ、また何度も何度も肘を曲げて下へ下へと突き下げて・・・。

その後、また声を上げて泣いていた。

 毎日その様なポーズを繰り返していたので、もう右手の「上腕筋」は「筋肉痛」

 「正代関」は、花道を去って行く時に「笑顔」が見られなかった様だ。

それだけ、真剣そのものだったんだな~。そして「支度部屋」に入る時にようやく「笑顔」を見せたとの事。

 本当にいい相撲だった、「正代関」もそして「大栄翔関」もよく頑張った。「大栄翔関」は負け越してしまい、小結から来場所は落ちてしまうが、今場所は残り「四日間」自分らしい相撲を忘れずに、頑張ってもらいたい。

 「横綱二人」がいない中で、これだけ盛り上がっている場所は、久々の様に思える。


また「平幕二人」が、この段階でトップに立っているのは、もう約半世紀前との事。

 ただまだ「正代関」は「御嶽海関」とも「遠藤関」とも当たっていない。

そして明日は、「阿炎関」との取り組み。果たしてあの「阿炎関」の突っ張りにどこまでついて行けるのだろうか

何故、あの「阿炎関」の「突っ張り」を皆交わす事が、難しいのであろうか

「朝乃山関」も「遠藤関」も「妙技龍関」・「北勝富士関」・「豪栄道関」もあの「突っ張り」を食らって破れている。

「阿炎関」に体を起こされてしまうと・・・、なすすべも無い。

まず今日が、一番の「正代関」にとって大きな一番となるのは、わかっている。


 その様な中で、今日は「豊山関」は昨日「正代関」に破れた「松鳳山関」との取り組み。

お互いに突き相撲、今場所の「豊山関」もどこかが違う。今場所前は「時津風部屋」に、沢山の関取が出稽古に来たと言う。やはりそれが良かったのか

一時「膝」の怪我に苦しんだ事が有った「豊山関」は、見事に「正代戦」の前に「二勝」を守り、今場所は「頑張らねば、トップの関取達について行きたい」と言うような事を、言っていた様だ。

 そして「北勝富士関」も「勝ち越し」を決め、「遠藤関」も勝ち越しまで後一勝。

そして今場所は、どうしても「大関」への「足固め」の為に「二桁」が必要な「新関脇朝乃山」。今日は、次々と此方も「快進撃」を続けている「炎鵬関」との取り組み。「遠藤戦」での、あの何回もの「取ったり」の結果、相手の体制を崩しての勝利。そして次の日も「大関豪栄道」を「取ったり」で、簡単に「土俵下」まで。「朝乃山関」も研究不足だったのであろう、どの様にして「炎鵬関」が他の関取に対して今場所「取り組み」を行っていたのかを・・・。

これで「朝乃山関」は「五敗」となり、本来ならば「十一勝以上」の☆が必要だったが・・・残り「四勝」しても「二桁の十勝」となるのであるが・・・。

そして「崖っぷちの大関豪栄道」と「大関の転落が決まってしまった関脇高安」。以前「大関」から落ちてしまったが、その後「帰り大関」を決めた「関取」もいたと言う。何とか「高安関」にも、「勝ち越し」をして「関脇」に留まり「大関」への「足固め」をしてもらいたかったのであるが・・・。また「豪栄道関」ももう負けられない。

ここは、本当に「豪栄道関」が意地を出して「角番大関」として、「四勝七敗」。「関脇高安」も「四勝七敗」となり、「関脇」の地位を守るのであるのなら、これ以上負けられなくなった。

 そして結びの一番「大関貴景勝」と「宝富士関」との取り組み。

強く「大関貴景勝」は「宝富士関」に当たって行って、「押し出し」で「二敗」を守った。

 さぁ・・・、またまた後半戦の明日からの相撲も目が離せない所であろう。

そして、まさか・・・「徳勝龍関の膜尻優勝」は有るのか

t148694462397245988177[1].jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

よし
2020年01月23日 07:42
さすがに、自分もあの取り組みには、涙が出ましたよ。いい相撲でした。