令和二年「大相撲初場所・十四日目」/「正代関に★」流石に緊張していた。

飲んで~飲んで~飲まれて飲んで~、飲んで~飲み潰れて 眠るまで飲んで~状態だった、昨日の私です。

そこまでは、飲まなかったけれど、今までは勝っては泣き、勝っては泣きしてましたが、流石に昨日は「冷静に冷静に」と思いながら「テレビを観ていた」のですが・・・。

泣いて、泣いて、飲みながら泣いて、結局泣き疲れて寝てしまいました。

でも今場所は、この様な取り組みで「正代関」は勝てる。と言うイメージがわいていたのですが、流石に昨日だけはそのイメージが、全くわからなかった。

それにしても、貴景勝関のあの悔しさ。何度も、何度も唇を噛みしめながら。
そして恐らく「貴景勝関」は、あれは汗です。と言うかもしれませんが・・・、土俵下に座っている時に、目頭からのしずく・・・。
本当に悔しかったのでしょう。
でも「朝乃山関」もどうしても二桁勝ちたかったのでしょう。今日は既に十勝挙げている「竜電関」との取り組みに二桁を賭けます。

そしてこのような所で「張本さん」に「喝」ですよ。今日の朝の番組で、「いくら何でも、最後に膜尻の徳勝龍関を大関に当てる必要無いでしょう」と・・・。(でも「貴闘力関」が2000年に「膜尻優勝」した時には、13日目と14日目にその時は負けはしたが、しっかりと「横綱」と当たっている。)

昨日は、令和になって初めての「天覧相撲」でした。

「豪栄道関」にも、本当は頑張って勝ってもらいたかったです。大関陥落は決まってしまいましたが、残りしっかりと勝って「来場所の地元大阪場所」で、十勝して「大関」に返り咲いてもらいたかった~。

 今日の「正代関」の取り組み相手は、「大学の時から常に当たっていた御嶽海関」との取り組み。

「御嶽海関」も今日勝ち越しがかかっている中で、どの様な取り組みがなされるのか?。

ただ最後まで「正代関」には、頑張ってもらいたいな~。

「この様な緊張は、もう無いと思うのでその緊張を・・・」何て、またまた「正代関」らしい事言っていたのですね~。

今日は、しっかりと「千秋楽」を楽しみます。

「宇良さん」の優勝決定戦もしっかりと観たいしな~。

2020年1月25日大相撲初場所天覧相撲2.JPG


2020年1月25日大相撲初場所天覧相撲1.JPG


2020年1月25日大相撲初場所天覧相撲.JPG


t148694462397245988177[1].jpg





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント