2021年1月10日(日曜)「3歳メイクデビュー」

2021年1月10日(日曜) 1回中山3日

6Rメイクデビュー中山 コース:2,000メートル(芝・右)混合 16頭立て 天候 晴 芝 良

タイセイドリーマーTaisei Dreamer(JPN) 【近親馬:ワイドソロモン・レディマドンナ】

2021/01/10 1中山3 晴 6 3歳新馬 16頭立て 8枠16番 オッズ5.9 3番人気 1着 北村宏司 56 芝2000 良
タイム 2:04.8 着差0.0 通過5-5-5-2 ペース38.1-35.1 上り34.7 486(0)  2着馬  (ヒアーズトゥライフ) 600.0

 レース展開
少しバラついたスタートの中、ダッシュがつかなかったのは「3番ダイユウアクアリオ」で後方から。まず好ダッシュ、前に飛び出したのは「4番パソロブレス」それに並びかける「12番アスクヒーロー」そして「15番ダリアテソーロ」外から「16番タイセイドリーマー」で先団グループを形勢。そして「2番デルマセンジュ」「5番ナリノヴィエンヌ」その外に「14番ヒアーズトゥライフ」で、出遅れてしまった「3番ダイユウアクアリオ」はスタンド前で止まりそう。その中各馬1コーナーをカーブして行く、先頭は「4番パソロブレス」リードは1馬身~1馬身半とひらいて行く。二番手外目に「12番アスクヒーロー」三番手は並んで、内「2番デルマセンジュ」外「15番ダリアテソーロ」で追走して2コーナーカーブ。後は2馬身後方、ここも2頭並んで前に接近しながら外「16番タイセイドリーマー」内からは「5番ナリノヴィエンヌ」で向正面に出て行く。この先団から3馬身差で、これから差をつめにかかる「14番ヒアーズトゥライフ」。そして1馬身後方内から「6番オサキニゴブレイ」が追走して、差をつめて行く。その後ろ外目に「13番ショウナンカモーン」並ぶように間から「10番トミケンフルミネ」内に「7番ラインスプラッシュ」、そして外から「1番アダムスマイリー」が前へと押し上げて来て3コーナーを回って残り800mを切る。その後ろから「9番シングンジョーイ」、そして後方2頭は内から「8番スマイルチェンジ」外「11番アプルヴァ」が最後方。「3番ダイユウアクアリオ」はスタンド前で、既に競走中止。
 3,4コーナー中間から4コーナーに向かって、外から前へとまくって行く「16番タイセイドリーマー」。残り600mを切って、先団グループは固まって来て内「4番パソロブレス」馬郡の中2頭「12番アスクヒーロー」「15番ダリアテソーロ」大外から「16番タイセイドリーマー」で4コーナーから直線コースに向かって、「16番タイセイドリーマー」の後ろにいた「14番ヒアーズトゥライフ」が今度は「16番タイセイドリーマー」の外に持ち出して一気に差をつめて来る。前は横に5頭広がって、粘る最内「4番パソロブレス」残り200mを切って、間から「12番アスクヒーロー」その外「16番タイセイドリーマー」が前へと出て行き、大外からは「14番ヒアーズトゥライフ」が「16番タイセイドリーマー」に迫って来る。そして最後の追い比べで「16番タイセイドリーマー」と「14番ヒアーズトゥライフ」は、ほぼ同時にゴールイン。1着「16番タイセイドリーマー」、2着アタマ差で「14番ヒアーズトゥライフ」、3着は2馬身差で「12番アスクヒーロー」。



プロフィール
父:ハーツクライ 母:ドリームライター 母の父:Tale of the Cat 母の母:Rebridled Dreams
性別 牡 馬齢 3歳 毛色 栗毛 生年月日 2018年3月18日
馬主名 田中 成奉 調教師名 矢作 芳人(栗東)生産牧場 グランド牧場 産地 新ひだか町
馬名意味 冠名+夢見る人

・3番ダイユウアクアリオは,競走中に疾病〔左前肢跛行〕を発症したため1コーナーで競走中止。
・14番ヒアーズトゥライフの騎手横山典弘は,3コーナーで外側に斜行したことについて令和3年1月23日から令和3年1月31日まで騎乗停止。(被害馬:13番ショウナンカモーン)確かに斜行してその後ろにいた「13番ショウナンカモーン」がつまづいて鞍上の「斎藤 新ジョッキーが、何故か振り返っている。でも、落馬しなくて良かったですね。)


「オサキニゴブレイ」ラブリーデイ産駒の女の仔。最下位だったけど、今度は逃げるか差し切って頑張ってね。



2021年1月10日(日曜) 1回中京3日

4Rメイクデビュー中京 コース:1,800メートル(ダート・左)13頭立て 天候 晴 ダート 良

レプンカムイRepun Kamuy(JPN) 【近親馬:キョウエイギア・ツクバローレル】

2021/01/10 1中京3 晴 4 3歳新馬 13頭立て 4枠4番 オッズ2.2 1番人気 1着 鮫島克駿 56 ダ1800 良
タイム 1:56.7 着差-0.2 通過1-1-1-1 ペース39.4-37.5 上り37.5 482(0)  2着馬  (ケンジーフェイス) 600.0

 レース展開
「13番テイエムヴァスター」はダッシュつかずに、後方から。先行争いは「2番フランコイメル」そして外から「4番レプンカムイ」が交わして行き、外から内にコースを取りながら「12番コンフィテオール」三番手から二番手。更に「4番レプンカムイ」に並びかけて行く四番手に「7番スズカヒカリ」、後は外から「11番ケンジーフェイス」その最内に「1番テイエムカチドキ」。その後外目少し押しながら「9番スマートメソッド」インコースに「3番ゲンパチハマジ」で1コーナーから2コーナーに入る所。先頭は内「4番レプンカムイ」リードはクビほど、これを見るように「12番コンフィテオール」が二番手。1馬身半ほど後方に三番手外「7番スズカヒカリ」その内クビ差で「2番フランコイメル」が四番手、そして2馬身後ろに「11番ケンジーフェイス」その内から「1番テイエムカチドキ」が追走。その後外から「9番スマートメソッド」その半馬身差内に「3番ゲンパチハマジ」、後方からは「5番インフォーマント」その後は「8番メイショウケンジャ」が追走してその外から「10番ダンツソアラ」が前へと押し上げて行く。そしてその後方から「6番ジーハーモニー」最後方は離れて「13番テイエムヴァスター」で1000mの通過タイムは「65.8秒」で各馬3コーナーのカーブ。
 前の争いはわずかに「4番レプンカムイ」が先頭で、リードは半馬身。そしてその外「12番コンフィテオール」が二番手で残り600mを通過する、その後ろ三番手の位置に「7番スズカヒカリ」そしてその内に「2番フランコイメル」。後は外目から「11番ケンジーフェイス」が接近して来て、4コーナーカーブから直線コースへと向かって行く。残り400mを通過して「4番レプンカムイ」が先頭に立ち1馬身のリードを取って行く、そしてその後間から「7番スズカヒカリ」が二番手集団の一角。最内には「2番フランコイメル」外には「11番ケンジーフェイス」と並んでおり、残り200mを切ってその中から外の「11番ケンジーフェイス」が前へと上がって来る。その後ろからは「3番ゲンパチハマジ」外「5番インフォーマント」と前の争いに加わって来る、粘る「4番レプンカムイ」二番手の「11番ケンジーフェイス」が「4番レプンカムイ」に迫って行く中、三番手集団の中からは「3番ゲンパチハマジ」が出て来て、先頭「4番レプンカムイ」が逃げ切ってゴールイン。2着は1.1/4馬身差で「11番ケンジーフェイス」、3着は更に3馬身半差で「3番ゲンパチハマジ」。



プロフィール
父:キズナ 母:ローレルアンジュ 母の父:パラダイスクリーク 母の母:スマートダーリン
性別 牡 馬齢 3歳 毛色 黒鹿毛 生年月日 2018年2月23日
馬主名 前田 葉子 調教師名 橋口 慎介(栗東)生産牧場 村上 幹夫 産地 青森県
馬名意味 海洋の神(アイヌ語)

6Rメイクデビュー中京 コース:1,400メートル(ダート・左)混合 16頭立て 天候 晴 ダート 良

レイクリエイターRai Creator(JPN) 【近親馬:サンライズプラウ・ライズビクトリー】

2021/01/10 1中京3 晴 6 3歳新馬 16頭立て 6枠11番 オッズ22.8 9番人気 1着 藤井勘一 56 ダ1400 良
タイム 1:28.2 着差0.0 通過4-4 ペース36.7-37.9 上り37.7 496(0)  2着馬  (メイショウナリヒラ) 600.0

 レース展開
ややバラついたスタートの中「1番クランツリート」後方から。芝の上からのスタートでまず内「4番ツヨシーフェイス」が前へと出て行き、ダートコースに入る。「4番ツヨシーフェイス」の外に「10番メイショウナリヒラ」がピタリとつけて、三番手はその外から「12番ハイモビリティ」。その直後に「6番イニシュモア」が追走して、内から押して「3番スペースフライト」。その後は2馬身あいて「14番コゴメユキ」内からは「8番ニューフロンティア」外からは「11番レイクリエイター」が前へと押し上げて行く、その後「13番コパノランニング」が少し下がった「8番ニューフロンティア」を抜いて外から「16番タンホイザー」が追走して、600mの通過タイムは「36.6秒」で向正面から各馬が3コーナーカーブに入る所。その後ろ外目から「2番パロットビーク」で3コーナーカーブ、そしてその内から追走している「7番モズティアラ」の外に「9番サウンドダンス」がつけて3,4コーナー中間。後方は2馬身後ろに「15番メイショウマシフ」その内から「5番ウェーブニケ」最後方は「1番クランツリート」で前は4コーナーから直線コースに向かう。
 残り400mを通過して、前はわずかに「10番メイショウナリヒラ」が先頭に変わり、内は粘る「4番ツヨシーフェイス」。残り200mを切って、大外から「11番レイクリエイター」その内「12番ハイモビリティ」そして「11番レイクリエイター」が追い込んで来る。前は4頭固まって、五番手以降を大きく離し、前の争いは外「11番レイクリエイター」と「10番メイショウナリヒラ」の競り合いで内の「10番メイショウナリヒラ」も食い下がり、2頭並ぶようにゴールイン。1着「11番レイクリエイター」2着はクビ差で「10番メイショウナリヒラ」、3着は5馬身差で「12番ハイモビリティ」。



プロフィール
父:クリエイター2 母:レインボーローズ 母の父:アグネスタキオン 母の母:チーター
性別 牡 馬齢 3歳 毛色 芦毛 生年月日 2018年2月15日
馬主名 松岡 隆雄 調教師名 浜田 多実雄(栗東)生産牧場 信岡牧場 産地 浦河町
馬名意味 母名より+父名

「コゴメユキ」か・・・可愛い名前つけてもらいましたね


(のプロフィールは、JRAより)

お馬たち1.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント