純白の「ソダシ」史上初の白馬レコードタイムで桜花賞馬になる。

春の日の 

 緑の芝に咲く花は 
      
         けがれ知らずの 

            純白の花



2021年4月11日 桜花賞 ソダシ 鞍上吉田隼人

お馬たち1.JPG

史上初「けがれ無き純白の女王ソダシ」レコードタイムで桜花賞馬となる。/第81回桜花賞GⅠ

2021年4月11日(日曜)2回阪神6日 11レース 3歳 オープン(国際)牝(指定)定量 コース:1,600メートル(芝・右 外)18頭立て 天候 晴 芝 良 第81回桜花賞GⅠを振り返る。

 勝った「ソダシ(純白)」は【父:クロフネ】【母:ブチコ】のシラユキヒメ一族の1頭。これで無敗での2歳時のGⅠ(阪神ジュベナイルF(G1))も勝利して、二つ目の王女・女王と輝いた。お母さんの母親は、やはり白毛ので【父:サンデーサイレンス】【母:ウェイブウインド】の血統。産駒として活躍したのは、世界で初めて白で「関東オークス(G2)」を優勝した「ユキチャン」がいる。そう「ソダシ」は、その「ユキチャン」の姪っ子にあたる。そして最初に書いた様に「ソダシ」は、芝路線へと挑戦してJRA白初めて芝で「札幌2歳S(G3)」を制覇して、その後も「アルテミスS(G3)」「阪神ジュベナイルF(G1)」と優勝して見事に無敗でクラシック「桜花賞GⅠ」を制覇したのである。最初の頃は母親の「ブチコ」同様に、「ゲート」を嫌うしぐさを見せたりしていて今回は一番最初に「ゲート入り」したのであるが今回は実に落ち着いていた。
 私は今回の桜花賞は「強者揃い」を思っていた。あの牝馬三冠馬の「アパパネ」の初めての女の仔産駒(上には3頭牡馬がいる)「アカイトリノムスメ」そして、走りたくて仕方のないあの武ジョッキーも困らせた「メイケイエール(実は、このも白ではないが、シラユキヒメ一族)」今回は武ジョッキー負傷の為に「横山典弘ジョッキー」に乘り替わっていたのであるが、「ノリJ」の乘り方に全てがかかっている。そして「阪神ジュベナイルF(G1)」で「ソダシ」にハナ差で敗れた、ルメールジョッキー鞍上の「サトノレイナス」。またトライアル戦の「チューリップ賞(G2)」で「メイケイエール」と同着の川田ジョッキー鞍上の「エリザベスタワー」。過去のデーターを見れば「チューリップ賞(G2)組」が、有利。となっていたので有るが、実際には、5着まで全てが「トライアル戦」を使っていないが来た。恐らく、陣営が「桜花賞」を目指して順調に調教等を行って来たのかなと思う次第です。
 また「ソダシ」の鞍上の「吉田隼人ジョッキー」も、初めてのクラシック制覇!。恐らく全勝で「桜花賞」に臨んだ「吉田隼人ジョッキー」も、前日は眠れなかったのではないだろうか。「桜花賞」として「ソダシ」を導いてくれた「吉田隼人ジョッキー」そして四カ月明けの「ソダシ」を、大切に扱って頂いた陣営の方達にも感謝の気持ちでいっぱいです。今後の「ソダシ」の路線は「父親がクロフネ」なので、どうなるか解らないが…。次のレースも素晴らしい走りを魅せてもらいたい。


春の日の 

 緑の芝に 咲く花は

  けがれ知らずの

   純白の花。



 レース展開
阪神のGⅠファンファーレの中、最初に映されたのは葉桜に混ざっている数少ない桜の花。もう既に桜の花の真ん中が濃いピンク色となり、一風吹いたら花吹雪となりそうだった。「4番ソダシ」がゲートに先入れされて、クラシックのゲートが開いた。若干「8番メイケイエール」は後方からのスタート、「18番サトノレイナス」は最後方からのスタート。好ダッシュは「4番ソダシ」これを交わして先頭に立ったのは、「6番ストゥーティ」1馬身のリードを取る。後は三番手外から「11番ジネストラ」が「4番ソダシ」に並びかけて行く、半馬身差で「5番アカイトリノムスメ」その外に「12番ヨカヨカ」と広がっている。その後ろ最内に「2番ファインルージュ」その直後に「9番エンスージアズム」「10番アールドヴィーヴル」「13番エリザベスタワー」そして大外から「15番シゲルピンクルビー」が前へと出て行き、大外から盛り返して行った「8番メイケイエール」が先団に取りついて行く。後は外「16番ソングライン」内から「3番ブルーバード」2頭の間に「14番ミニーアイル」で、3コーナーのカーブ。スタートからの600mの通過タイムは、「34.1秒」。その後方に外「17番ホウオウイクセル」内から「1番ストライプ」間からは「18番サトノレイナス」で後方から2頭目で、3,4コーナー中間。後は4馬身後方に「7番ククナ」が最後方で、4コーナーを向かえる。
 前は「8番メイケイエール」に変わり2馬身のリードで、残り600m。二番手「6番ストゥーティ」で4コーナーをカーブして、これから直線コー。後は外から「11番ジネストラ」そして「12番ヨカヨカ」内から「4番ソダシ」も接近して来て直線コースに入り直線の攻防、先頭は「6番ストゥーティ」に変わり2馬身のリード、それを外から追って行く「4番ソダシ」。その後ろ内に「2番ファインルージュ」大外からは「5番アカイトリノムスメ」その後方に「10番アールドヴィーヴル」残り200mを切って、「4番ソダシ」が先頭に立ち、後方から「18番サトノレイナス」が追い込んで来る。四番手から三番手二番手まで接近して来るが、最後は「4番ソダシ」が粘りきりレコードダイムでゴールイン。2着クビ差で「18番サトノレイナス」、3着は半馬身差で「2番ファインルージュ」。



着 順

1着 2枠4番 ソダシ 牝3 55 吉田隼人 タイム1:31.1 通過3-3 上り33.8 オッズ3.6 2番人気 472(0)
[西] 須貝尚介 金子真人ホールディングス 13,185.9

2着 8枠18番 サトノレイナス 牝3 55 ルメール タイム1:31.1 着差クビ 通過15-16 上り32.9 オッズ3.3 1番人気 474(0)
[東] 国枝栄 サトミホースカンパニー 4,967.4

3着 1枠2番 ファインルージュ 牝3 55 福永祐一 タイム1:31.2 着差1/2  通過8-6 上り33.7 オッズ15.3 8番人気 488(-4)
[東] 木村哲也 六井元一 2,983.7

4着 3枠5番 アカイトリノムスメ 牝3 55 横山武史 タイム1:31.3 着差クビ 通過3-6 上り33.9 オッズ10.5 4番人気 444(-6)
[東] 国枝栄 金子真人ホールディングス 1,600.0

5着 5枠10番 アールドヴィーヴル 牝3 55 M.デムーロ タイム1:31.8 着差3馬身 通過8-9 上り34.1 オッズ11.8 5番人気 422(-6)
[西] 今野貞一 近藤英子 1,050.0


2020年3月25日桜並木1.JPG


お馬たち1.JPG

「デゼル」初めての重賞制覇!ヴィクトリアマイルへと向かう/第64回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスGⅡ

2021年4月10日(土曜)2回阪神5日 11レース 4歳以上 オープン(国際)牝(指定)別定 コース:1,600メートル(芝・右 外)12頭立て 天候 晴 芝 良 第64回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスGⅡを振り返る。

 勝った「デゼル」は【父:ディープインパクト】【母:アヴニールセルタン】の4歳馬、4着までは、全てクビ差での決着。そして「デゼル」は、初めての重賞制覇。見事に5月に行われる「ヴィクトリアマイル(GⅠ)」の出走権を得る。


 レース展開
少しバラついたスタートの中「5番メジェールスー」「10番デゼル」も後方からのスタート、「8番リアアメリア」も後方から。まずは「7番イベリス」がハナに立って1馬身のリードを取って、先頭に立る。二番手に外目「12番エーポス」このインコースに「1番ドナウデルタ」三番手、その外に並ぶ「2番ギルデッドミラー」更に外「6番メイショウグロッケ」で前は5頭の一団。3馬身後ろに内「3番ブランノワール」外から「11番プールヴィル」が追走して、外回りコースの回って行く。その3馬身後方に内「4番マジックキャッスル」外から並んで「10番デゼル」で、スタートから600mの通過タイムは「35.1秒」。後方寄りに外目から「9番ロフティフレーズ」内から「8番リアアメリア」と続いて、1頭離れて「5番メジェールスー」は最後方で4コーナーへと向かって行く。
 先頭は変わらず「7番イベリス」リードは1馬身、二番手に「12番エーポス」が続いて三番手は外に「6番メイショウグロッケ」インコースに「1番ドナウデルタ」が四番手。残り600mを切って差が無く「2番ギルデッドミラー」、その外に接近するのは「11番プールヴィル」。4コーナーをカーブして、直線コースへと向かいこれから直線コースの攻防に移る。前は「7番イベリス」に外から並びかける「12番エーポス」外からは「6番メイショウグロッケ」その内、間を割ろうとしている「1番ドナウデルタ」。そしてその2頭の間に「2番ギルデッドミラー」外から「12番エーポス」だが、前の争いは「7番イベリス」内を狙って「1番ドナウデルタ」。残り200mを切って、追い込んで来る「11番プールヴィル」と「10番デゼル」間からは「12番エーポス」。内から抜けた「1番ドナウデルタ」外から襲い掛かる「10番デゼル」馬郡の中からは「4番マジックキャッスル」最後は広がって、ゴールイン。1着「10番デゼル」、2着クビ差で「4番マジックキャッスル」、3着はやはりクビ差で「1番ドナウデルタ」。



着 順

1着 7枠10番 デゼル 牝4 斤量54 川田将雅 タイム1:32.0 通過8-8 上り32.5 オッズ3.1 1番人気 476(-6)
[西] 友道康夫 社台レースホース 5,585.4

2着 4枠4番 マジックキャッスル 牝4 斤量54 大野拓弥 タイム1:32.0 着差クビ 通過8-10 上り32.4 オッズ4.3 2番人気 430(-14)
[東] 国枝栄 社台レースホース 2,224.4

3着 1枠1番 ドナウデルタ 牝5 斤量54 和田竜二 タイム1:32.1 着差クビ 通過3-4 上り33.0 オッズ24.1 8番人気 450(+4)
[西] 高野友和 サンデーレーシング 1,412.2

お馬たち1.JPG

「バスラットレオン」後続を5馬身離して初重賞制覇!/第39回ニュージーランドトロフィーGⅡ(3位までに、NHKマイルカップの出走権トライアル戦)

2021年4月10日(土曜)3回中山5日 11レース 3歳 オープン(国際)牡・牝(指定)馬齢 コース:1,600メートル(芝・右 外)16頭立て 天候 晴 芝 良 第39回ニュージーランドトロフィーGⅡを振り返る。


 勝った「バスラットレオン」は【父:キズナ】【母:バスラットアマル】の牡馬。鞍上の藤岡 佑介ジョッキーの手綱で、見事に逃げて後続馬に5馬身の差をつけて初重賞制覇。「二―ジーランドトロフィー」は「NHKマイルカップ(GⅠ)」のトライアル戦で、3着までが出走権を得る事が出来た。果たしてこの3頭の中から「NHKマイルカップ」の優勝が、出るのかが楽しみである。このレースには、1997年に「シーキングザダイヤ」が優勝しており「NHKマイルカップ」を優勝して、その後もフランスでも「フランス」で「モーリス・ド・ゲスト(G1)」で優勝している。翌年の1998年には「エルコンドルパサー」が優勝しており、やはりNHKマイルカップを優勝して、同じ年にフランスで「サンクルー大賞(G1) 」で優勝している。また「凱旋門賞」でも2着と言う成績を残している。


 レース展開
まず2コーナーに向かって、好ダッシュで「6番バスラットレオン」が先手を取る。そして外「11番ゲンパチミーティア」内からは「2番シティレインボー」この2頭の間に「7番サトノブラーヴ」が上がって来て、2コーナーを向かえる。そしてその外から「8番ワーズワース」大外「13番ブルーシンフォニー」で、向正面残り1200m。そして更に外から上がって来た「15番タイムトゥヘヴン」その後内から「5番ヴィジュネル」が追走して、中団グループ。その外から「9番ドゥラモンド」で、スタートからの600mの通過タイムは「35.0秒」で3コーナーに向かう。その後大外「16番シュバルツカイザー」その内に「13番ブルーシンフォニー」が下がっており、その内「14番スパークル」。そして内から「3番アヴェラーレ」は中団の後方、その外には「4番ワザモノ」で3コーナーを向かえる。後は3馬身差「10番ゴールドチャリス」遅れて「12番ロンギングバース」最後方は「1番トーセンウォーリア」で、前は3,4コーナー中間を通過して大外から「15番タイムトゥヘヴン」が上がって来る。
 先頭は「6番バスラットレオン」残り400mを通過して、4コーナーを向かえる。内から接近する「2番シティレインボー」で4コーナーカーブから、直線コースへ。そして外から8枠2頭「15番タイムトゥヘヴン」と「16番シュバルツカイザー」その内に「5番ヴィジュネル」残り200mを切って、完全に「6番バスラットレオン」が抜け出してリードを3馬身・4馬身・5番」。二番手は内の「2番シティレインボー」が?、外の「15番タイムトゥヘヴン」か?。そして「15番タイムトゥヘヴン」が二番手に上がる。そして逃げ切って「6番バスラットレオン」が、逃げ切ってゴールイン。2着5馬身差で「15番タイムトゥヘヴン」、そして3着は更に1馬身半差で「2番シティレインボー」。



着 順

1着 3枠6番 バスラットレオン 牡3 56 藤岡佑介 タイム1:33.1 通過1-1-1 上り34.6 オッズ3.2 2着 480(0)
[西] 矢作芳人 広尾レース 5,516.2

2着 8枠15番 タイムトゥヘヴン 牡3 56 M.デムーロ タイム1:34.0 着差5馬身 通過6-7-5 上り35.0 オッズ6.2 3番人気 476(0)
[東] 戸田博文 DMMドリームクラブ 2,233.2

3着 1枠2番 シティレインボー 牡3 56 横山典弘 タイム1:34.2 着差1.1/2 通過3-2-2 上り35.5 オッズ52.9 11番人気 470(-4)
[西] 池添兼雄 深見富朗 1,416.6


お馬たち1.JPG