テーマ:正代関

令和三年大相撲初場所・十四日/始めた見たような…「大関正代」の「負けて悔しい顔」を。

 でも…よくよく考えると、凄い大相撲だった。結びの一番前の「大関正代」と「関脇照ノ富士」との取り組み。 私も取り組みが、終わった後に「呆然」としてしまったが・・・。見に来ている、観客の方々も…。 まだ「結びの一番」が有るのに、「シーン」っとした感じ。  そして初めて見た「正代関」の負けて、顔を歪ませての悔しそうな顔。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・十三日目/「大栄翔関」「大関正代」共に二敗を守る。それにしても、あの態勢で勝ってしまうのは「…

 大相撲初場所は、残す所今日を含めて三日間。 その様な中で、三役は全て「勝ち越し」でその優勝戦線を戦っている「大関正代」も、一端は「関脇隆の勝」に上がったが、直ぐに「大関正代」に上げ直し、またもや「物言い」がついた。  「自分では、残っていると思っていた」と言っていたが・・・。やはり「つま先」で相撲を取っている「大関正代」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・十日目/「大関貴景勝」休場、そして「角番大関正代」勝ち越し!

 いよいよ、明日からは「終盤戦」に入る「大相撲十日目」。 そして、今日から「大関貴景勝」の休場。「三日目」の「北勝富士関」との、あの「北勝富士関」が「大量な鼻血」を出した取り組みの時に(確かにあの時確かに激しい相撲で、お互いに足を気にはしていたが、どちらかと言うと足首では無く膝かなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・九日目/全勝「大栄翔関」に★。二敗関取は「大関正代」だけ。三敗関取は十人

 今日から終盤戦に入った「大相撲」。昨日中日でただ一人「全勝」で勝ち越しを決めた「大栄翔関」に、「タータン」が待ったをかけた。 流石に「タータン」、腰が重い。そして土俵際での「器用な取り口」「伊瀬ヶ濱部屋」独特な事かも知れない。  また今日の「大栄翔関」の負けをみて、つくづく「押し相撲」の明暗がわかった様な気もする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年大相撲十一月場所・四日目/「大関正代」の左足に、ガチガチのテーピングが!

 やはり、凄く昨日の「大関正代」と「小結高安」との取り組み後の、「大関正代」の左足の事が気になって、まずは「大相撲のサイト」で何故か「休場力士情報」をチェック。「大関正代」の名前は無い。  昨日は、思わず久々に今までに観られない「男と男の力のぶつかり合い」「関取同士の力の攻防
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲九月場所・千秋楽」/「関脇正代」ありがとう!!!!!!!!!!

 あなたの「優勝」は「熊本の人」は、当然の如く「農大出身者」の人達も、また今の「農大相撲部」の人達にも、待ち焦がれていた物です。 花道での「正代関」と付け人の「津志田さん」との涙の抱擁。  もう「ありがとう」の一言しか有りません。 「まだ、何故か実感は湧かないです」って、あの花道の「男の涙」。 本当に、ありがとう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲九月場所・十四日目」/「関脇正代」「大関朝乃山」を破り、単独トップで明日千秋楽へ。

 もう、心臓がバクバクしていた。恐らく平常心を保とうとしている「正代関」も内心は、そうであっただろう。 この一番を観終わった後、そして「大関貴景勝」と「翔猿関」との取り組みが終わった後には、今まで見ていた取り組みの全てが「私の頭」から飛び去っていた。  後で他の「関取」の取り組みは、ゆっくりと観る事にしよう。 まず最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲九月場所・十三日目」/「前頭筆頭照ノ富士」今日から、休場。そして「元二代目 豊山関」の悲報。

 いよいよ大相撲も終盤戦で「十両も幕内も混戦状態の中」で、残念ながら今日から「前頭筆頭照ノ富士」が休場となった。 「そろそろ膝に負担がかかって来ているのかな。」 昨日は「前頭九枚目阿武咲」との取り組みで、一歩前に出て行きその後「阿武咲関」に押されて「寄り倒し」での「阿武咲関」の勝ち名乗り。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲九月場所・十二日目」/「小結遠藤」休場で、二敗は「大関貴景勝」「関脇正代」「平幕翔猿」の三人。

 「正代関」は、土俵下でまた淡々と「左指で耳をかいて」それしてその指に息をフッとかきかけて、爪あかを掃除している様な・・・。 もう、本当に「正代関」の心の中は読めない。今日の取り組みは、同じ「差で争い」の「宝富士関」だよ。  絶対に、最初は同じ様に「差手争い」になる。 それに「タータン」だって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲九月場所・十一日目」今日から後半/「正代!引くな!」完全に、私が「国技館」に行ったら、つまみ出され…

 十一日目、二敗の関取は、「二敗同士」で取り組みが有った初入幕の「翔猿関」と「阿武咲関」との取り組みで、「叩き込み」で「阿武咲関」を破った平幕では「翔猿関」と「若隆景」の二人。そして三役では「関脇正代」と「大関貴景勝」。    その前に、今日の幕内の「解説者は、元大関豪栄道の師匠」「境川親方」。 「佐田の海関」が「肩が、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲九月場所・十日場所」/照ノ富士関三敗・正代関快勝!

 大相撲も、早くも十日目。 その中での優勝争いは、九日目で六人いた二敗力士は、「前頭一枚目照ノ富士」が同じ「前頭隆の勝」に破れて「五人」に絞られた。 「照ノ富士関」の取り組み前までは、アナウンサーの方が解説の「舞の海さん」に「この中で、一番優勝に近い関取は。」と聞いた時には、「舞の海さん」が「もう全て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲九月場所・九日目」/頼むよ~「正代関」一日の間に、二度も私の寿命を縮めないでよ~。

 九日目にて、「二敗力士が九人」から、「六人」に変わった。 それにしても、「正代関さん」頼むから、一日の中で、二回も私の寿命を縮めないでよ~。  今日 は、一番怖かった「関脇大栄翔」、確かに「大栄翔関」が先に軍配通り、不利だった様な・・・。 しかし「正代関」の体も・・・。と思ってはいたものの物言いががついて「痛恨の取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲・二日目」/大関朝乃山二連敗そして、関脇は三人は安定した大相撲。

二日目にて「大関朝乃山」は、痛恨の二連敗。この二連敗をどうとらえたらいいのか。 昨日は、差し手争いの中で「小結遠藤」は常に常に低い相撲を取り、一端は「小結遠藤」が押し込まれる場面もあったが、そこでも「小結遠藤」は冷静に相撲を運んで、「大関朝乃山」の形を作らせなかった。そして最後は、「小結遠藤」が巻き返しをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲春場所・十四日目」/「横綱白鵬」そして「横綱鶴竜」二敗同士で「千秋楽」へ。そして「正代関」勝ち越し…

 昨日に続いて、「正代関」が今日「宝富士関」に対して、素早くモノ差しとなり、そのまま土俵際まで持って行き「寄り切り」で勝利をして「勝ち越し」を決めて、来場所もそのまま「関脇」の座に就く事になった。  また「横綱鶴竜」と「関脇朝乃山」との取り組みは、物言いが付き土俵際「関脇朝乃山」の腕が、先に着いており、「行司差し違い」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲春場所・十三日目」/何を書けばいいのやら・・・「正代関」「阿炎関」に顎をあげられながらも、こらえて…

 危なかったな~も~、しかし最近の「正代関」は、やはりどこかが違う。と言っても、過言は無いだろう。 本来の「正代関」ならば、あれだけ「顎」を上げられてしまうと、最後はあっけ無く「土俵」を割っていたのに。  やはり「先場所」「先々場所」の記録。そして「どうしても関脇の地位」を守ると言う、どこか今まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲春場所・十二日目」/「正代関、横綱白鵬に三年目に勝利V」

 無観客の「大相撲春場所」の中で、またまた大波乱が有った。 昨日は部屋こそは違うが、いつも「太刀持ち」を行っている「横綱鶴竜」に恩返しができなかった「正代関」。  何で「横綱白鵬」に勝っているのに、「横綱鶴竜」には恩返しが出来ないのと思っていた私。 やはりどこか「遠慮」と言うものが、有るのかな~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲・十日目」/本来なら、今日は何故私はベテラン力士を応援するか!と言う事を書こうと思っていたのである…

 昨日、正代関は前々日に「豊山関」が「執念の思いで朝乃山に勝利して、昨日は大関貴景勝に対しての勝利」 昨日は、その前々日に「豊山関」が勝った「朝乃山関」に対して「寄り切り」での負け。  今日も、もう「大関貴景勝」も二連敗は無いだろうと・・・、耳を覆って、目を隠して実は全く観ていなかった。 そして、リプレイを観て・・・、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十三日目」/「徳勝龍関」と「正代関」が一敗を守る。

 まず、「十両照ノ富士」十両優勝おめでとう。 やはり「元大関照ノ富士」、怪我で二段目まで落ちたにも関わらず「よくぞここまで戻って来た」  「怪我で、幕下以下まで落ちてしまった力士達にどれだけ力と勇気を与えてくれた事か」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十二日目」/「正代関と徳勝龍関」トップで「一敗」を守る!「豊山関」は三敗。

 何となく「正代関」の表情が、いつもと違う。今日の取り組み相手は、「正面の解説錣山親方」の部屋の「阿炎関」。 「阿炎関」は「正代関」の苦手な関取でもある。 そして初めて優勝に向けて「いつも緊張している自分なので、今日はもっと緊張している。」と初めて「優勝」を意識している言葉を口にした「正代関」。  そうか、そうだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・三日目」/正代関さん・・・昨日の私のブログ「これ以上書いてしまうと・・・」当たってし…

 今日の、「大相撲名古屋場所」。ちょっと初日から2連勝していた「正代関」に昨日、ふと「期待」と、どこか「不安」を抱いてしまっていた私・・・。  今日の相手は、まだ☆が無い「小結阿炎」。あの、喉わををくらってしまえば・・・完全に腰が伸びてしまうよね。 「小結阿炎」もこのままの「連敗」は避けたいもの。仕方ないのか{%はてなwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「正代関」関脇の上を狙う!

何故か、控えめな「正代関」初入幕の時に「誰とも当たりたくない」などと言葉にして親方から 「おい、おいそれじゃあダメだよ」 等と言う事を言われていたような・・・ 初入幕の時は、やはり上と当たらなかった為にその後幕内の上位になりいきなり三役と取り組むことになる。 何と言っても、初めての「白鵬」戦で「左腕のかち上げを食らい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more