テーマ:五月場所

令和元年「大相撲五月場所」は、異例だらけの場所だった?

 まず、改めて「朝乃山関」優勝おめでとうございます。 そして「栃ノ心関」「大関復活」おめでとうございます。  それにしても、「令和元年の大相撲」は異例な事が起こったり・・・「千秋楽」の日は、15時から「マンションの管理組合」の総会が有ったので、最後は観る事ができなかったのですが・・・。  それまで「テレビ等」では、「正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「五月場所・十四日目」/朝乃山関優勝・栃ノ心関大関復活。

 まずは「朝乃山関」、千秋楽の前日であったが・・・「優勝おめでとう」 昨日までに、比べて「かなり緊張した様にも、見られたが・・・」  「ご両親の前での、勝利・・・そして横綱鶴竜が負けた事によっての優勝決定」 本当に、「親孝行」そのものですね。昨日の「物言い」は、「色々と言われていたが・・・」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・十三日目」何でかな~?何でかな~?納得いかない!

 今場所も残す所、今日を含めて「三日間。」 その前に、今日の後半の取り組みが「結びの一番」が「大関高安」と「横綱鶴竜」とわかっていたので、最終日は「横綱鶴竜」と「大関豪栄道」となり、明日はやはり、大関同士の「大関豪栄道」と「大関高安」が組まれるのかとばかり思っていたのであるが・・・。  もうそろそろ、明日の番付も出ているだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・十二日目」/朝乃山二敗・正代は3場所ぶりの勝ち越し

 昨日は暑い中「午前中」に病院へと行き、余計具合が悪くなってしまってそのままベッドに横たわったまま・・・ しかし、相撲だけはしっかりと観たのだが・・・当日にブログまで上げる事ができなかった  その中で、「正代関」良かった~・・・。「三場所ぶりの勝ち越し」、確かに先場所は本当に泣けたよ{%涙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・十一日目」春日野親方、あなたは流石!それに対して、審判どうした!

 まずは、先に書いておきたかった事を書こう。昨日のブログの最後に「 明日は、暴れんぼ~の「松鳳山関」か・・・。あの手の回転に負けずに、先に中に入られないようにして頑張って~」と書いたのであるが・・・  本当は、私は「暴れんぼ~の松鳳山関」の事も大好きなのであるが・・・。やはりどうしても「正代関」には、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・十日目」/「朝乃山関」・「栃ノ心関」・横綱鶴竜」一敗を守る。

 中盤戦も、今日で終わり。その中で、一敗力士の「朝乃山関」・「栃ノ心関」・「横綱鶴竜」は、それぞれ力強い取り組みで、一敗を守った。  昨日は、「新大関貴景勝」が休場した為に「不戦勝」で「勝ち越し」を決めた「関脇栃ノ心」は、今日は「小結御嶽海」との取り組み。  軍配が返り、あっという間に前みつに手をかけて、そのまま相手の「御嶽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・九日目」/「新大関貴景勝再び休場」

 昨日怪我を押して「再び」土俵に戻って来た「新大関貴景勝」。しかし、今日再び休場となった。 「貴景勝関」も昨日もブログに書いた通り、「元横綱稀勢の里」と同様に「ファンの声援に答えなくてはならない、協会に迷惑をかけてもならない、等・・・」自分自身の「大関」としての、地位の責任を果たそうと思ったのであろう。  「親方と本人との葛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・中日」「横綱鶴竜」も「関脇栃ノ心」も敗れる。

 中日にて、全勝力士が一人もいなくなりました。 今日は、色々有りましたね・・・  「新大関貴景勝」の再出場・全勝力士がいなくなる。 「大関豪栄道」、「行司伊之助さんと接触して、勝ちとなる」(これ、伊之助さんと接触して無かったら、土俵割っていたかも知れませんでしたね) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・七日目」/ゲスト武井壮さんのコメントに北の富士さんタジタジ

 大相撲、七日目。見事に光った相撲は、やはり全勝をしている「関脇栃ノ心」と「横綱鶴竜」の取り組みだった。 二人とも、相手力士「琴奨菊関」「千代大龍関」に対して、とにかく真正面から当たって行き「全勝」を守ったのであるが・・・  それよりも、今日の「ゲスト」であった「アスリート&タレント」の「武井壮さん」。 実は、子供の頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・六日目」/「関脇栃ノ心Vs関脇逸ノ城」これこそが大相撲!

 平幕の「朝乃山関」が、今日「阿武咲関」に破れた事により、この時点で「全勝」は「横綱鶴竜」と「関脇栃ノ心」の二人となってしまった。  「関脇栃ノ心」と「関脇逸ノ城」との取り組みの前には、「前頭筆頭の元大関琴奨菊」と何とか今場所「小結」の座にとどまった「小結御嶽海」との取り組み。  案の定、今日は「国技館」に大勢の「御嶽海関」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・五日目」/「新大関貴景勝」休場。

 あ~ 昨日の苦手な「小結御嶽海戦」に勝利した後、思わず膝を押さえて「土俵」も呼び出しさんの手を借りながら降りて行く「新大関貴景勝」の姿を観ていて、解説者の「尾車親方」が言った言葉(明日の朝に腫れ上がっていない事を祈りたいですね)・・・また、昨年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・四日目」/三大関・一横綱安泰。ただ「貴景勝関」右足不安。

 今日は二日目以来、久々に「三大関・一横綱」が全員勝利たのであるが・・・ 「新大関貴景勝」と「小結御嶽海」との取り組みは、お互いに自らの力を出し合い、最後は「新大関貴景勝」の「寄り切り」で、勝利したのであるが・・・「御嶽海関」が、土俵を割った後に「新大関貴景勝」は思わず、腰を折り曲げて、足を気にして、引きずりながら「土俵下に降り・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲五月場所・三日目」/大関、三人惨敗。

 三日目にして、「大関」が揃いも揃って、「三人とも惨敗」を記してしまった。 特に今場所は、調子が悪いと言われていた「大関高安」はもう既に「二敗」。  その中で「大関貴景勝」を応援している方たちには、申し訳ないが・・・「前頭筆頭北勝富士」の「勝利」には、身が震える思いで、どこかで「見守っていた自分」がいた。  以前「自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲夏場所・二日目」/「荒鷲親方」の解説。

 今日は、「荒鷲親方」の解説で始まった。 実にわかりやすい、また「今日の大相撲」は「三大関。一横綱」揃っての「見事な勝ちっぷり」  それにしても「荒鷲親方」が言う様に、「大関貴景勝」は「一場所・一場所」毎に強くなってきて、また昨日より今日と、それは日々変化しているのがよく分かった。  結びの一番の「横綱鶴竜」と「前頭筆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和初めての「大相撲五月場所初日」

 取りあえずほっとしたのが、今日の大相撲。 応援していた「関取」が「嘉風以外」勝ってくれました。  十両に落ちてしまった「豊山関」そして「安美錦関」・「豊ノ島関」。 そして幕内の「照強関」・「宝富士関」・・・「伊勢ヶ濱部屋」全員初日で勝利。  それから、「北の富士さん」も言っていたが・・・「正代関・・・ファンが泣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more