テーマ:初場所

令和三年大相撲初場所・千秋楽\「大栄翔関」優勝!

 何か、いつもの事だけど・・・。 千秋楽の後には、心に「ポカン」と穴が開いてしまうのでしまうのだが。  今場所ほど、穴が開いてしまった事は無かった。 早々に、先に「大栄翔関」の優勝が決まり・・・どの様な思いで「大関正代」が結びの一番で「土俵」に登ったのか。  恐らくまたずっと眠れない日が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・十四日/始めた見たような…「大関正代」の「負けて悔しい顔」を。

 でも…よくよく考えると、凄い大相撲だった。結びの一番前の「大関正代」と「関脇照ノ富士」との取り組み。 私も取り組みが、終わった後に「呆然」としてしまったが・・・。見に来ている、観客の方々も…。 まだ「結びの一番」が有るのに、「シーン」っとした感じ。  そして初めて見た「正代関」の負けて、顔を歪ませての悔しそうな顔。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・十三日目/「大栄翔関」「大関正代」共に二敗を守る。それにしても、あの態勢で勝ってしまうのは「…

 大相撲初場所は、残す所今日を含めて三日間。 その様な中で、三役は全て「勝ち越し」でその優勝戦線を戦っている「大関正代」も、一端は「関脇隆の勝」に上がったが、直ぐに「大関正代」に上げ直し、またもや「物言い」がついた。  「自分では、残っていると思っていた」と言っていたが・・・。やはり「つま先」で相撲を取っている「大関正代」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・十二日目/「大栄翔関」物言いがつくが、二桁の☆・「大関正代」は、力を見せつけ二桁。そして「大…

、完全に「大栄翔関」と「明生関」の取り組みでは、「明生関」の方が有利な運びだったのだか・・・。物言いががつき、「軍配通り大栄翔関の勝ち」確かに、「明生関」は「大栄翔関」の足を見ながら倒れて行ったのであるが・・・わずかに「明生関」の手が先に着いており、残っていたが・・・。そう言えば良く昔は、「手を縮めて顔から落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・十一日目/「大栄翔関」これが「押し相撲の怖い所」で二敗。「大関正代関」二回の物言いで、二敗を…

 終盤戦に入り、正にこの先が解らなくなった。 一敗の「大栄翔関」は、同じ「押し相撲」の「阿武咲関」。ここで明暗が分かれた、と言うか・・・やはり「押し相撲」の「ノウハウ」。  前に出て行った所までは、良かった。しかし・・・押し込んで相手を、反対に横に向かせてしまいそのまま土俵下へ・・・。 「舞の海さん」の言葉・・・「相撲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・十日目/「大関貴景勝」休場、そして「角番大関正代」勝ち越し!

 いよいよ、明日からは「終盤戦」に入る「大相撲十日目」。 そして、今日から「大関貴景勝」の休場。「三日目」の「北勝富士関」との、あの「北勝富士関」が「大量な鼻血」を出した取り組みの時に(確かにあの時確かに激しい相撲で、お互いに足を気にはしていたが、どちらかと言うと足首では無く膝かなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・九日目/全勝「大栄翔関」に★。二敗関取は「大関正代」だけ。三敗関取は十人

 今日から終盤戦に入った「大相撲」。昨日中日でただ一人「全勝」で勝ち越しを決めた「大栄翔関」に、「タータン」が待ったをかけた。 流石に「タータン」、腰が重い。そして土俵際での「器用な取り口」「伊瀬ヶ濱部屋」独特な事かも知れない。  また今日の「大栄翔関」の負けをみて、つくづく「押し相撲」の明暗がわかった様な気もする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・中日/「大栄翔関」中日で勝ち越し・・・果たして「三大関」は・・・( ;∀;)

 大相撲初場所・中日。 果たして「大栄翔関」が「三役力士」を全て破って「今日からは平幕との取り組み」なので有るが・・・果たして、今まで通りの「押し相撲」が出来るのであろうか。  中日の相手は「輝関」との取り組み。「大栄翔関」の身長は「182㎝」、それに対して「輝関」の身長は「193㎝」。 「輝関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・七日目/二日ぶりに「三大関」安泰。それにしても「大栄翔関」の躍進劇は、どこまで続く?

 あっという間に、よくよく考えれば「大相撲」も明日は「中日」。 「コロナウィルス」の為に「横綱白鵬」そして濃厚接触者として「前頭二枚目若隆景」「前頭九枚目千代の国」「前頭十一枚目千代大龍」「前頭十六枚目魁聖」そして「横綱鶴竜」が、休場の中・・・。  最初はどうなるのかと思ったのであるが・・・。「二横綱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・六日目/「大栄翔関」の躍進はいつまで続く。改めて「押し相撲」を考えて見た。

 「大栄翔関」の連勝が止まらない。これで「三大関」「関脇照ノ富士」そして「小結御嶽海・高安」と六連勝。 「役付き関取」との取り組みは、明日の「関脇隆の勝」のみ。  今日から「中盤戦」に入ったのだが・・・。 また、「役付き関取」が不甲斐ない成績となった。  その前に一言・・・。「役付き関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・五日目/初めて「三大関」安泰。それでもなお「大栄翔関」の躍進は続く。

大相撲五日目、前半戦も最後。 ようやく「大関貴景勝」が「琴勝峰関」との取り組みで、☆を手にした。力いっぱい相手の体を押して、右手で強く首のあたりを押して完全「琴勝峰関」の動きを止めてからの、左手での「引き落とし」。 「琴勝峰関」は、これで前半戦全て★。 今年の三月場所に「十両六枚目」で「十両優勝」を成し遂げた「琴勝峰関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・四日目/止まらない「大栄翔関」の躍進。「大関貴景勝」は四連敗。

 「三大関」を破った「元関脇大栄翔」。今日は「小結御嶽海」との「取り組み」。関脇に上がった時と同じで、完ぺきではないか。  とにかく、前へ前へと突いて行く。手の動きが止まらない、そして相手の動きをよく見ている。 今日は、久々に「向正面」には「御嶽海関」の「応援タオル」が、並んでいたが・・・。そんなのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・三日目/三日目にして最後に大波乱!「三大関」三人とも★。

 昨日から、何となくいや~な気がしたんだよな~。 今日の「大関正代関」の取り組み相手は、昨日も述べた通り「二大関」を破っている「大栄翔関」。  今までの対決を見ても、分が悪い。最初は「押されても、踏ん張っていたが・・・」余りにも「大栄翔関」の「押し」の強さに思わず下がってしまって引いてしまった所を「突きだされてしまった」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・二日目/恐るべき「元関脇大栄翔」昨日に続き「大関貴景勝」に★「大関正代」は二連勝!

 「大相撲初場所・二日目」またまた大波乱が有った。 「元関脇大栄翔」は、昨日に続き「大関朝乃山」そして今日は、昨日★となってしまった「大関貴景勝」にも土を付けた。 「押し相撲同士」の「大関貴景勝」と「大栄翔」。「押し合い」の中で、少し下がってしまった「大関貴景勝」を呼び込みそこを「叩き込み」での勝利。  また昨日初日で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和三年大相撲初場所・初日/コロナ渦「緊急事態制限」で始まった「大相撲」大関「朝乃山」・大関「貴景勝」に★

「荒汐部屋」「宮城野部屋」「友綱部屋」での、コロナ感染者が出た中での「令和三年」の初日。 「横綱鶴竜」も休場の中で、観客を入れての「令和三年初場所」。 合同稽古は、できたものの・・・。どうなるのかと言うのが、大相撲ファンの中では「賛否両論」の中・・・。  まず上位の事だけを言うと、来場所「大関狙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲春場所・千秋楽」を終えて/結果的には、最後に「横綱相星同士」での締めくくり。

 本当に、世の中「緊迫した新コロナウィルス」のせいで「無観客の春場所」、よくぞ「無観客」でも「開幕」してくれた事に感謝しています。 最初は「千代丸関」が三日間の高熱を出した時点で、心配はしましたが・・・、恐らく「肺炎では無い、インフルエンザ」でも無い事が最初にわかり、三日目にも「高熱」が下がらない為に「新コロナ」の検査を受けての陰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・千秋楽」/「20年ぶりの膜尻優勝・徳勝龍関おめでとう」そして正代よ、また来場所から頑張れ!

異例ずくしの「令和二年大相撲初場所」。「横綱二人」が早々に「休場した中、ドラマが次から次へと生まれて来た。」 そして「千秋楽」では、これまた「異例ずくし」。 その様な中で「正代関」は、どこか吹っ切れた感じで「両国国技館」に入り、大学時代からずっと相撲を取り続けて来た「御嶽海関」との取り組みで、本当に良い相撲を見せてくれた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十四日目」/「正代関に★」流石に緊張していた。

飲んで~飲んで~飲まれて飲んで~、飲んで~飲み潰れて 眠るまで飲んで~状態だった、昨日の私です。 そこまでは、飲まなかったけれど、今までは勝っては泣き、勝っては泣きしてましたが、流石に昨日は「冷静に冷静に」と思いながら「テレビを観ていた」のですが・・・。 泣いて、泣いて、飲みながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十三日目」/「徳勝龍関」と「正代関」が一敗を守る。

 まず、「十両照ノ富士」十両優勝おめでとう。 やはり「元大関照ノ富士」、怪我で二段目まで落ちたにも関わらず「よくぞここまで戻って来た」  「怪我で、幕下以下まで落ちてしまった力士達にどれだけ力と勇気を与えてくれた事か」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十二日目」/「正代関と徳勝龍関」トップで「一敗」を守る!「豊山関」は三敗。

 何となく「正代関」の表情が、いつもと違う。今日の取り組み相手は、「正面の解説錣山親方」の部屋の「阿炎関」。 「阿炎関」は「正代関」の苦手な関取でもある。 そして初めて優勝に向けて「いつも緊張している自分なので、今日はもっと緊張している。」と初めて「優勝」を意識している言葉を口にした「正代関」。  そうか、そうだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十一日目」/時津風部屋、農大出身二人の「快勝劇」!

 それにしても、「ポジティブな豊山関」とどちらかと言えば「ネガティブな正代関」。 でもその様にして、心を落ち着かせているのかな〜。  今日の「正代関」は「新小結大栄翔」との取り組み。 今までの「正代関」は、「喉わ」等を食らうと、完全に「顎」が上がってしまい、どちらかと言うとそれで土俵を割ってしま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十日目」/「正代関」よ、「九勝おめでとう」\(^o^)/。でも、本当に「正代関」は「欲」が…

 今日は、午後から「病院」。何とか「正代関」の「取り組み」までには、家に辿り着きたいと・・・。 間に合った~。  「松鳳山関」との取り組み。私の頭の中では、お互いに「突きあいながら」の・・・「んんんんん、わからん」と言う思いであったが・・・。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・九日目」/「正代関、大関貴景勝」を破って、勝ち越し\(^o^)/。

 ずっと「幕下」から観ていた私であるが・・・。心が穏やかでは無い。 何故なら「結びの一番」に「一敗同士」「大関貴景勝」と「正代戦」が組まれていたからだ。  その様な中で「前頭十七枚目徳勝龍」は「前頭十二枚目剣翔」に勝って、幕内で初の「勝ち越し」を決めた。 そして「豊山関」も今日は「阿武咲関」に対して、最初は「突っ張り」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・中日」/一敗関取は、「徳勝龍関」・「正代関」と「大関貴景勝」の三人のみ。

 本当に・・・もう只今「高血圧」治療中で、最近ずっと風邪が長引き「熱」が一週間以上続いている私は・・・。 明日は、丁度「高血圧」の薬をもらいに「近所のクリニック」に行かなくてはいけない日。  体調不良が続く中、昨日の夜の血圧は何。血圧の薬を飲んでいるにも関わらず「上の血圧163・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・七日目」/「正代関」「大関豪栄道」に破れる( ;∀;)

 「後もう少しだったのに・・・」 やはり「大関豪栄道」の意地だったのか。  「正代関」は、いつもと同じように「勝っても、負けても」飄々と花道を去って行ったのだが・・・、自分の取り組みをビデオで見なおした後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・六日目」/天変地異か?全勝は「正代関」、ただ一人!\(^o^)/。

 昨日までの全勝「照強関」・「輝関」・そして「正代関」。 今日の正面の解説者「元旭富士横綱の伊勢ヶ濵親方」その部屋の「照強関」は、そうあの「二十五年前の阪神淡路大震災」のその日に「生まれた力士」。  私はあの「東関東大震災」も身近な者として(偶々私は、股関節の大手術を受けた後で、家にいたから助かった。もしこの足で外出していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・五日目」/「正代関、北勝富士にV・五連勝」・そして「横綱鶴竜/休場」

とても残念な事に、昨日「横綱白鵬」の休場に続き「横綱鶴竜」が今日から、休場。 やはり、昨日も書いた様に「鶴竜も休場・・・何て事無いよね」と書いていたが・・・その通りになってしまった。 本当は、昨日のふと「鶴竜」の「土俵入り」の時に、「写メ撮っておけば良かったな~」と思っていたのだが・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・四日目」/「正代関関脇高安にV/「横綱白鵬」休場。そして二日続けて「妙技龍関金星!」

波乱万丈の令和二年の大相撲初場所」/「横綱白鵬」が、二日続けて負けて休場した中で・・・。 今日も又「結びの一番」で、「座布団」が舞った。 その前にやはりこれだけはまず、書かなくては。 「今場所は、上位力士と当たる為に応援はしても期待はしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・三日目」/「正代三連勝!」そして結びの二番、大波乱!

 今日は午後から外出していたが、「外出先」で偶々最後まで「幕内」の土俵入りから観れて、本当にラッキーでした。  その場所は、「病院」の「病室」だったのですが・・・。 「んんんんん・・・、いつまで正代関の太刀持ちを観る事が出来るのかな」と思っていた中、しっかりと「正代関の太刀持ち」の姿を観る事ができ、(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・二日目」/「正代関」二連勝!そして「遠藤関」二日続いての殊勲の金星!

正代見事に二連勝、とどこかで満足してしまった私だが・・・。 それが、それが・・・。 結びの前の一番で、「先場所」あの取り口を「覚えていた人」は多かったであろう。 「張り手からのかち上げ」で、「流血」になってしまった「遠藤関」。 昨日の「横綱鶴竜」からの、「金星」に続き「横綱白鵬」からの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more