テーマ:名古屋場所

2019年「大相撲名古屋場所・千秋楽」/これぞ見事な千秋楽。「横綱鶴竜」昨年「夏場所以来」の優勝。

 目を見張るような、「差手争い」。一端おさまって、「横綱鶴竜」が前へと動いて行った。しかし、そこで今度は「横綱白鵬」が押して行く。 そして、その間にまた「横綱鶴竜」は巻き変えて、「モノ差し」となりそのまま「横綱白鵬」を土俵際まで押し込んで、勝敗は決まった。  見事に「横綱鶴竜」は、初めての「名古屋場所」での「優勝」を収めたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・十四日目」/結びの一番で「横綱白鵬」が「元大関琴奨菊」に破れ、再び座布団が舞う。

 十四日目となれば・・・本当に書きたい事がいっぱい有った。(それは、明日の朝にでもゆっくり書こう。昨日の事も含めて・・・) それほど、今日は(昨日も)「幕下」からずっと見ていたのであるが、昨日と同じ様・・・全てが、結びの一番の「座布団」と共に全て飛んでしまった。  今日は・・・こんな事なら、メモを取っておけばよかった。確か「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・十三日目」/結びの一番「横綱鶴竜」「平幕七枚目友風」に負けて、見事に座布団が飛んだ!

 今日は、色々と書きたい事が有ったが・・・それが全て「結びの一番」で座布団と共に飛んでしまった。 毎日の様に、休場している「嘉風関」に電話をかけている「友風関」。「横綱鶴竜はとにかく強いぞ、ただ組みさえしなければ・・・」と言われたそうだ。  「尾車親方」も花道まで来ていた。そして「友風関」は、「尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・十二日目」/「安美錦関」引退会見。それに答えた幕下上位~幕内の力士達。

 十二日目に、「安美錦関」の「引退インタビュー」が有ったのだが・・・。各それぞれの「力士・関取」達が、「安美錦関」に対する、「思い出等」を語っていた。  そして、「安美錦関」の「伊勢ヶ濵部屋」の力士達は、幕下から幕内の力士達が、それぞれ勝利を改めて収めた。 そして、今日の幕内を振り返れば・・・「松鳳山関」誰が見ても、勝ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・十一日目」/残り五日目にて「大関」全員休場。

 何とか昨日「明生関」との取り組みで「勝ち越し」た「大関高安」、今の状態だと難しいのかなと思うと共に、本当に「今場所」は、怪我をするまでは「荒磯親方」が言う様に「横綱白鵬」を破るのは「高安関」・・・と言う言葉が、本当に残念でたまらない。  そして勝ち越しがかかった「炎鵬関」、「勝ち越し」がかかった「関取」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・十日目」/「安美錦関・引退」

 やはり、この「発表」に関しては、とても寂しくそして「今までお疲れ様でした」と言う思いでいっぱいだった。 そしてその日に合わせる様に、「照強関」は、平幕で一番早い「勝ち越し」を送り、「7敗」で後が無い「宝富士関」は「隠岐の海関」との取り組みで、自分の上手さを出し切った。  それにしても・・・まだ「五日」有るので勝ち越すとは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・九日目」/「大関高安」・「横綱白鵬」に土。

 中日を過ぎて、今日は折り返しの「九日目」。 やはり一番大きかったのは、「横綱白鵬」が「前頭四枚目逸ノ城」に破れた事であろう。 それを考えると、「三月場所」で何故「横綱白鵬」と「一敗」で追う準優勝をした「逸ノ城関」との取り組みが行われなかったのかと言う事に、過去の事であるが繋がってしまう。  し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・中日」/それにしても「吉田沙保里さん」よくしゃべるな~

 今日は、幕内からの正面のゲストに「元レスリング選手吉田沙保里さん」が、招かれていた。 それにしても、やはり同じ格闘技とあって、共通する所もかなりあった様で・・・「取り組みが行われるまでの、4分間」よく話も尽きずに話事が有ったんだろうな。  「あっ・・・、もう四分経ってしまったんですか{%はてなweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・七日目」/今日の解説は「元横綱稀勢の里」・やっぱダメか?「正代関」「横綱鶴竜」には、…

 今日の、「幕内」の解説者は「元横綱稀勢の里」の「荒鷲親方」。 それにしても関取時代は、アナウンサー泣かせと言われるほど「話をしなかった」「元横綱稀勢の里」・・・よくしゃべるな~・・・  それも、まだ引退したばかりなので、自分が対戦した「力士達」の事をよく知っていらっしゃる。 それに凄くわかりやすい。今回は、一敗で二人の全勝横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・六日目」/やったね「正代関」V

 今日の一番、やっぱりこれしかないでしょ。 「大関豪栄道」と「正代関」との取り組み。  正に今日は、完全に自分の形に持って来ての「寄り切り」で「正代関」の勝ち。 それにしても「明生関」・・・やはり、良い相撲を取りながらも詰めが甘いのかな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・五日目」/三回目の立ち合いでやったね「正代関」V

 良かったね、「正代関」。 それにしても、「北の富士さん」も良くお分かりの様で・・・。今日の行司さんは、結構立ち合いの時に「手を付いて、手を付いて」といつからだったかな、ブログを読み返せばわかるのですが、中入り前から、中入り後に昇格した「行司さん」  「この行司さんは、立ち合いの時に厳しい方だから・・・」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・四日目」/ショウダ〜イ( ;∀;)・・・、「北勝富士」四日目に☆

 「荒れる名古屋場所」、上位での全勝は「横綱二人のみ」。今日は久々にここ三日間出なかった「横綱白鵬」の平手打ちが出た。 いつ出るか、いつ出るかと思っていたのであるが・・・今日使ったか~・・・。  そして、「正代関」君・・・今日もどうした、当たりは五分のはずだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・三日目」/正代関さん・・・昨日の私のブログ「これ以上書いてしまうと・・・」当たってし…

 今日の、「大相撲名古屋場所」。ちょっと初日から2連勝していた「正代関」に昨日、ふと「期待」と、どこか「不安」を抱いてしまっていた私・・・。  今日の相手は、まだ☆が無い「小結阿炎」。あの、喉わををくらってしまえば・・・完全に腰が伸びてしまうよね。 「小結阿炎」もこのままの「連敗」は避けたいもの。仕方ないのか{%はてなwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲名古屋場所・二日目」/「正代関」やったねV。大関既に全勝力士無し。

「荒れる名古屋場所」・・・。 「横綱勢」は、何とか初日から「二連勝」しているが、今日は、「大関栃ノ心」・「大関高安」(取り直し)で、大関の全勝が誰もいなくなってしまった。  それにしても、「正代関」やったね。私の言ったとおりだったでしょ、「栃ノ心関」は「脇が甘いって」。 でもね、余り私が期待し過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年「大相撲名古屋場所」/二関脇・二大関初日に負ける。

いよいよ今日から、「荒れる名古屋場所」が始まりましたね。  初日早々、二関脇・二大関の★。 その「関脇玉鷲」に★を付けたのは、何を隠そう大好きな「正代関」 でも頼むから、「北の富士さん」、「正代関」にプレッシャーかけないで~。  それにしても、前回優勝した「朝乃山関」「大関豪栄道」に初日から★をつけました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲「名古屋場所/番付発表」朝乃山関は、前頭筆頭に

6月24日、「大相撲名古屋場所」の番付発表が有った。 横綱 東 鶴竜    西 白鵬 大関 東 豪栄道  西 高安 大関 東 貴景勝  西 栃ノ心 関脇 東 御嶽海  西 玉鷲 小結 東 阿炎    西 竜電 前頭筆頭 東 朝乃山  西 北勝富士 前頭二枚 東 碧山   西 遠藤 前頭三枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲名古屋場所」が終わりまた2か月の「相撲ロス」

 終わりましたね、暑い夏の「名古屋場所」が 今場所は「三横綱・一大関」がいない中、本当に「ベテラン力士」と「若手力士」が盛り上げてくれました。  感謝・感謝です。 この辺で私がもう既に引退している力士、と現在のご贔屓力士をご紹介しましょう。(年はばれてしまいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲名古屋場所」千秋楽。今場所一番の取り組み「豊山関」と「御嶽海関」

 今場所で一番盛り上がった、「千秋楽」。 それは、昨日既に優勝を決めた「御嶽海関」と「栃煌山関」との取り組みでは無く、今日の「これより三役」の後の取り組みの既に昨日の内に優勝が決まっていた「関脇御嶽海」と「前頭九枚目豊山」との取り組みであった。  「豊山関」は昨年の「五月場所」で「初入幕」して「先代からの四股名」「小柳」から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲十四日目」千秋楽を待たずに「関脇御嶽海」優勝。そして嘉風にようやく白星が、

 「大相撲名古屋場所、十四日目千秋楽を待たずして関脇御嶽海」の優勝が決まった。 だけどな何なのかな~何故か、ため息ばかりが、私にはあった。  「千秋楽でも無いのに」・・・「横綱が負けたわけでも無いのに」・・・「それも結びの一番」でもないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲名古屋場所」十三日目「ベテラン力士と若手力士」との攻防

 正に今場所は、「ベテラン力士」と「若手力士」との攻防が見られる場所となっている。 結びの一番「大関豪栄道」と昨日「大関高安」に破れ一敗を記してしまった「関脇御嶽海」  正に、今日の結びの一番も「ベテラン力士」と「若手力士」との攻防。 そしてお互いに、優勝戦線をかけての一番だったのである。  まず、「大関豪栄道」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲名古屋場所」十二日目~「大関の意地を見せた高安関」

 全勝の「関脇御嶽海」、勝ち越しがかかる「大関高安」結びの一番の前で「大関豪栄道」が、昨日「勝ち越し」を決めここからは「横綱」不在の場所で「大関の意地」を見せなくてはならない場所で、同じく「三敗」力士の「遠藤を見事に「押し出し」で勝利した。  今場所は、「大関豪栄道」と「大関高安」はお互いに「角番」で勝ち越さなければ、来場所は「関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲名古屋場所」十一日目~関脇御嶽海の連勝が止まらない。

 大相撲名古屋場所も十一日目と既に「終番」に入り、「関脇御嶽海」の快進撃が止まらない。 十一日目は過去四回一度も勝った事の無い「前頭四枚目魁聖」との取り組み。  力士にはそれぞれ今まで勝った事の無い力士に対して、どうしても「苦手意識」が先行してしまうのか? しかし見事に「御嶽海関」はその相手「魁聖関」を「押し出し」で勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「名古屋場所」十日目「関脇御嶽海」初めての初めての「三役」での二桁勝利。

 今まで「三役」になってから、一度も「二桁勝利」を収めた事が無かった「関脇御嶽海」 今場所は「三横綱・一大関」が休場する中で、ひたすら「全勝」を貫いている「関脇御嶽海」  解説者も、アナウンサーも「関脇御嶽海」の欠点を述べていたのであるが・・・まず、一昨日「八日目の鬼門」の「全勝」での「勝ち越し」を決めて、一昨日の「八日目」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九日目」二人の「大関」の意地が見えた。

 結びの一番の一つ前「前頭筆頭玉鷲」と「大関高安」との取り組み。 今場所の「大関高安」は勝った取り組みにしても、先場所「全休」したせいか?どこかまだ「相撲勘」が戻っていないのか?危ない相撲が目立っていた。  また「大関高安」がまく塩・・・自分の手前にかなり取り組みの前には、残っており「誰と取り組んだ時かはちょっと忘れてしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲名古屋場所」八日目「安美錦関」勝って「大鵬」に並ぶ。

 七日目までで「十両安美錦関」が昭和の大横綱「大鵬」の通算勝利数「872勝目」と言う記録に勝利をして「一勝」と言う並ぶ。と言う所まで来た。  以前アナウンサーに「もうじき大鵬の記録に並びますね」と聞かれた時に「そうか・・・」とどこか他人事の様に、しかし「ちなみにあと何勝」とたずねていた「安美錦関」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2018年名古屋場所」七日目「大関豪栄道」三敗。

 今回三横綱一大関が休場になってしまった事により、「一敗力士」あるいは「二敗力士」まで「優勝」のチャンスが回って来た。  今日も「関脇御嶽海」は危なげない相撲で「全勝」を守り切ったのだが・・・今までの傾向から行くと、これからが正念場なのである。  そして平幕にはまだ「一敗」の力士が三人いて、「大関高安」も二敗で何とか踏みとど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2018年名古屋場所」七日目「新大関栃ノ心」休場

 昨日に引き続き、また残念な事が起きてしまった。 昨日、「小結玉鷲」との取り組みで「右足親指を痛め、「側副靱帯(じんたい)損傷で全治約1カ月」と診断された。」  との事、残念でならない。 「全治約一か月」と言う事は、「角番大関」となってしまう事は明らかでその後来場所も「全治一か月」と言う事で、果たして、「八勝」をあげる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2018年名古屋場所」六日目。「大関栃ノ心」「小結玉鷲」に破れる。

 今日から「横綱鶴竜」が休場すると言う中で・・・何となく、面白味が欠けてしまったと思っていた「名古屋場所」 しかし「とにかく名古屋場所は荒れる」と言うのが、私のどこかにやはりあった。  昨日までの「全勝」は「関脇御嶽海」と「新大関栃ノ心」の二人だけ。 「関脇御嶽海」は私が応援している「前頭筆頭正代」を決して「正代関」も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2018年名古屋場所」六日目「横綱鶴竜」今日から休場!

 先ほどテレビから「今日から横綱鶴竜」の休場が発表され、これで今場所は「横綱」が前半で誰もいなくなってしまった。  これで「千代の国関」は、「横綱白鵬」との取り組みに続き、今場所は二回の横綱からの「不戦勝」となる。 何でこんなにしらける事になるかな?・・・  しかしその代わりに「十両」が盛り上がっているので、良いとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2018年大相撲名古屋場所」五日目「飛んで!飛んで!飛んで!飛んで~座布団舞~った~♪」

 本当は十両の時からテレビを観ていた私は、今日は「安美錦関」が「四勝」を上げて勝ち残りで土俵下にいた時に、珍しく「審判の友綱親方」と何やら楽し気に話をしていた事を書きたかったのだが・・・  それどころでない事が、昨日と同じく「結びの一番」で今日は平幕の「阿炎」との取り組みで、最初から「阿炎関」が「押して、押して」でも「横綱鶴竜」も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more