テーマ:夏場所

2018年「大相撲夏場所」千秋楽「横綱鶴竜」二連覇/「前頭二枚目松鳳山」殊勲賞獲得

 2018年「大相撲夏場所」は、見事に最初は一敗で全勝の「関脇栃ノ心」を追いかけていた「横綱鶴竜」が結びの一番で「横綱白鵬」を「寄り切り」で破り、「十四勝一敗」で先場所に続いて初めての二連覇で「優勝」した。  「横綱鶴竜」は四日目に、「前頭二枚目松鳳山」に叩かれて引いてしまい「押し倒し」で破れてしまったのであるが、その後はずっと勝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」十四日目;「十両に再び転落の安美錦関」のベテランの取り組みに誰もが納得。

 優勝争いが混戦となっている今日の取り組みをの中で、やはり一番最初に私が書きたい事は・・・ 最近になって「大相撲のファン」になった方々には、申し訳ないがわからないとは思うが・・・  「安美錦関」は一時は「関脇」まで上り詰めた「関取力士」なのである。 またただ「最年長力士」と言う事で、応援している方もいるかも知れないが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」十二日目「関脇栃ノ心」結びで初めて「横綱白鵬」を破る。

 今場所の中で「一番」とされる、「ちょっと早すぎない」と思われた「全勝関脇栃ノ心」と「一敗横綱白鵬」との取り組みが、結びの一番で行われた。  二人とも右四つ、また今まで「横綱白鵬」に対して「関脇栃ノ心」は一度も勝てた事が無い。 しかも直近の取り組みは、昨年の夏場所。あの頃には珍しく「横綱白鵬」はすぐに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」十一日目;YouTubeの動画何度も確認したが「横綱白鵬」手を付いて無い?

 目の前で「十一連勝」した「関脇栃ノ心」が厳しい目で見上げる土俵上。 「横綱白鵬」と「前頭四枚目正代」との取り組み。 「前頭四枚目正代」は時間いっぱいで、既に両手を付いている。  そして「横綱白鵬」は・・・「あれ一昨日は左手ついていないまま、土俵を立った・・・」 今日は{%はてなwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」十日目「横綱鶴竜」それは無いだろう~!

 「いくらなんでもそれは無いだろう」と館内。「ブーイング」の嵐。 今まで、「小細工」等見せた事が無かった「横綱鶴竜」  「元大関琴奨菊」との取り組み、結びの一番前で「出だし」で「変化」をしてあっけなく「琴奨菊」を「叩き込み」で破った。  今まで既に四十回以上互いに取り組みが有り、「琴奨菊関」にも油断があったのかも知れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」九日目横綱白鵬「待ったして 左手つかずに 立ち上がり」

 いやいや、これだけはよく見てもらいたかったな~審判員に。 「横綱白鵬」と「琴奨菊関」との取り組み。  今まで既に「六十回」対決している力士同士の取り組みに、私は何よりも「横綱白鵬」の「立ち合い」を気にしていた。  まずは白鵬」から「待った」がかかった。 こう言う時が、怖い。  (初日に「張り差し」を見せて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」中日「北の富士さん、もう一度見ると疲れるからいいよ」

 早いもので今日で「大相撲夏場所」も中日になった。 昨日は「小結遠藤」との取り組みが予定されていたが、「遠藤関」休場の為に不戦勝だった「関脇栃ノ心」。  早くも今日は「関脇同士」あの重たい「関脇逸ノ城」との取り組み・・・ がっぷりと「右四つ」に組んだ二人・・・これは再びお互いに「力相撲」。  どちらが先に「体力負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」七日目「阿炎関」昨日に引き続き「大関豪栄道」に土を付ける。

 昨日あっという間に初めての大横綱「白鵬」に対して、何もさせないまま「両手で土俵際」まで持って行き、あっという間に幕内三場所で「金星」を取った。  そして今日は「大関豪栄道」との取り組み。 此方もちょっと引きを見せてしまったが、あっという間に「大関豪栄道」を「叩き込み」で破り、これで「小結遠藤」「横綱白鵬」「大関豪栄道」と三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」六日目「前頭二枚目阿炎」有言実行「横綱白鵬」に完勝!

 昨日は以前付き人も行い、相撲の「所作」等を教えてもらった「横綱鶴竜」との取り組みで結びの一番負けてしまった「前頭二枚目」の「阿炎関」。  きっと昨日は「横綱鶴竜」に対して「遠慮」があったのでは、無かったのか?ましてや初めての「横綱戦」の硬さがあったのでは無いかと?また解説が「親方の元寺尾」と言う事でかなり固くなっているのでは{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」五日目「安美錦関」VS「豪風関」二人合わせて「77歳」

 昨日までまだ白星が出ない「安美錦関」土俵に上がる度に「年齢」を言われるが・・・時々「そこまで言わなくても」と思う反面、頑張っているんだな~と此方も元気をもらうもので・・・  しかし今場所は「西の前頭十六枚目」と言う事は・・・下は後一枚しかない。 そして昨日行われた「安美錦関」と「豪風」との取り組み。お互いに「変化」がある力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」四日目。「正代関」が変わった?また「横綱鶴竜」に「松鳳山関」が勝利。

 いつもどちらかと言えば、控えめな「正代関」。 しかし、今場所はどこかが違う。今日は、三勝同士の「勢」との取り組み。  危ない場面が何度かあったが、その都度立て直し「勢」の腕のサポーターに手がかかってそのサポーターまでも外してしまうなど。  確かに昨日「北乃富士さん」が言うように「ここで、顎が上がらなければ・・・」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」三日目/相撲はどうあれ、向正面に有名人を見つけよう!

 「大相撲夏場所」三日目、今日は「大関豪栄道」が「新小結遠藤」に負けてしまい、また「関脇逸ノ城」もラッキーな、「物言い付きの白星」(競馬で言えば0.0秒差での、手が先に付いたか?足が先に出たか?と言った感じであった。)  以前にも書いた事が有る様に、「国技館」で行われる「大相撲」は「向正面」をよく見ると時々と言うか、毎日誰かしら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所二日目」「正代関」も「豊山関」も頑張れ!

 同部屋で、更に大学も「東農大」出身の「正代関」と「豊山関」今場所は、後輩「豊山関」の方が「正代関」より番付が一つ上がった事で、「部屋頭」が後輩の「豊山関」に変わってしまった。  今場所の2日目までの成績を見てみると「正代関」は初日・二日目としっかりと勝っており、2連勝。 「豊山関」は「2連敗」。  ここで、先輩の意地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲夏場所」初日「呼び出しも大変だよ!」

 いよいよ今日から待ちに待った「大相撲夏場所」が始まった。 しかし、「横綱稀勢の里」「大関高安」が休場と言う事で・・・ちょっと盛り上がりには、欠ける所もあるが・・・  今日は、関脇以上は「安泰」、しかしその中でやはり「首をかしげる事」もあった。 皆様は「イケメン呼び出し三羽烏」と呼ばれている人をご存知ですか?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ開催「大相撲五月場所」

 昨年の「日馬富士」の事件から、ここの所色々な問題が「発覚」「議論」されているさなかに、ようやく今度の「五月十三日」から大相撲の「五月場所」が始まる。  ほんとに色々ありましたね・・・「日馬富士事件」その後の巡業中の「行事のセクハラ」場所中の過去の部屋の中での「暴力事件」までもが、発覚。  そして「貴乃花親方」一門から二人出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大相撲夏場所も終わり・・・」「今年のダービーも終わり・・・」

 夏場所千秋楽も終わり、何となくどこかに「もやもやした感じ」「やるせない気持ち」「あれだけ楽しみにしていたのに、何だったのかな~と思う空虚感」  やはり「横綱稀勢の里」が途中休場に追い込まれた事からなのかも知れないが・・・ 毎年ながら、「大相撲夏場所」はあの張りつめていた「ダービー」の終わりにも繋がり・・・という思いもある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所千秋楽「白鵬全勝優勝」

 14日目に既に「横綱白鵬」の優勝が決まっていたので、何となく冷めた気持ちになっていたが・・・ 実は、今場所は「平幕」の活躍が目まぐるしい。 競馬が終わった後、すぐにテレビを切り替えたのだが今日は「千秋楽」既に幕内の「取り組み」が行われていた。  まずは、十両優勝「錦木」と「安美錦」との取り組みでは、残念ながら「安美錦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所14日目「横綱白鳳」優勝、でも「なぜダメだしするかな?

 今朝書いた、ブログをすべて撤回。今日優勝がかかった「大関輝ノ富士」との一番で、最後の最後に「大関輝ノ富士」に対して、強いものではなかったがいったんもうすでに土俵を割っている「大関輝ノ富士」の腹部を押して「土俵下へと落したのである」  「大関輝ノ富士」は2日前の取り組みで「膝を痛めての出場」  今日解説は、「大関輝ノ富士」と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「横綱白鵬」が生まれ変わった「一言は」

 私は幼少時代から「根っからの相撲ファン」であり、物心ついた頃からテレビで観ていたり親に何度か「九州場所」「大阪場所」そして「国技館」と連れて行ってもらった。  そして「横綱白鵬」の事も大好きであった。 しかし、このブログでもわかる様にいつしか「横綱白鵬」の取り組みに疑問を抱きだしていた。 それは「猫だまし」から始まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所13日目「関脇高安」「横綱日馬富士」破り大関確定!?

 今日は色々書きたい事もあったが、この一番で全てがすっ飛んでしまった。  結びの一番前、「関脇高安」のご両親が見守る中「関脇高安」は「横綱日馬富士」を「叩き込み」で破り、見事昨日の「大関」になれる目安「残り10勝」を上回り、更に1勝を「横綱」からあげた。  「大関高安」のお母さんは、取り組みが行われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所12日目「横砂白鵬全勝を守り抜く」

 いよいよ大相撲も大詰めになって来た。 そんな中「十両」では、ようやく12日目に「勝ち越し」が決まるなど、幕内より激しい優勝争いが繰り出されている。  さて12日目も色々とここ一番の取り組みがあったが、まず2敗の「関取」の相撲を振り返ると「前頭十枚目宇良」と「前頭七枚目北闘富士」との取り組み。「宇良関」は自らの体の柔らかさを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所11日目「横綱日馬富士」「小結御嶽海」に負けて1敗

 11日目から「横綱稀勢の里」が休場する中、激しい優勝争い、全勝同士の「横綱白鵬」「横綱日馬富士」、またそれを追う2敗で並んでいる「大関照ノ富士」「関脇高安」「前頭五枚目正代」「前頭十枚目宇良」「前頭栃ノ心」の星のつぶし合いが、始まる。  まず、今場所ずっと怪我で悩んでいた「前頭十枚目栃ノ心」と勝ち越しをかける「前頭十二枚目徳勝龍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所11目にして「稀勢の里休場」

 先場所、千秋楽の3日前に土俵から落ちた際に左腕に怪我をしながらも最後は「大関照ノ富士」を破り、本割へと駒を進め見事2場所連続で優勝した「横綱稀勢の里」は、やはり場所前に「巡業」にも行かず「稽古」もあまりしなかった中、初日は「小結嘉風」「4日目には「前頭筆頭遠藤」に金星を与えてしまい、一昨日、昨日と2連敗をしてしまった。  残り後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所10日目「稀勢の里」「琴奨菊」因縁の取り組み「稀勢の里」4敗

 大相撲夏場所10日目で、もう後が無い「関脇琴奨菊」と「横綱稀勢の里」昨日の取り組みは「幕内では最高の64戦目」  今までの取り組みでは「稀勢の里30勝」「琴奨菊33勝」。「稀勢の里」が初優勝した初場所でも、9日目に唯一「土を付けた」  それだけ、お互いにお互いの手をわかっておりこれだけ長く常に上位で相撲を取っていた二人であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所9日目「稀勢の里3敗」

 大相撲夏場所9日目に「横綱稀勢の里」が「前頭4枚目栃煌山」に一歩的な相撲で3敗を記し、優勝争いから一歩下がってしまった。  「前頭4枚目」の栃煌山は、以前関脇まで務めていた「横綱稀勢の里」と同学年の力士。 立ち合い稀勢の里が張り手を見せそのすきに稀勢の里の体の中に入って行き「のもざし」を許し、そのまま土俵際に追い込まれ「寄り切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所中日「横綱白鵬」「横綱日馬富士」共に勝ち越し

 いよいよ「大相撲夏場所」も中日に入った。 7日目まで全勝の「横綱白鵬」と「横綱日馬富士」は果たして久々に中日で勝ち越しが出来るのかが、焦点となった。 まず、「横綱白鵬」と「関脇琴奨菊」との取り組み。「関脇琴奨菊」はここまで6敗と「関脇」の座を守り切れるのか?  両者、胸を合わせた形で一進一退。最後は「関脇琴奨菊」が土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大相撲夏場所6日目・7日目」稀勢の里我慢の2連勝

 夏場所6日目に今場所「大関」を目指している「関脇高安」は「気持ちのいいほどの負けっぷり」同じ「関脇玉鷲」に一方的に何もする事もできずに「押し出し」で敗れた。  しかし、よく考えれば5日目の取り組みでも「御嶽海」に当たり負けして苦し紛れの「首投げ」2日間続けての立ち合いでは、「当たり負け」していたのである。 これも、「関脇高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大相撲夏場所5日目」稀勢の里2敗を守る。

 4日目にして早くも2敗してしまった「横綱稀勢の里」は、5日目「前頭二枚目千代翔馬」に、左肩に頭を押し付けられ見た目には危ない取り組みになったが、その後しっかりと右上手を取りそのまま、土俵際に「千代翔馬」を追い詰める形となり「寄り倒し」で「千代翔馬」を破り何んとか2敗を守った。  また「序盤」で3敗を記してしまった「横綱鶴竜」は足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大相撲夏場所4日目」横綱稀勢の里2敗

 大相撲4日目、結びの一番の前に行われた取り組みで「横綱稀勢の里」は「遠藤」に「押し出し」で敗れた。 これで稀勢の里は早くも4日目で「二敗」になってしまった。 取り組みの中で、お互いに押し合っている中「遠藤関」の右足が後ろに滑り左ひざが付きそうになった時に、ふとその足に目をやった「稀勢の里」そしてその時力がふと抜けたのであろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所3日目「危なかったな~も~」

 5月16日の大相撲3日目。 「大関稀勢の里」と昨日結びの一番で初めての金星を手にした「前頭筆頭千代の国」 立ち合い、稀勢の里左おっつけで攻めるもそのまま体制を崩されて土俵際まで押し寄られ完全に稀勢の里の体も伸びた形となった。 何度も、何度も「千代の国」に押されもうだめかと思ったが「稀勢の里」は右足一本でバランスを取り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more