テーマ:九州場所

2019年「大相撲九州場所・千秋楽」/正代「敢闘賞」おめでとう!!!!!!!!!!!

 今日で、「今年最後」の大相撲が終わった。 そして私にとって「最後の最後」で今までの寿命が縮まる瞬間が来た。  そう昨日は「妙技龍関」に負けて、「十勝四敗」で千秋楽を迎えて、条件付きで「敢闘賞」が決まると言う「朝乃山関」との取り組みが決まっていた「正代関」。  ずっとずっと「正代関」の事は、沢山のお気に入り力士の中で一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・十四日目」/千秋楽を待たずに「横綱白鵬」優勝。「御嶽海関」負け越し。

 「十四日目」結びの一番で、「横綱白鵬」が「関脇御嶽海」に対して、右手の張り手からの「左四つ」になり、「右足」をかけて「外掛け」で一瞬にして、「優勝」を決めた。  これで「関脇御嶽海」は、負け越しとなった。 ハイ、これで幕内は「オ・ワ・リ」  明日の「十両優勝」を楽しむ事にしよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・十三日目」/結びの一番「阿炎関」が土俵を割ると同時に「行司」は尻もち、砂被りで見ていた…

 まず「幕下優勝おめでとう照乃富士」。本当に長かった、よく辛抱した。私は以前「元大関照乃富士」が、負けても尚出続けている時に「出続ける勇気と休場する勇気」と、書いた事が有ったのだが・・・。  「伊勢ヶ濵部屋」の力士は、どちらかと言えば「怪我をしつつも」よほど「手術」等しなければ、皆土俵に上がっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・十二日目」/「御嶽海関」意地を見せたか?「朝乃山関」三敗。「横綱白鵬」何一つ変わってい…

 十二日目・・・「正代関」も九勝を上げ、「松鳳山関」も若々しい相撲を見せてくれた。 だけど、やはり苦手力士ってあるんだな~とつくづく思ったのは、「阿武咲関」と「豊山関」との取り組み。 よく相手の力士にずっと★をつけ続けられると、よく「分が悪い」とは言うが・・・先入観なのか、それとも取り口が合わないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・十一日目」/「正代関」・「輝関」・「大関貴景勝」勝ち越し、「小結朝乃山」は二敗を守る。

今日から、「終盤戦」の大相撲九州場所。「正代関」は、「五月場所」以来の「勝ち越し」。また「輝関」は、初めて「十一日目」での勝ち越し。 そして「大関貴景勝」は、「大関」になって初めての「勝ち越し」。 久々に今日、「正代関」の「インタビュールーム」での姿を見たような・・・そんな嬉しい気持ちがした。 それも「正代関」の「うっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・十日目」/「横綱白鵬」を追いかけるのは「小結朝乃山」のみ?

十日目を終わり、そろそろ「優勝力士」は誰かを考える時になって来た、 一敗は「横綱白鵬」のみ。それを追いかけるのは二敗の関取は、「輝関」が破れ「小結朝乃山」ただ一人。 それでは今の「横綱白鵬」に★を付けられる、「関取」はいるのであろうか。 一敗の「小結朝乃山」は、既に三日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・九日目」/「御嶽海関・大関貴景勝・横綱白鵬」共に☆。幕内の解説には「中村親方(元嘉風関…

「中日」を過ぎて「九日目」の取り組みでは、ようやく目の上を負傷してしまった「御嶽海関」は「目の上」の怪我も気に無くなって来たのか。当たりの激しい「玉鷲関」を相手に頭から当たり、「モノ差し」となりそのまま土俵際まで「玉鷲関」を追い込んで「寄り切り」で破り「五勝四敗」と勝ち星を一つ増やした。  これなら何とか残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・七日目」/「大関高安・貴景勝」「関脇御嶽海」意地の一勝?

 連敗を記して心配していた「関脇御嶽海」・「大関高安」・「大関貴景勝」の三関取がそれぞれ意地を見せるかのような厳しい相撲で、「連敗」を止めた。  「関脇御嶽海」と「押し相撲」を得意とする「琴勇輝関」との取り組み。目の上の痛みがようやく無くなって来たと言う「関脇御嶽海」、お互いに突き相撲の中で、「関脇御嶽海」は前へ、前へと出て行き「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・六日目」/一敗力士は、早くも「横綱白鵬」ただ一人。

 六日目にして早くも一敗力士は「横綱白鵬」のみとなってしまった、九州場所。 六日目で一番目立った「取り組み」は、「松鳳山関」と「炎鵬関」との取り組みだった様に私には見えた。  と言いますか、むしろ「松鳳山関」まだまだここに有りと言った所でしょうか。 初日から、厳しい叩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・五日目」/幕内全勝力士は無し「若隆景関・栃ノ心関」休場。そして「御嶽海関」・「大関二人…

五日目にして、昨日まで全勝だった「若隆景関」は休場して「正代関」は同じ「九州福岡出身の元大関琴奨菊」に「寄り切り」で敗れてしまった。 館内では、「琴奨菊関」よりも「正代関」の応援の声が多かったようにも思えたが・・・。「毎日が、緊張している。」と言っていた「正代関」。 連勝は、いつかは終わるとは思っていたが・・・。連敗だけは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・四日目」/全勝は、「正代関」と「若隆景関」の二人だけ。「北勝富士関」見事な体当たりで「…

 四日目を終えて、全勝は「若隆景関」と「正代関」の二人だけ・・・。その様な中で、四日目は仕事の為にたまたま「正代関」の取り組みからしか見られなかったのであるが・・・。  そこで「若隆景関」が、勝ったけれども「足を痛めた」との事・・・。「ビデオを観る限り」普通の流れでの、取り組みに見られたが・・・。 最初は相手をお互いに押し合いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所」/無念「友風関」・「膝の脱臼、じん帯損傷」で一年は無理?                

 二日目の「琴勇輝関」との取り組みで「流れの中の押し出し」が、とんでもない「悲劇」が「友風関」に起きてしまった。 押し出されて、土俵に落ちた時に「ゴン」と言う鈍い音の後、「友風関」は土俵下の「行司さん」の膝をまたぐように両手と両足の膝をついてそのまま、動けない状態。 その後、中々土俵下から上がって来ない「友風関」を観に行く「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・三日目」/春日野親方までが「正代は、強いのか?よくわからない力士だが?」

 よく言われるのが、「正代関」への期待と疑問。以前「北の富士さん」も「正代関」が、幕内上位に上がって来た時に凄く期待をして来たのであるが・・・。「次に大関に近いのは、正代関」と・・・。  確かに、大学時代でも東京農業大学時代に「二年生」の時に「学生横綱」となったが、その後は三年の時には「アマチュア大会」で決勝戦の時に「遠藤関」に破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲九州場所・二日目」/「妙技龍関」の取り組みが、終わった後で「今日は、もう余は満足じゃ~」と思った…

 どこと無く、やはり幕内に入った途端に「ドキドキしながら「取り組み」を見ていた私だが・・・。 よし、今日は相性の悪い「千代大龍関」に、当たって・当たって「押し出し」で勝利した「正代関」。 そして本人は「琴奨菊関の声援の多さ」に対して、「ついつい反対に強気になってしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・千秋楽」・・・遅くなりましたm(_ _)m

最後の最後、千秋楽の「幕内中入り」から観れなかった私。 「優勝は誰か」も気になったが、私の思いは「正代関勝ち越せ」そして、「前頭筆頭妙義龍関、正代関に勝って後二勝・・・となり千秋楽の前日も勝ったのだから、力づくでも勝ち越して三役に戻ってもらいたい。」  そして「松鳳山関、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・十四日目」優勝争いは明日に持ち越し、しかしまたもや貴景勝やってしまったか

 今日は、「結びの一番前」に二敗の「大関高安」と一敗の「小結貴景勝」との取り組みが、予定されていた。 しかし、その二つの取り組みの前に「小結魁聖」が休場と言う事で、本来ならば「小結貴景勝」が先に土俵下に行かなくてはならなかったのだが・・・。  既に相手の「大関高安」は土俵下に腰を下げていた。しかし「小結貴景勝」は、何を勘違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・十三日目」/「三段目宇良」優勝おめでとう。

 ずっと、ずっとこの日を待っていた。「怪我をして休場が続いて、先場所から土俵に戻って来た宇良」。 そして、今日・・・「三段目三十三枚目宇良」・・・三段目全勝で見事に優勝をした。  何か、また体が一回り大きくなったような・・・。あの怪我をした時の「取り組み」をまだ私は忘れていない。 「宇良関の取り口は、危なさと紙一重・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・十二日目」/「ベテラン松鳳山関、地元で勝ち越し!」

 九州場所では、それぞれ「九州出身力士」への熱い応援がいつも盛り上がっている。 その様な中で、地元福岡県出身の「松鳳山関」が見事に「勝ち越し」をした。  何と言っても、「松鳳山関」の魅力はあの突っ張り、叩き・・・そして相手力士のほんのわずかなスキを逃す事無く、勝利へと持って行く。それが魅力的なのである。  また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・十一日目/十両豊ノ島勝ち越しおめでとう!

 今場所は、十一日目で幕内・十両共に「優勝争い」がわからない状態になっている。 まず「十両」では「二敗」はただ一人「十両五枚目照強」小柄ながらも、先日には「舞の海さん」の十八番の「猫だまし」を二回やって、大型力士に見事に勝利。  そしてその二敗の「照強関」を三敗で追うのが昨日勝ち越しを決めた「豊ノ島関」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・十日目」/「正代関、これからは毎日あなたの事を書こうかな?」

 相変わらず、止まらない「貴景勝関」の連勝。そしてそれを追いかける「大関高安」 何故か、今日は「北勝富士関」の立ち合いが・・・合わなかった・・・それが、勝因に繋がってしまったのか  この後、誰が「貴景勝関」の連勝を止めるのか と言う事になるのであるが・・・  昨日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・九日目」/貴景勝関、もうどうにも止まらない♪

 ここまでの強さを見せつけられてしまうと・・・九日目は「大関栃ノ心」との取り組みで、「大関栃ノ心」が土俵上で腰砕けの様な姿で「押し倒し」で負けてしまった。  残るは、上位力士は「大関高安」との取り組みを残すのみ。 十日目は、「北勝富士」との取り組みであるが・・・どの様な相撲を見せてくれるのか・・・  また「正代関」これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・中日」/一敗力士は「貴景勝」のみ。しかしあのまわしには、★か?

 いつの間にか、途中「横綱稀勢の里」が休場して「横綱不在」の平成最後の「九州場所」も今日「中日」となった。  上位陣は「大関三人」の中で、「高安関二敗」・「豪栄道関三敗」・「栃ノ心関四敗」・・・そして平幕力士で「一敗」だった力士は、「小結貴景勝」のみとなってしまった。  しかし・・・今日、土俵に上がってから「小結貴景勝」は塩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・七日目」/流れが変わった西側の勝利。

 大相撲では面白い事に、時々同じ側の力士の勝利が続く事がある。 それは、今日の幕内「四番目からの取り組みから」。  ずっと「千代翔馬関」と「遠藤関」の取り組みから、幕内後半戦の「千代大龍関」と「逸ノ城関」の取り組みまで、西側の力士の「☆」が13回続いた。  そうなるとだ・・・意外とこの連続を気にする力士も出て来ると言うので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・六日目」/「正代関、大関栃ノ心」にV

 本当は、何も観てられなかった・・・。時間いっぱいまで「正代の方が相変わらずのんびり、マイペース」でもここまで「不戦勝」もはさんでずっと連勝していた相手の「大関栃ノ心」との、結びの一番。  あんなに懸賞金回っちゃって・・・でも、「正代」はあののんびり顔。「大関栃ノ心」はいつもの通りあんなに気合入っているのに{%表情テンパるdeka…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所/五日目」・横綱稀勢の里休場。その裏で各力士を魅せる。

 昨日で初日から★を四日間続けてしまった「横綱稀勢の里」が苦渋の結論。 初日に「貴景勝関」との取り組みで、膝を痛めてしまっていたとか・・・。  昨日四日間連続で負けてしまった事に不安を感じてしまっていたのだが・・・。 しかし、今日は「三人の若手、ベテラン力士」が素晴らしい相撲を見せてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・四日目」「横綱稀勢の里四連敗」そして「大関高安四連勝」

 止まらない「前頭二枚目栃煌山」の勢い・・・ 本当はこの様な事はこの書きたくは無かったのではあるが・・・先場所は何とか復活して「十勝」を上げて「横綱の地位」を守った「横綱稀勢の里」  しかし今場所、既に「関脇御嶽海」「関脇逸ノ城」「大関豪栄道」を破っている「東前頭二枚目栃煌山」に今日は厳しくも攻めながらも「掬い投げ」で四連敗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・三日目」/その二「横綱稀勢の里初日から三連敗」

 どうなってしまうのか・・・「一人横綱稀勢の里」 頑張っているにも関わらず、何故か「歯車」が合わない。  どこがいけない、何がいけない、恐らく自分でも「自問自答」はしていると思うが・・・ 初日「貴景勝関」に先場所はあれだけ粘ったにもかかわらず・・・。「貴景勝関」がやはり何か・・・一つ上回ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・三日目」/二日連続「大関豪栄道」★

 昨日は「小結貴景勝」に・・・そして今日はベテランに「前頭二枚目栃煌山」に「大関豪栄道」は不覚にも連敗してしまった。  「栃煌山関」は以前はずっと「関脇」の地位にいて、「大関になるのは、時間の問題だ」とまで言われていた力士であったが・・・いつの間にか、それは遠のき怪我に悩まされ、あらよあらよと言う間に下へと落ちて行き、今年の五月場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所二日目・その二」/妙技龍五年ぶりの金星。

 一人横綱の「稀勢の里」二連敗・・・不安がよぎって来た。 今日の取り組み相手は、ベテランの「妙技龍関」・・・何故か、先場所ぐらいから「ベテラン力士」が頑張りだした。  「横綱稀勢の里」も既にベテラン力士・・・同じぐらいの年齢なのだ。 また、同じぐらいにずっと相撲を取って来ていた。  今場所は、「二横綱」がいない中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲九州場所・二日目」/「貴景勝、昨日の金星に続き今日は大関豪栄道にV」

 心機一転、「小結貴景勝」が昨日の「金星」に続き、今日は「大関豪栄道」を見事に昨日と同じ様な体制で「突き落とし」で二連勝をした。  これも何かの因縁か・・・今までは、「合同稽古」をしていなかった「貴景勝関」。 ますます、強さを増して来た様子。新しい師匠の「千賀ノ浦 親方」と「今度は、必ず関脇を目指す」と誓いを立てていたのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more