テーマ:秋場所

2019年「大相撲秋場所・千秋楽」/「関脇御嶽海」、「関脇貴景勝」との「優勝決定戦」で二回目の優勝!来場所はいよい…

 今場所は、早々と「二横綱」が休場となった場所で、優勝争いが「激戦」となり、「優勝決定戦」の末「関脇御嶽海」が見事に二回目の優勝を決めた。 実は今日は、私のもう一つの趣味の「競馬」で、応援していたが見事にGⅡレース「オールカマー」で、逃げ切ってGⅠ馬を尻目に「優勝」しました。 そしてその後「大相撲」でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・十四日目」/「大関栃ノ心、再び関脇に」/「関脇御嶽海、まさかの変化で三敗守る。

 本当に、最後の最後まで「優勝」が誰になるのかわからなくなってしまった「今場所」 三敗力士は「平幕隠岐の海」「関脇貴景勝」「関脇御嶽海」の三人。  明日の取り組みは、全て今日の取り組みが終わった後で・・・と言う事であったが・・・ まず三敗同士「隠岐の海関」と「関脇貴景勝」・「関脇御嶽海」と「小結遠藤」となった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・十三日目」/ますます、分からなくなった優勝争い。「大関豪栄道、意地の貴景勝からの一勝」・…

 大相撲も、今日を含み後三日・・・。 昨日「大関復帰」を獲得した「二敗の貴景勝関」が、高校の大先輩で有る「大関豪栄道」に破れ、三敗力士が四人と・・・残り二日間を巡って、果たして、明日はどうなるのかと言う結果に陥った。 下手すりゃ・・・、四敗力士(五人)も「優勝」が有り得るかも。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・十二日目」/貴景勝大関復帰決定!お見事でした。

口には「貴景勝関」は決して出しませんが、恐らく長い、長い「苛立ち・苦しみ・焦り」もあった事でしょう。 もしかしたら先場所出て「八勝」と言う事も、頭をよぎったかもしれません。 でも、それを我慢して「関脇からの出直し!」勇気が有ったからこそ、辛抱して凌いでの「十勝」お見事でした。 これがまた「明日」「明後日」「千秋楽」に続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・十一日目」/二敗力士は「明生関」と「貴景勝関」のみに。         

今日は、昨日まで「二勝力士」だった「隠岐の海関」「朝乃山関」「御嶽海関」が破れて三敗となった。  残り四日間を考えると、この先やはりどうなるのだろうか。と言う現実に直面した次第で有る。 それにしても、ここ数日の「貴景勝関」の「取り組み」は非の打ち様が無く、今日も素晴らしい「送り倒し」で「大関栃ノ心」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・十日目」/「井筒山、親方突然の訃報」・「正代関、負け越し」

 今日の朝、「井筒親方」の突然の訃報が伝えられた。「井筒三兄弟(私は、逆鉾三兄弟と呼んでいた)」は、「鶴嶺山関」・「逆鉾関」・「寺尾関」が、大好きだった。あの頃は「兄弟三人」が、揃って角界に入った事で「テレビ」等でも「兄弟三人」の事も良く取り上げられていた。    今日は、弟である「錣山親方(元寺尾関)」が向正面の解説で有ったのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・九日目」/何となく不完全燃焼に終わった九日目・全勝力士無くなる。

 全勝だった「隠岐の海関」が「竜電関」に破れて、全勝力士がいなくなった。 それも負ける時は、やはりあっけなかったな~と・・・  その中で、今場所調子のいい「明生関」がまず勝ち越しを決めた。 いつだったかな花道の奥に「伊勢ヶ濵親方」の姿がチラッと見えて、「明生関」の取り組みが終わった後に何やらアド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・中日」/横綱鶴竜・前頭六枚目妙技龍今日から欠場/友風関昨日に続き殊勲の☆

 中日になって、残念ながら「横綱鶴竜」と今場所凄く調子が良かった「妙技龍関」が休場となった。 これで楽しみも半減、しかしまた誰に優勝旗が渡ってもおかしくない事態となったのである。  そして全勝は「平幕の隠岐の海」のみ。 「隠岐の海関」は以前「二横綱・三大関」を破り、初日から「六連勝」したのであるが・・・  七日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・七日目」/友風関先場所に続いて「横綱鶴竜」に金星!花道を涙しながら去って行く。

 先場所に続いて、優勝した「横綱鶴竜」に唯一十三日目に、土を付けたのは「友風関」で有った。 先場所は、友風関がどこまでも尊敬する「嘉風関」が手術後で休場した。そして毎日その「嘉風関」と電話している中で、「横綱鶴竜」との取り組みについて、アドバイスをもらっていたのだ。 その時の、ブログが ↓ https://369684…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・六日目」/朝乃山昨日に続き、殊勲の星!「先に行司が土俵から消えた。」

 今日は私用の為ギリギリに、幕内の後半から観る事ができたのだが・・・ 「大関二人、横綱一人」とそれぞれ敗れて、波乱の三取り組みで終わった。  まず「大関豪栄道」と「前頭二枚目朝乃山」との取り組み。まず「大関豪栄道」が張って出て「上手」を取った後、朝乃山関が巻変えて反対に「上手」を取り・・・とその時画面から「行司」が東側に消え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・五日目」/「元関脇嘉風」引退。そして「横綱鶴竜、朝乃山関に破れる」

 丁度「横綱鶴竜」の土俵入りが終わった後に、「ちょっと寂しいお知らせですが・・・」とアナウンサーの厚井アナウンサーが言いだした。 「何の事かな」と思ったら、「今場所も休場をしている嘉風関が、引退を表明しました。」と・・・  同じ「ベテラン力士」の中からも「寂しい」と言う声が、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・四日目」/「横綱鶴竜」に死角無し

その前に、お~い、「正代関君」。私には、あなたの事が本当に理解できなくなって来てしまいました。 二日目の「竜電関」との取り組の「下手投げ」といい、今日の「志摩ノ海関」との取り組みのモノ差しでそのまま前に押して行き「寄り切り」で勝った相撲。 「尾車親方」も言っていたけれど・・・「これだけ、強い相撲が取れるんだから一番大関に近い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・三日目」/「角番大関豪栄道に土」、「角番大関栃ノ心ようやく一勝」、「横綱鶴竜上手さが光っ…

今日は、正面の解説者は「春日野親方」、「角番大関栃ノ心」はようやく一勝をあげたのであるが・・・二回立ち合いが合わず、春日野親方も「余りにも力が入りすぎ、何日分かの力を使ってしまっている」と言うような事を言っていた。 また、同じく二連勝はしたが「角番大関豪栄道」は最初は、「豪栄道関」の形になったが、最後は「小結遠藤」が上手くモノ差し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・二日目」二日目にして、「横綱白鵬」休場

 初日に「北勝富士関」にあっけなく負けてしまった「横綱白鵬」は早くも二日目にして、休場となった。 先場所の前半に「手の指を負傷した」と言っていたが、産経新聞の電子版によると、「大相撲の西横綱白鵬(34)=モンゴル出身、宮城野部屋=が秋場所2日目の9日、日本相撲協会に「右第5中手骨骨折で約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年「大相撲秋場所・初日」/初日に横綱白鵬、前頭筆頭北勝富士に破れる。

初日から、横綱白鵬が「前頭筆頭北勝富士」に破れた。 北勝富士関は、何故今まで「横綱白鵬」に破れて来たか・・・それを考えに考えて、今日は今までに無かった立ち合いで立ち向かう。と言う事を言っていた。 今日の「横綱白鵬」・・・最近では、両腕のサポーターが当たり前の様になっていたが・・・ んんんんん・・・今日は、何故か「左腕の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所千秋楽」/「横綱白鵬」全勝優勝。

 千秋楽「三役揃い組」で久々に、「横綱三人」「大関三人」・・・これぞまさしく「三役揃い組」だな~と思った瞬間・・・  今場所は、本当に色々とあったな~とも思う場所であった。 うん・・・ただそれだけ・・・  今までの、私の初日から昨日までの「ブログ」を見ていただけるとお解りだとは思いますが・・・ ただただ・・・若い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所十四日目」/「横綱白鵬」の優勝、千秋楽を待たずに決まった。

 今日は、BSで「大相撲」が始まり次第私はテレビの前にいた。 まずは「幕下豊ノ島」が勝ち「六勝一敗」でこれで、来場所での「十両昇進」は決まった。 そして「十両」で「安美錦関」が「十両七枚目若隆景」に負けてしまい、「負け越し」になってしまい・・・「安美錦関」の「帰り幕内」が無くなってしまった。 また平幕でも、「前頭三枚目正代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所十三日目」まずは、「東農大出身の私として」そして「上位の優勝の行方」

 これだけ「ご贔屓力士」が沢山いる私にとって、色々と心苦しい事だらけなのではあるが・・・ やはり同じ「東農大出身」の私にとっては、「東農大出身」の力士が一番気になってしまうのは事実である。  今日は「横綱稀勢の里」との取り組みの中で「肘」を痛めてしまい、途中不戦敗を含み休場「三日間」で万全の体制では無いのに、再び土俵に戻って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所十二日目」/「横綱稀勢の里」は、「右上手を取ると強い」

 いよいよ「大相撲秋場所」も今日を入れて残り「四日間」となった。 その中で、やはり気になるのが「優勝」の最低限の「負け数」になって来るのであろうが? 昨日の取り組みで「横綱鶴竜」が「大関栃ノ心」に破れてしまい「一敗」となり、「横綱稀勢の里」は「関脇逸ノ城」に「押し出し」で破れて、あっけなく「三敗」となってしまった。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所十一日目」/「関脇御嶽海」大関取りは来場所に持ち越し?

 一瞬、「両国国技館」が異様な雰囲気に呑まれていた。 私も、何なんだと思うほどに。向正面にいる人たちは、皆ある場所を見上げ指をさし。 そしてその先には、「長野から来た応援団」その中には、「長野から来た小学生の修学旅行の子供達」も含まれていた。 そう「関脇御嶽海」の「応援団」。そして土俵上には「関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所十日目」横綱三人安泰/でも白鵬・・・ダメ出しは、ダメでしょ。

 あっという間に(と言う言葉が、正しいかどうか。 「横綱稀勢の里」の今までの綱渡りの相撲で、完全に私の「寿命」を縮めていたのは、確かである。 しかし昨日の「大関栃ノ心」今日の「前頭三枚目遠藤」との取り組みは、これこそが「横綱稀勢の里」の相撲。と言う印象付けであった。 今までは、左おっつけにこだわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所九日目」揃うべき力士が、揃ってこそが「大相撲」

 今場所は、何度も書いている様に「上位力士」が揃った場所となっている。 そして今日は「九日目」なのに関わらず、もう上位力士同士の取り組みが、観られた。 今までは、「一人横綱」だったり先場所は途中から上位力士「横綱三人」そして「新大関の栃ノ心」が途中休場したり、「横綱稀勢の里」は初日から「休場」の中で「横綱の土俵入り」が無くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所中日」/上位陣の明暗を分けた中日となった。

 「横綱三人」「大関三人」その中で、今場所に「大関を目指す御嶽海」「大関角番を脱しなければならない栃ノ心」。そして「横綱としての地位を問われている稀勢の里」  その様な中で今日は、今まで上位と当たっていて今日まで「全敗」で来てしまった「前頭筆頭勢」そして「小結玉鷲」。 以前三役経験者だった「前頭三枚目正代」が、意地を見せた「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所七日目」/「キセ関」綱渡りの六日間、尾車親方じゃないけれど、私も心臓に悪いよ

 今場所は、「横綱三人」そして「大関三人」と上位陣が全て出てきた中で、「横綱三人」の内「横綱稀勢の里」が昨日の結びで「前頭二枚目」の「千代大龍関」に「押し出し」で破れてしまったのであるが・・・  今日はあの動きの速い「千代の国」との「取り組み」 「横綱稀勢の里」から見れば「一勝・一敗」。しかしその「一敗」は「不戦勝」であるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所六日目」/「関脇御嶽海」・「横綱稀勢の里」に土

 「大相撲秋場所」は六日目に、「波乱」が起きた。昨日まで「全勝」で来た「関脇御嶽海」と「横綱稀勢の里」に黒星が付いてしまったのである。 「関脇御嶽海」は「大関豪栄道」が一歩先に踏み込んで、身体を密着させて相手を土俵際まで持って行き「寄り切り」で相手を破った。 また「横綱稀勢の里」は「前頭二枚目千代大龍」の強い当たりの中で、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所五日目(序盤戦)」「豊山関休場」もう・・・何にも言えない。

 もう今日は、「前頭二枚目豊山」の休場がわかってから・・・どこか、もう私の中で今日の相撲を見る事にNGに近い物があった。  そう全敗ではあるが、今までで一番前線していた「関取」(贔屓にしていた事もあったのかも知れないが・・・今日の「大関豪栄道」との取り組みを楽しみにしていたのである。  やっぱりそうだったか?例え「同門」とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所四日目」/流血の中での大相撲二番。

 本来ならば「今日の取り組み」では、書きたい事が沢山あったのであるが・・・ やはり書くとすればこの「二番」。 その一つ、大関二場所目で早くも「角番大関」となってしまった「大関栃ノ心」。 昨日は「小結貴景勝」に「引き落とし」で早くも一敗を記してしまったのであるが、どうしてもこれ以上前半では星を落とす事は出来ない状態。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所三日目」もう~酸欠になっちゃうよ~

 取りあえず、今日の私にとって大切な「主な取り組み」を上げて行くと・・・ 【三段目】「宇良」「大翔樹」に「突き落とし」で破れて「一勝・一敗」 【幕下】「豊ノ島」「豊響」を「叩き込み」で破り「二連勝」 【十両】「安美錦関」物言いは付いたが、土俵際まで押し込まれるも、見事に足は残っており「明生」に「叩き込み」で勝利で初土俵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋場所二日目」大関以上安泰。その中で「横綱稀勢の里」一瞬危なかった?

 「大相撲秋場所二日目」「横綱稀勢の里」ヒヤリ危なかったな~  今日は、大関以上の力士は全て「安泰」・・・と言いたい所であったが、やはり流石に「横綱稀勢の里」と「小結貴景勝」との取り組みでは、最初ヒヤッとした所があった。  昨日の「横綱鶴竜」との取り組み相手「小結貴景勝」、何とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年「大相撲秋月場所」館内割れんばかりの入場の声援の中、割れんばかりの勝利への拍手。

 今日から、待ちに待った「大相撲秋月場所」が始まった。 今回は、八場所連続休場だった「横綱稀勢の里」の土俵に誰もが注目していた。 取り組み相手は、先場所は「勢い」に乘った「前頭筆頭勢」との取り組み。  「横綱稀勢の里」が土俵に上がった時には、館内から「割れんばかりの声援」が飛びその中で「横綱稀勢の里」は落ち着いた様子で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more