テーマ:大相撲初場所

大相撲「2020年初場所/番付発表」

       東              西 横 綱    白鵬             鶴竜 大 関    貴景勝            豪栄道 関 脇    朝乃山            高安 小 結    阿炎             大栄翔 前頭筆頭   遠藤             妙義龍 前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年大相撲初場所「十三日目」/白鵬三連敗!

 結びの一番で「関脇貴景勝」が、「横綱白鵬」に初めて勝ち「横綱白鵬」は昨日、一昨日に続き三連敗を記した。  前半では、やっと勝ちに結びつけていた「横綱白鵬」・・・これで二敗力士は、今日「北勝富士関」に勝った「関脇玉鷲」のみ。  三敗力士は、今日「横綱白鵬」に勝ちまた先場所「優勝」した「関脇貴景勝」と「横綱白鵬」の二人のみとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「千秋楽」「栃ノ心関」最後も勝利、行事も飛んだ?

 今日の「栃ノ心関」の相手はあの人気力士「遠藤関」お互い「喧嘩四つ」 昨日の内に優勝が決まっていても、今日勝っての「優勝パレード」と負けての「優勝パレード」とでは訳が違う。  「春日野部屋」では、「序の口優勝」も「塚原」。嬉しい出来事であった。 今回の取り組みについて書けば、ファンの方は何度も観ていると思うけれど「栃ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「阿炎関」見事に「松鳳山関」に勝って、十勝となり「敢闘賞」獲得。

「大相撲初場所「千秋楽」今日の取り組みの見どころは?」について  まず立ち合いで「松鳳山関」が飛び出して、立ち合い待ったで土俵際まで行ってしまった「阿炎関」は「「松鳳山関」ににらまれて、何故か両手を上げて  そしてその後はやはりこの二人の取り組みは、最初は叩き合いの相撲となったのであるが・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「千秋楽」今日の取り組みの見どころは?

 早々と千秋楽を待たずに平幕の「栃ノ心関」が昨日優勝を決めたので、今日の「取り組み」の見どころは  「新入幕力士」には十勝以上上げれば「敢闘賞」の候補に挙がるのであるが、昨日「新入幕」の「前頭十六枚目竜電」が「前頭八枚目魁聖」を「下手投げ」で十勝と言う成績を収めた。  そしてもう一人の「前頭十四枚目阿…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十四日目」千秋楽を待たずに「栃ノ心関」優勝。

 「横綱鶴竜」にただ一敗だけをして「優勝戦線」のトップになっていた「前頭三枚目栃ノ心関」が今日ベテラン力 士「松鳳山」との取り組みで「寄り切り」で勝利を収め、もう既に二敗力士がいないので、千秋楽を待たずに今日 優勝が決まった。  「栃ノ心関」と「松鳳山関」は初土俵は「平成十八年三月」と同期であり、「栃ノ心関」はジョージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十三日目」「横綱鶴竜」「関脇御嶽海」に完敗

 「前頭三枚目栃ノ心関」と同門の「関脇御嶽海」が7連勝の後中々勝てなくて十三日目にして「横綱鶴竜」を破り、 これでようやく自らも勝ち越しをして、同門の「前頭三枚目栃ノ心」優勝の後押しをした。  「関脇御嶽海」の部屋には、関取は「御嶽海関」のみで以前「春日野親方」が解説で出て来ていた時に「部屋も近く、良く稽古に来て自分の子供の様に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十三日目」栃の心関一敗を守る。

 今日は、あの重さで力を上げて来た「前頭一枚目逸ノ城」との取り組みである。 とにかく今場所はあの逸ノ城の重さに誰もが、苦戦しているのであるが・・・  逸ノ城関は「どんなに相撲が長くなっても体力は大丈夫」と言っていたようだ。 そして、立ち合いと同時にがっぷりとお互いに「右四つ」そして、それからやはり時間がかかるのかと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十三日目」「安美錦関」叩き込みで「勢」を下す。

 六日目から四日間休場後、「家で寝ていても同じだから」と膝にひびが入ってしまっている「安美錦関」。 どこかで、私は同じ十両に下がって引退するならば「土俵に上がって引退」を考えているのかな それにしても、凄い勇気だな。と思っていたのであるが・・・ 今日は「勢」との取り組みで二回呼吸が合わず、三回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十二日目」「横綱鶴竜」二敗目「栃ノ心関」は一敗守る。

 大相撲初場所はここ終番で大きく動きを見せてきた。 昨日は、「栃ノ心関」が結びより「七番早く」取り組みを「宝富士関」とのきわどい相撲を終わらせて、結びの一番で「横綱鶴竜」が「玉鷲関」に「押し出し」で破れた亊を帰り道の途中の薬屋さんのテレビで観たそうだ。  そして、きょうの結び二番前の取り組みは昨日「横綱鶴竜」に勝った「玉鷲関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十一日目」鬼門の十一日目「横綱鶴竜に土」

 結びの一番で、もう後が無い「西の関脇玉鷲」(三勝七敗)が結びの一番で「横綱鶴竜」との取り組みで、お互いに厳しい相撲を取りながら「横綱鶴竜」が引いたところでつかさず前に出て「押し出し」で「横綱鶴竜」を破りこれで全勝力士がいなくなった。  「横綱鶴竜」は全勝して来ても大抵十一日目に相手に白星を与えてしまっていた。 そして、「一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十日目」「横綱鶴竜」に死角無し?

 とにかく今場所の「横綱鶴竜」は落ち着いて、全てが見えている様な取り組みでる。 しかし、後半「五日間」は「大関」「関脇」との取り組み。  明日は「関脇玉鷲」との取り組みであるが、今日の「関脇玉鷲」と「大関高安」との取り組みを見てみると今までとは違い、ぶつかり合った時にいつもなら「大関高安」の方が押し負けてしまう所であったが、今場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「十日目」「安美錦が戻って来る」

 五日目に「千代の国関」との取り組みで、古傷だった「膝」を痛めてしまい休場をしていた「安美錦関」が再び今日から、土俵に上がる。  取り組み相手は「千代翔馬」 今現在、まだ一勝しかしておらず残り六日間の取り組みに全てを賭けるのか  ただ、怪我が悪化しない事だけを祈って「安美錦関」の取り組みを見守り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「九日目」大雪の中の満員御礼。

 またまた、大相撲界で不祥事が起こりました。「十両大砂嵐」の無免許での、追突事故。  しかし、出身地のエジプトでは「その国に(日本)にいるならば、その国の法律に従うべきだ」と言う現地の人の声が聞かれた事に「エジプト人」の真面目さに、本当に心打たれたところもありました。  「大砂嵐関」は「イスラム教徒」でエジプトでは「ボディー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「八日目」全勝は「横綱鶴竜」のみ一敗は「御嶽海」「栃ノ心」「大栄翔」

 昨日まで全勝だった「関脇御嶽海」が今日は「前頭筆頭逸ノ城」に破れてしまった。 そして、結びの一番での「横綱鶴竜」と「前頭四枚目正代」では「正代」を「上手出し投げ」で破り、全勝は今場所途中から「一人横綱」となった今場所に横綱として身体がかかっている「横綱鶴竜」が初日から全勝で「勝ち越し」を決めた。  しかし今場所の「前頭筆頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「七日目」全勝は「横綱鶴竜」と「関脇御嶽海」のみ

 昨日までは全勝力士が、平幕力士が「朝乃山関」と「栃ノ心関」二人と「関脇御嶽海」「横綱鶴竜」と四人であったが、今日は「朝乃山関」が「大栄翔関」に破れ、結びの一番で全勝同士の「横綱鶴竜」と「前頭栃ノ心」との取り組みで「寄り切り」で全勝だった「平幕力士」が二人破れた。  今日の取り組みは「関脇豪栄道」は横綱二人と大関一人を破っている「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「六日目」波乱の六日目・「御嶽海」「鶴竜」は全勝。

 今日は「横綱稀勢の里」と「安美錦関」が休場となる中で、「小結貴景勝」は昨日まで「大関高安」「大関豪栄道」二人を破って全勝の「前頭三枚目栃ノ心」にあの押し相撲を封印されたかの様にがっぷりと「右四つ」になられ土俵まで持っていかれ、「寄り切り」で負けてしまった。  そしてその「栃ノ心」に昨日土を付けられた「大関豪栄道」は、昨日・一昨日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大相撲初場所」六日目「横綱稀勢の里」休場

 今朝、既に四敗している「横砂稀勢の里」が休場する事がわかった。 「横綱稀勢の里」は場所前から、「横審」からも「休場してしっかり体を作り直してから」と言う事もあったが、初場所に出場する事を決めて、昨日は「嘉風関」に「押し倒し」で破れまさかの土俵下まで落ちて行った。  その「横綱稀勢の里」にそっと手を差しのべた「嘉風関」・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「五日目」今日の心に残った二つの「取り組み」

 今日は先にブログに書いたように、「横綱白鵬」の休場。 そして「安美錦関」の負傷。(伊勢ヶ濵部屋」は改めて、お払いに行った方が良いのではないのかと思った次第で・・・)  その様な中で久々に今日の一番では無く、「今日の二番」をあげてみた。 まずその一つは私が応援している「前頭四枚目正代」と「前頭筆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所五日目「安美錦関」古傷の膝負傷。初白星の「千代の国」も気に掛ける。

 先場所幕内に返り咲き、ようやく最後の千秋楽で勝ち越して「涙のインタビュー」を見せてくれた「安美錦関」が今場所まだ一勝しかあげられないまま、今日のまだ勝ち星が無い「千代の国」との取り組みで、「突き落とし」で破れた際に「膝に違和感を覚えましてその膝をさらに運が悪い事に丁度土俵上に打ち付けてしまい」土俵にも戻る事が出来なかった。  は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所五日目 五日目にして早くも「横綱白鵬」休場

 どういう事昨日の「嘉風」との取り組みで、また足の親指を痛めた 他の力士達は、どんなに怪我をしても致命傷でない限り「休場」なんてしないじゃない。  言い訳にしか聞こえなかった。 せっかく、「貴景勝」との取り組みも楽しみにしていたのに・・・  何故「番付」で他の二人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所 「嘉風」やったね!二場所続けて白鵬に土。稀勢の里連敗に茫然。

 大相撲初場所「四日目」今日は、波乱続きの一日となった。 まず、「全勝同士」で行われた今場所はとても調子が良い「前頭三枚目栃ノ心」と「大関高安」との取り組み。  「前頭三枚目栃ノ心」は右四つになれば、相手を寄せ付けないほど「怖い力士」ではあるが、「大関高安」が得意とする「左四つ」にもなりながら、土俵際まで追い詰めたが土俵際寸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲春場所 三日目「ホッとしたのもつかの間」「横綱稀勢の里」に土、白鵬にも土。

 大相撲三日目、今日は「大関」二人は「安泰」の中、「横綱稀勢の里」(昨日は皆ホッと心を撫で下ろしたものの)「前頭筆頭逸ノ城」に何も出来る事も出来ずに「寄り切り」で負けてしまった。  しかしここ数場所から「前頭一枚目逸ノ城」の相撲が変わって来た。(だから今回は前頭筆頭になったのであるが)  昨日も「横綱白鵬」に負けはしたものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大相撲 初場所 三日目「照ノ富士関」今日から休場」について

「大相撲 初場所 三日目「照ノ富士関」今日から休場」について 「伊勢ヶ濵親方」によると、場所中に血糖値が上り「糖尿病」と言う「診断書」が出されているようだ。そして、今も入院をしておりこれからは「医者の指導の元」これからの事を考えて行くと言う。また途中からの出場も考えていると言う事である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲 初場所 三日目「照ノ富士関」今日から休場

 伊勢ヶ濵部屋の「照ノ富士関」が今日から休場。 来場所は「十両」に。  今までは横綱と大関がいた「伊勢ヶ濵部屋」、昨年の暴力事件で「元横綱日馬富士」が引退した中で「元大関照ノ富士」は膝を痛めており、関脇に落ちてしまったが、「大関返り咲き」の場所でも途中休場をやむなくされて現在では「前頭十枚目」まで落ちていた。  これで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所「二日目」「二大関「三横綱」安泰

 やはりどうしても今場所は、若手力士と「大関」「横綱」の相撲が気になって仕方ない。  それにしても昨日に引き続き「大関豪栄道」は強い。今日は「小結阿武咲」との取り組みであったが、どちらかと言うと突っ張って行くタイプの「小結阿武咲」を「上手投げ」で破った。  そして「大関高安」は「前頭琴奨菊」との取り組み。本来ならば「左四つ同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年大相撲初場所 「初日」 「豊山」「正代」「稀勢の里」黒星。白鵬の腕にはあのサポーター

 初場所の初日は、やはり緊張が走る。 今日の解説者の「舞の海さん」「北の富士さん」の言葉にも、一言・一言に重みが感じられた。  私にとっては、まずはやはり出身校である「東農大」の「豊山」と「正代」の取り組み。 頼むよ~と言う思い。  しかし「豊山」は幕内に戻ってきたものの、「石浦」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日からいよいよ「初場所」が始まります。しかし、寂しいものになりますね。

 今日から待ちに待った「大相撲・初場所」が行われるのであるが・・・ やはりどこかに「寂しさ」を感じる。  まず「今日は天覧相撲」ではないと言う事、そして「横綱日馬富士」はもういない。 不祥事を起こしてしまった「式守伊之助」は、3場所の出場停止。 そして、その後既に「辞職願」を出している事から、夏場所以降はそれを受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日からいよいよ「大相撲初場所」が始まります。

 今回の初場所には、思っていた通り初日に「天皇陛下と皇后さま」はお見えになりません。 きっと、どれだけ楽しみにしていた事でしょうか?それも来年の4月で退位されるので後一回しかご覧になる事は出来ない。  しかしきっとテレビではご覧になられるのでしょう。 力士達も「天覧相撲」ともなれば、とても気が引き締まるとか。やはりざん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり、思っていた通り「天覧相撲」は中止

 毎年、この日を楽しみにしていた「天皇陛下と皇后様」 今年は、昨年の数々な不祥事の為に「相撲協会」から正式に「宮内庁」の方に申し出あった、と言う事。  今の、天皇陛下も来年の4月に退位する為に「楽しみにしていた事だろう」 昨年の楽しそうな、お二人の姿が今も浮かぶ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more