令和二年「大相撲初場所・千秋楽」/「20年ぶりの膜尻優勝・徳勝龍関おめでとう」そして正代よ、また来場所から頑張れ!

異例ずくしの「令和二年大相撲初場所」。「横綱二人」が早々に「休場した中、ドラマが次から次へと生まれて来た。」 そして「千秋楽」では、これまた「異例ずくし」。 その様な中で「正代関」は、どこか吹っ切れた感じで「両国国技館」に入り、大学時代からずっと相撲を取り続けて来た「御嶽海関」との取り組みで、本当に良い相撲を見せてくれた。 …
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十四日目」/「正代関に★」流石に緊張していた。

飲んで~飲んで~飲まれて飲んで~、飲んで~飲み潰れて 眠るまで飲んで~状態だった、昨日の私です。 そこまでは、飲まなかったけれど、今までは勝っては泣き、勝っては泣きしてましたが、流石に昨日は「冷静に冷静に」と思いながら「テレビを観ていた」のですが・・・。 泣いて、泣いて、飲みながら…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十三日目」/「徳勝龍関」と「正代関」が一敗を守る。

 まず、「十両照ノ富士」十両優勝おめでとう。 やはり「元大関照ノ富士」、怪我で二段目まで落ちたにも関わらず「よくぞここまで戻って来た」  「怪我で、幕下以下まで落ちてしまった力士達にどれだけ力と勇気を与えてくれた事か」 …
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十二日目」/「正代関と徳勝龍関」トップで「一敗」を守る!「豊山関」は三敗。

 何となく「正代関」の表情が、いつもと違う。今日の取り組み相手は、「正面の解説錣山親方」の部屋の「阿炎関」。 「阿炎関」は「正代関」の苦手な関取でもある。 そして初めて優勝に向けて「いつも緊張している自分なので、今日はもっと緊張している。」と初めて「優勝」を意識している言葉を口にした「正代関」。  そうか、そうだったの…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十一日目」/時津風部屋、農大出身二人の「快勝劇」!

 それにしても、「ポジティブな豊山関」とどちらかと言えば「ネガティブな正代関」。 でもその様にして、心を落ち着かせているのかな〜。  今日の「正代関」は「新小結大栄翔」との取り組み。 今までの「正代関」は、「喉わ」等を食らうと、完全に「顎」が上がってしまい、どちらかと言うとそれで土俵を割ってしま…
コメント:1

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・十日目」/「正代関」よ、「九勝おめでとう」\(^o^)/。でも、本当に「正代関」は「欲」が…

 今日は、午後から「病院」。何とか「正代関」の「取り組み」までには、家に辿り着きたいと・・・。 間に合った~。  「松鳳山関」との取り組み。私の頭の中では、お互いに「突きあいながら」の・・・「んんんんん、わからん」と言う思いであったが・・・。…
コメント:1

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・九日目」/「正代関、大関貴景勝」を破って、勝ち越し\(^o^)/。

 ずっと「幕下」から観ていた私であるが・・・。心が穏やかでは無い。 何故なら「結びの一番」に「一敗同士」「大関貴景勝」と「正代戦」が組まれていたからだ。  その様な中で「前頭十七枚目徳勝龍」は「前頭十二枚目剣翔」に勝って、幕内で初の「勝ち越し」を決めた。 そして「豊山関」も今日は「阿武咲関」に対して、最初は「突っ張り」…
コメント:0

続きを読むread more

モズベッロが下剋上V/日経新春杯

京都 コース:2,400メートル(芝・右 外)オープン 国際 特別指定 ハンデ 14頭立て 天候曇 芝 良について 勝利した「モズベッロ」の血統は【父:ディープブリランテ・父の父:ディープインパクト】・【母:ハーランズルビー】の4歳の牡馬。前々走で、ようやく「京都芝2400」「2勝クラス」の「高雄特別(8頭立てでは有ったが…
コメント:0

続きを読むread more

クリスタルブラック輝く末脚でV「スカイグルーヴ2着」まさに「キズナ産駒」と「エピファネイア産駒」との戦い/京成杯

中山 コース:2,000メートル(芝・右)3歳 オープン 国際 特別指定 12頭立て 天候晴 芝 稍重 京成杯について 勝った「クリスタルブラック」の血統は【父:キズナ】・母【アッシュケーク】の牡馬。新馬戦では、中団より後ろにいてその後4コーナー辺りから追い込んで来て、2着馬に1.1/4馬身の差をつけて破っている。私は、同じ1勝{…
コメント:0

続きを読むread more

柴田善&デンコウアンジュ円熟V/見事に荒れた愛知杯

小倉 コース:2,000メートル(芝・右)4歳以上 オープン 国際 牝馬特別指定 ハンデ戦 16頭立て 天候小雨 芝 重 愛知杯について  見事に荒れた、2020年愛知杯、勝った「デンコウアンジュ」の血統は【父:メイショウサムソン】【母:デンコウラッキー 】の7歳の牝馬。「デンコウアンジュ」と言えば、3歳時には「桜花賞」・「オ…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・中日」/一敗関取は、「徳勝龍関」・「正代関」と「大関貴景勝」の三人のみ。

 本当に・・・もう只今「高血圧」治療中で、最近ずっと風邪が長引き「熱」が一週間以上続いている私は・・・。 明日は、丁度「高血圧」の薬をもらいに「近所のクリニック」に行かなくてはいけない日。  体調不良が続く中、昨日の夜の血圧は何。血圧の薬を飲んでいるにも関わらず「上の血圧163・…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・七日目」/「正代関」「大関豪栄道」に破れる( ;∀;)

 「後もう少しだったのに・・・」 やはり「大関豪栄道」の意地だったのか。  「正代関」は、いつもと同じように「勝っても、負けても」飄々と花道を去って行ったのだが・・・、自分の取り組みをビデオで見なおした後に…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・六日目」/天変地異か?全勝は「正代関」、ただ一人!\(^o^)/。

 昨日までの全勝「照強関」・「輝関」・そして「正代関」。 今日の正面の解説者「元旭富士横綱の伊勢ヶ濵親方」その部屋の「照強関」は、そうあの「二十五年前の阪神淡路大震災」のその日に「生まれた力士」。  私はあの「東関東大震災」も身近な者として(偶々私は、股関節の大手術を受けた後で、家にいたから助かった。もしこの足で外出していた…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・五日目」/「正代関、北勝富士にV・五連勝」・そして「横綱鶴竜/休場」

とても残念な事に、昨日「横綱白鵬」の休場に続き「横綱鶴竜」が今日から、休場。 やはり、昨日も書いた様に「鶴竜も休場・・・何て事無いよね」と書いていたが・・・その通りになってしまった。 本当は、昨日のふと「鶴竜」の「土俵入り」の時に、「写メ撮っておけば良かったな~」と思っていたのだが・・・。 …
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・四日目」/「正代関関脇高安にV/「横綱白鵬」休場。そして二日続けて「妙技龍関金星!」

波乱万丈の令和二年の大相撲初場所」/「横綱白鵬」が、二日続けて負けて休場した中で・・・。 今日も又「結びの一番」で、「座布団」が舞った。 その前にやはりこれだけはまず、書かなくては。 「今場所は、上位力士と当たる為に応援はしても期待はしない…
コメント:0

続きを読むread more

令和二年「大相撲初場所・三日目」/「正代三連勝!」そして結びの二番、大波乱!

 今日は午後から外出していたが、「外出先」で偶々最後まで「幕内」の土俵入りから観れて、本当にラッキーでした。  その場所は、「病院」の「病室」だったのですが・・・。 「んんんんん・・・、いつまで正代関の太刀持ちを観る事が出来るのかな」と思っていた中、しっかりと「正代関の太刀持ち」の姿を観る事ができ、(…
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月13日(月曜)「3歳メイクデビュー」

2020年1月13日(月曜) 1回中山5日 4Rメイクデビュー中山 コース:1,200メートル(ダート・右)牝馬指定 16頭立て 天候晴 ダート 良 ペイシャチャーム Peisha Charm(JPN) (近親馬 ブルーミン、エリュシオン) 2020/01/13 1中山5 晴 4 3歳新馬 16頭立て 4枠 7番 …
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月12日(日曜)「3歳メイクデビュー」

2020年1月12日(日曜) 1回中山4日 6Rメイクデビュー中山 コース:2,000メートル(芝・右)指定 16頭立て 天候曇 芝 良 リヴァージュ Rivage(JPN) (近親馬 スマイルジーニアス、ダイワエターナル) 2020/01/12 1中山4 曇 6 3歳新馬 16頭立て 8枠 16番 オッズ7.2 …
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月11日(土曜)「3歳メイクデビュー」

2020年1月11日(土曜) 1回中山3日 4Rメイクデビュー中山 コース:1,800メートル(ダート・右)指定 16頭立て 天候曇 ダート 良 フリーフロー Free Flow(JPN) (近親馬 シャイニーゴールド、カモンビューティー) 2020/01/11 1中山3 曇 4 3歳新馬 16頭立て 3枠 5番 …
コメント:0

続きを読むread more

スマイルカナが重賞初V/フェアリーS

中山 コース:1,600メートル(芝・右 外)オープン 国際 牝馬 特別指定 別定 16頭立て 天候晴 芝 良 フェアリーSについて  勝った「スマイルカナ」の血統は【父:ディープインパクト】【母:エーシンクールディ】の3歳の女の仔。新馬戦では、新潟の芝1600mの混合戦で、逃げて最後は四番手にいた「ゲームアルアル」が追い込んで…
コメント:0

続きを読むread more