ジャイアンツの「高橋監督」辞任・残念。

 元々は、小学生の頃から(関西に住んでいた事もあって)「阪神ファン」だった私なのであったが、次男が「高校野球で活躍している~松井秀喜さん~のファン」となり、偶々巨人軍に入った事から次男が「巨人ファン」へとなった。(これは、正に親子同士の戦いか?)

 何でまた「巨人ファンに?」と思うのは「阪神ファン」だった私にとって、当然の事であったが・・・いつの間にか「巨人戦」を観に行っている間にメガフォンを叩いている私がいたのだ。

 そして「1998年9月13日」偶々よみうりランドで「オグリキャップ」「トウショウファルコ」等々が来ていたので、家族ぐるみ(息子達も含めて)競馬ファンであった私たちは、早速「よみうりランド」へと行ったのであるが、そのすぐそばに「巨人軍の寮」がある事に気づいた。

 馬達に会った帰りに、行ってみようか?と言う思いで「巨人軍の寮」に行ってみると、そこには若い女の子たちの列が続いていた。

 「もしかしたら、誰か出て来るのかもよ」と言って・・・「よみうりランド」でもらった「馬の絵ハガキ」を持って並んでいたら、そこに玄関から出て来たのはその年に巨人入りをして丁度「腰を痛めてしまい」休養していた「高橋選手」

 結構、長い列が連なっていたのであるが・・・時間を気にしながらも、優しく対応して「馬の絵ハガキ」の裏に次男はサインをしてもらった。

 横に並んで写真撮ってもらったら?と私が言うと・・・「高橋選手」もその気になってくれていたのだが・・・「次男」は余りにも、突然な出来事に「ありがとうございました」と細々とした震える声しか出せなかったのである。

 そして三年前に「高橋選手」は「選手」から「監督」へとなり、「コーチ」達が「高橋監督」よりも皆年上で選手たちも「年上」だった事から、やりにくい所もかなりあっただろうな・・・と思った次第です。

 今年は、「若手」の選手たちが出て来てこれからだと思ったのですが・・・

また、いつか「監督」になってもらえれば・・・と思う次第です。

そっか・・・私は、目の前で「高橋選手」の事も見たんだ。

「原監督」がまだ「東海大相模」の一年生の時に、予選が行われていた「保土ヶ谷球場」で握手して貰ったんだった。

 と言う事は、私は「巨人軍」の監督二人に直接目の前で会った事があると言う事か・・・

三年間、お疲れ様でした。そして、これからのご活躍を心から願っております。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック