令和三年大相撲初場所・三日目/三日目にして最後に大波乱!「三大関」三人とも★。

 昨日から、何となくいや~な気がしたんだよな~。

今日の「大関正代関」の取り組み相手は、昨日も述べた通り「二大関」を破っている「大栄翔関」。

 今までの対決を見ても、分が悪い。最初は「押されても、踏ん張っていたが・・・」余りにも「大栄翔関」の「押し」の強さに思わず下がってしまって引いてしまった所を「突きだされてしまった」。

 そして横綱取りを目指している「大関貴景勝」「昨日・一昨日」と★を記してしまい・・・。「十三勝」には、もう後が無い。

今日の相手は、同じ「埼玉栄高校」の先輩である「北勝富士関」。「先輩の意地が、出たのか」。

押されても、力任せに「押し返して・・・」そして危なかった場面も有ったが、どうしても「大関貴景勝」も焦ったか

 「叩き、首を押さえる」等、今まであまりに無い様な手を最後使っての、やはり「大関貴景勝」が体のバランスを崩した瞬間に「北勝富士関」の「突き落とし」。

 その後の二人の厳しい取り組み中で「北勝富士関」は鼻血を出し、どれだけ厳しい相撲だったかがわかった。

そして結びの一番、初日共々・・・。ここでまた「御嶽海関」の意地が出た。

 本来なら「大関に一番近い」とまで言われていた「御嶽海関」(その前は「正代関」が、言われていたのだが・・・)

先に、若い「大卒の朝乃山関」が大関に上がった事に、まず最初に火がついたのは「正代関」。

 そして「同部屋」に当たり稽古相手が、いない「御嶽海関」。

いつの間にか、どこか「蚊帳の外」の様な感じと先々場所等はなってしまった所が、有った様な・・・。

 「大関朝乃山」に何もさせる事無く、そのまま中に入らせる事無く「前に押して行き」「押し出し」で「大関朝乃山」に★をつけた。

「大関正代関」は、後とにかく「六勝」を目指してもらいたい。上位関取と当たる前に、何とか「六勝」を。

 そして何より「怪我」だけは、しない様に気をつけてもらいたい。

t148694462397245988177[1].jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント