令和三年大相撲初場所・四日目/止まらない「大栄翔関」の躍進。「大関貴景勝」は四連敗。

 「三大関」を破った「元関脇大栄翔」。今日は「小結御嶽海」との「取り組み」。関脇に上がった時と同じで、完ぺきではないか

 とにかく、前へ前へと突いて行く。手の動きが止まらない、そして相手の動きをよく見ている。

今日は、久々に「向正面」には「御嶽海関」の「応援タオル」が、並んでいたが・・・。そんなのは、何のその。

 本当に「自分の相撲」を取り切った。

そして明日は、「大栄翔関」の取り組み後に「優勝候補として一番に選ばれていた«関脇照ノ富士»見事に勝利した「小結高安」との取り組み。

 恐らく、押し相撲同士になるであろうが・・・。軍配はどちらに

次の取り組み、安定している「関脇隆の勝」と昨日「大関貴景勝」に土を付けた「北勝富士関」。

 「北勝富士関」は、今はいない「元横綱日馬富士」と「元横綱稀勢の里」そして現横綱の「四人の横綱」に★を付けているので有るが・・・。

どこか、安定していない。「気持ちばかりが、先走って」良い所も有っても、それが「空振り」になってしまう事が有る「不思議な関取」。

 あっけ無く「関脇隆の勝」に破れてしまった。

そしていよいよ、「三大関」の出番。これまた今場所「押し相撲」が「大栄翔関」と同様に好調な「阿武咲関」と「角番の大関」としては、もう負けは、許せない「大関朝乃山」との取り組み。

 押しに出た所で、完全に左の脇があいてしまった「阿武咲関」つかさず「大関朝乃山」は「一気に右手が覗き」そのまま「阿武咲関」は何も出来ずに、土俵際まで持って行かれ「寄り切り」での「大関朝乃山」の勝利。

 やはり、これも「相手に対する、研究不足」だったのか。「角番大関朝乃山」は、後何とか六勝を目標に頑張ってもらいたいものである。明日は、今日「遠藤関」を寄り切りで破った「元大関栃ノ心」との取り組み。

 そしていよいよ「角番大関正代」と、初顔合わせの「琴勝峰関」との取り組み。これを落とす事が出来ない「大関正代」。

見事にあっという間に、相手を土俵際まで押し切って「押し出し」での勝利…。そして明日の取り組みは、先に書いてしまう事になってしまうが…。「大関正代関」と同じ様な取り組みを持つ、中に入ったら苦戦させられてしまう腰が本当に思い「タータン」との取り組み。

 先に書いてしまった…と言うのは、結びの一番。「唯一三連敗中の大関貴景勝」。

今日は、上手く「宝富士関」に両手を交互に出しながら押して行ったのであるが…右手を「大関貴景勝」出した時に、そのすきに自らの「右手」で「大関貴景勝」の「右手を自らの右手でつかんで…そのまま左からの「上手投げ」。

 実に器用な、所を持っている「タータン」で有る。

その様な「タータン」を明日は「大関正代」は、どの様な作戦で押さえるかが問題。

 腰が重いと言うのは、今は十両に下がってしまったが…「錦木関」と同じ。

ただ…「二人ともモノ差し」を得意とする。そしてそんじゃそこら「タータン」の腰の重さを、土俵際まで持って行く事が出来るのか

 どちらかが、先に自分の得意な「態勢」に持って来るのが問題となって来る。

後「五勝!」何とか、中盤戦半ばにまでは頑張って欲しいな~。

t148694462397245988177[1].jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント